ぎっくり腰で仕事に行けない時の対処法方は?ヘルニアの症状との違いは?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

仕事をしていて「体が痛いなぁ」なんてよくあることです。

仕事の職種にもよると思いますが、

大まかにわけて仕事で痛くなる部位は目、肩、腰ですよね。

中でも一番怖いのはやはり「ぎっくり腰」です。

目や肩はある程度問題があっても外に出かけることは可能ですが

腰を一度やってしまうとまず立ち上がることが不可能になります。

赤ちゃんばりの「ハイハイ」状態になってしまいます。

突然になりかねない「ぎっくり腰」。なまじ自分自身が元気なだけに

相当ヘコみます・・・まさに絶望感を味わうことでしょう。

ご経験者ならまだしも、

未経験の方知識として知っておいて損はありません

知識があればこういうものなんだと理解できますので。

実は私も腰痛持ちです(笑)

ぎっくり腰って要するになんなの?

ぎっくり腰とは「腰椎捻挫」というそうです。ねんざです。腰の。

足首をねんざすると痛くて曲げれないのと同じで

腰を前後左右に動かせない曲げれない状態のことです。

なんだか文章にしてみると「なんだそんなことか」と思われそうですが

突然に何かのきっかけで「ガクン」と腰に衝撃が走り、

下へと崩れ落ちます。経験者の方はわかりますよね

・・・本当に恐ろしい。

・ちょっと物を拾おうと前かがみになった時

・床に座っていたのを上に立ち上がろうとした瞬間

・ちょっと重いものを上に持ち上げようとふんばった時

・ただくしゃみをしただけなのに

え?なんでこんなことで??と思うほど突然にやってきます

ヨーロッパではぎっくり腰のことを魔女の一撃と呼ぶそうです。

どこからともなく突然現れて、腰へ魔法を放ち去って行く・・・

そんな意味合いなんでしょうか・・・

私も整体院によく通っており、そこでいろいろと聞いた話だと

骨のゆがみが原因であることが多いそうです。

骨がゆがむという意味がわかりませんよね。私もそうでした。

人にはそれぞれ生活の中でのクセというものがあると思います。

例えば立ち仕事が多い方がずっと立っている時、

体の状態はいつも一定を保っているでしょうか?

・ちょっと右足重心で立ってみる

・今度は左足重心で立ってみる。

・壁に右重心でもたれかかってみる

座ってる時もそうです。

・足を組んで座る

・PCの画面に集中して座りながら前に身を乗り出している

・椅子の上で右足だけあぐらをかいている

いろいろな重心を使い分けているはずなんです。

同じ一定の姿勢でいることが一番辛いはずですから。

しかも人それぞれにクセがあり、好きな体勢もあると思います。

水滴がポツポツと上から下へ一滴ずつ落ちても下の床やコンクリート

大したダメージはありません。

しかしそれが何日も何か月も何年も続けば穴が開いてしまうのです。

ただの水滴でです・・・

車が走る道路も大通りの横断歩道を渡る時、

アスファルトが車の轍の跡のように波打っていませんか

あんなにも硬いアスファルトの道路がです。

毎日何台も車が道路の上を走っているからです。

人間も同じでそれぞれの日々のクセで体に骨に負担をかけており

それが習慣化して水滴がコンクリートに穴を穿つように

骨の位置をずらしてしまいゆがめてるのです。

姿勢を保つのに一番重要な「腰椎」がゆがんでしまい

何かの簡単なきっかけで「ぎっくり腰」になってしまうんです。

ぎっくり腰の治療法と予防法

ぎっくり腰になると何もできません。

ぎっくり腰になって困るのは

トイレ

・食事

・家の中での移動

・退屈

部屋からでることも困難です。トイレなんて富士山を登山

するかの如く難題です。

治療法

素人の私が言えることなんて整形外科整体院に駆け込んで下さい!

としか言えません!!初めての時は自分でなんとかしようなんて

思わない方がいいです。無理です!

ただ、ぎっくり腰常連の私「ぎっくり師」としての経験から言うと

やはり一番は安静にするということでしょうか。

ただし、ずっと寝ているよりは、ちょっと辛くても姿勢を変えたり

椅子に腰かけてみたり動いた方が楽になりやすく早く治る気がします。

ひやすとあたためる

よく「冷やすといいよ」とか「温めるといいよ」とか言われます。

??どっちだよ??

冷やす痛みが少しひきます。しかしそれは患部が麻痺しているだけで

症状が良くなっているわけではありません。

温めると自己修復機能が活性化し痛みが増します

しかし、症状を直そうとして痛みが増しているので

治り早くなると思います。

風邪の時、熱が上がってその熱でウイルスを殺しているのと一緒です。

予防法

Sponsored Link

そもそも、胸には肋骨という骨があり支えてくれていますが、

お腹周りは骨がありません。背骨のみで支えています。

まぁこれが一番の問題であり腰痛の原因です。

なので腹筋を鍛えた方がいいとかよく聞きますが、それは

筋肉でお腹周りを支えて腰椎への負担を軽減しようと言うことです。

しかし、腹筋、側筋、背筋を鍛えろと言われても

なかなかできませんよね。

そこで手軽な予防法があります。

腹圧です。

お腹を圧力で支えるということなんです。

どういうことかと言いますと、風船をイメージして下さい。

お腹を風船のように膨らますんです。

風船はぐにゃりと折れ曲がったりしません。

つまり腹筋で支えるのと同じような効果がえられるんです。

どうすればお腹を膨らませれるのか。

腹式呼吸です。

普段は人は胸式呼吸をしています。

しかし寝る時は自然に腹式呼吸をしているんです。

お腹に手をあてて深呼吸して下さい。

立っている時はお腹は膨らみません。

しかし寝ている時お腹が膨らむはずです。

別に腹式と言ってもお腹に空気が入っているわけではありません。

に空気が入って上に膨らむか下に膨らむかの違いなだけです。

腹式は肺が下に膨らむから自然とお腹が膨らむんです。

そのお腹が膨らんで圧力がかかっている状態を作り出せれば

その時は腰椎への負担を軽減できているのです。

何か重いものを持ち上げる時や、立ち上がる時、しゃがむときなど

自分が危険だなと思う時でいいと思うのですが、腹式呼吸をして

腹圧を自在に作り出すことができれば

ぎっくり腰発生する確率を低くすることができるんです。

ぎっくり腰になりそうな時は

動作を起こす時だけお腹を膨らまして腹圧を使う

これはかなり有効です。

ぎっくり腰とヘルニアの違い

どうやらぎっくり腰の経験がある人は

ヘルニアになる手前の状態らしいです。

何度もぎっくり腰をやる人は本当に注意して下さい。

ヘルニア予備軍です。

二つの違いは

ぎっくり腰の場合は突然動けなくなり重症のように見えますが

長くても1週間くらいで治ってしまいます。

しかしヘルニアは

同じ姿勢のままでいるとジンジンと腰が痛みを発しはじめ

痛みで同じ姿勢を維持できなくなります。

姿勢をかえれば収まったりもしますがその繰り返しです。

治るとかではなく、友達としての長いお付き合いとなります。

重症の場合は手術も必要になるほどです。

まとめ

ぎっくり腰の腰痛ベルトの巻き方や効果は?痛み止め薬や応急処置の方法は?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 仕事中...

いかがでしたでしょうか。

仕事の影響で腰が痛いというのをよく耳にします。

もちろん私もそうでした。

自分の経験談ではありますが、整形外科や整体院に行き、

絶対に治る治療法などないので先生にいろいろと相談して

自分にあった治療法や予防法を見つけ人任せにせず

自分の力で改善していけるようにするのが一番の近道だと思います。

・ぎっくり腰の正式名称は腰椎捻挫(ようついねんざ)

・原因は骨のゆがみ

・ぎっくりになったら自己判断せず整形外科か整体院へ

腹圧を使えばある程度発生を抑えることができる

ぎっくり腰経験者はヘルニア予備軍である

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする