ぎっくり腰の腰痛ベルトの巻き方や効果は?痛み止め薬や応急処置の方法は?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

仕事中に起きる突然のぎっくり腰

どんなに気を付けていても奴らはお構いなし

仕事中にぎっくり腰になってしまったとしても

自分の代わりはいない!穴をあけるわけにはいかない!

今はまだ倒れるわけには行かない!

そんな方々へ今回は読んでもらいたいです。

急に来たぎっくり腰への対応方法

何か重い物を持った時、下に落ちたものを拾おうと思ったら

ほどけた靴紐を結ぶためにしゃがもうと・・・

本当にぎっくり腰というのは突然来ます。

え?なんでこんなことで??ということがよくあります。

もちろん、急にというのは間違いで、いろいろな原因があり

それらが重なって起きるべくして起きています。

そうは言っても目の前の仕事を放置して倒れるわけにも

行かないそんな方へ。

ぎっくり腰の初期対応

まずこの文章を読む時点で、あなたはぎっくり初体験ではなく

何回か経験されている方だと思います。

普通、初めてぎっくりになった場合

それでも働かなければなんて選択肢はありませんので。

まずはゆっくり立ち上がってみましょう。

両脇を抑えるように腰に手をあてゆっくりと。

まずは立てるかどうかです。

どうにも立てる状態では無い場合は働くことはあきらめて下さい。

ちょっと痛みはあるものの腰を軸になんとか立つことができる場合は

まだ望みはあります。

薬とベルト

腰に不安のある人は常に腰に対する薬を常備しておくべきです。

痛みを緩和するロキソニンなどもいいですが

今までいろいろと試した結果、私はTVCMでもよくみかける

アリナミンEXをオススメします。ゴールドでもいいです。

本当に効き目が早く、軽いぎっくり腰程度ならば

この薬を飲んだだけで治ってしまったこともありました。

ロキソニンはあくまで痛みをだます薬

治してくれるものではありません。

家で療養中などに使った方が効果的です。

そして、ご経験者ならお持ちかと思いますが

腰痛ベルトは常に常備しておきましょう。薬を飲んで

休憩室でちょっと休めるならまだしも、

すぐに戦場へ戻らねばならない人もいると思います。

その為に腰痛ベルトをぎゅうぎゅうに腰に巻いて下さい。

腰痛ベルトの間違った巻き方

まだ経験が浅い方でよくあるのですが、

腰痛ベルトの巻き方が間違っている人がたまにいます。

腰が痛いのを支えるためと勘違いして

腰の後ろからお腹らへんを巻く人がいます。

確かに腰をやっているので、腰に巻きたくなるのですが

実は違うんです。私も最初は間違った巻き方をしていました。

そんなのわかりませんよね!

腰痛ベルトの正しい巻き方

腰の周りを巻きがちなのですが、

実はそうじゃないんです。

背骨と腰骨がくっついている所

腰のちょっとしたのお尻あたりの所

強く巻いてあげて下さい。丁度、ぼうこうの前で

ベルトを巻くイメージです。

え?まさかぁ?だって腰が痛いんだよ?

そう思う方もいると思います。

ですが本当なんです。土台が肝心なんです。

土台がしっかりするとかなり腰が楽になるんです。

もしお腹に巻いていた場合、結局、下の土台がぐらつくので

痛みも大きいはずです。

勘違いしてほしくないのですが、巻き方が正しいからといって

治るわけではありません。

あくまでこの場をなんとかする応急処置です。

普段から気を付けること

Sponsored Link

飲食に気を付けろ!

姿勢などに気を配るの大切ですが、飲食にも気を使って下さい。

お腹と腰はまさに表裏一体。お腹の調子が悪いと

実は腰にもよくないんです。

ぎっくり腰をやった前日、お腹など壊していませんでしたか?

下痢などは腰にも負担を与えます。

夏場など水分をいっぱい取る人なんかも注意です。

お腹を冷やせばそれだけ壊す可能性も高くなります。

冷たいものよりは温かい物飲む習慣を作るといいですよね。

夏場は難しいですが、冬場は水ではなくお湯を飲むだけで

全然ちがいますよ。

くしゃみをする人は

くしゃみってものすごい腰に負担をかけます。

スポーツの外国人選手とかでもくしゃみをしただけで

ぎっくり腰になってしまった話もあります。

特に鼻炎などの方はくしゃみに要注意です。

くしゃみをする時、無防備な姿勢は危険です。

どこかに座るか、壁に体を固定するとか

しゃがむでもいいし、横になるでもいいです。

背中を丸めるだけでも全然違います。

とにかく無防備にくしゃみをすると危険度が増します。

花粉の時期は要注意

花粉症の時期なんて最悪ですよね。

そんな時期にぎっくり腰になってなろうものなら・・・

想像しただけで冷や汗がでてきます。

くしゃみはそう簡単にとめられないです。

そのたびに腰に振動が響き渡ることでしょう。

断末魔が聞こえてきそうです・・・

花粉下痢などには乳酸菌がいいです。

ヨーグルトキムチでしょうか。

本当に違いますよ。私も毎年花粉前にヨーグルトを

食べ始めますが、少しおさまる感じです。

もちろん花粉の薬も飲みますが。

筋肉を鍛える

筋肉を鍛えると聞いて「腹筋」が思い浮かびますよね。

もちろん腹筋もあるにこしたことはないのですが

もっと大事な筋肉があります。

足の付け根の筋肉

ももの後ろの筋肉

おしりの筋肉

そして鍛えると聞くと地味なトレーニングをイメージしますが

そうではなく、動かすということが大事です。

動くことで柔らかく強い筋肉が出来上がります。

どうすれば上手に鍛えれるの?

私も整体師の先生に聞きました。

すると意外な言葉が返ってきました。

「自転車に乗るといいですよ」

私もびっくりしました。

自転車にのるだけでその筋肉を鍛えれるのか?と。

ただ、自転車に乗ってもダメです。

足の付け根の筋肉を鍛える場合、ももを90度以上曲げないと

使えていないそうです。

ももの裏にしてもスクワットはももの表側を鍛えるので

あまり意味がありません。

自転車は自転車でも「ロードバイク」だそうです。

前傾姿勢になり、ももを90度以上あげてペダルを回します。

ペダルに足を固定することにより引き足を使うので

もも裏の筋肉も使えます。おしりの筋肉も自然と動きます。

私もロードバイクに乗るようになって、随分と腰痛が良くなりました。

安静とは真逆でびっくりですよね。

動かないことが一番ダメみたいです。

まとめ

ぎっくり腰で仕事に行けない時の対処法方は?ヘルニアの症状との違いは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 仕事をしていて...
飲食業を辞めたい!転職したいが時間がない!働きながら就職先を探す方法とは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 誰しも...

いかがでしたでしょうか。

今回のぎっくり腰のお話はあくまで緊急処置の話です。

どうしても仕事を休めない時や、職場を離れることができない

代わりがどうしてもいないなど

どうしても立ち向かわねばならない時のための知識です。

そうは言っても長くは持ちません。家に帰って横になれば

次の日立ち上がることは不可能でしょう。

すぐに整形外科や整体などに行って下さいね。

・ぎっくりが起きた時、立つことができればなんとかなる

・立つことができない場合はあきらめて下さい

・腰痛ベルトの巻き方でかわる

・そうは言ってもベットに寝れば立ち上がれなくなるでしょう。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする