仮想通貨ビットコインやNEMってなに?コインチェック騒動って?

 

 

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

 

 

今、話題の仮想通貨

 

正直な所、仮想通貨ってなにどういう事

クレジットカード電子マネーじゃだめなの

家電量販店で使えると聞いたけどどういう仕組み?

 

などなど、わかりやすく説明できたらと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

仮想通貨って一体なに?何なの?普通のお金との違いは?

 

 

ちょっと前までは普通のお金「紙幣」「硬貨」

当たり前でした。

 

近年は「クレジットカード」に加え「電子マネー」

お金の取り扱い方法も変化しはじめ

コンビニスーパーなどでも使えるようになり

私たち一般人にも広く使われるようになっています。

 

しかし、昔からの伝統を愛されている方

クレジットも電子マネーも使いたくない!現金以外は信じられない

そんな人もまだまだいらっしゃいます。

選ぶのはご自身なので現金だけという考えもとても素晴らしいものです。

 

そんな中、さらに新しいお金「仮想通貨」が最近話題になっています。

 

 

仮想通貨とは

 

 

「仮想」通貨という名前の通り、現実社会のお金という考え方でありません

 

よく「仮想世界」なんて言葉を聞きませんか?

 

インターネットのことです。

ネットの中での世界というものが存在しており、

アマゾンや楽天など商品を皆さん購入されております

 

それらも仮想世界の中でのお店ということになるんですね。

 

その仮想世界の中に現金を持ち込んで売買などやりとりするのではなく

どうせなら仮想世界の中でのお金を作ってしまおう!

 

そんな考えから「仮想通貨」というものは誕生しました。

 

 

クレジットカードじゃダメなの?

 

 

実際にクレジットカードなどでお買い物をされていると思います。

 

ネットでのお買い物クレジットを使うことが多い人も。

ならそれでいいじゃないか!そう思われる人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、クレジットカードも電子マネーも

元は現金であり、それをデータ化しているものなんです。

 

仮想通貨というのは実体がありません

まさに仮想なんですね。

 

一番の目的世界で共通価値の通貨ということなんです。

 

 

仮想通貨の目的

 

そもそもなぜお金が誕生したのか

 

昔は「物々交換」という方法で物をやりとりしていました。

 

「お米1キロ」「豚肉2キロ」を交換しませんか?

 

お互いが納得すれば交換が成立していました。

しかし、相手がお米をたくさん持っていたらどうでしょう。

 

 

「お米」あげるから「豚肉」くれないか?

 

 

と言われてもお米は家にいっぱいあるのでいらない!

 

人によっては物の価値が曖昧になってしまうため

「お金」という共通に認識できる価値のあるものが生まれました。

 

昔のお金形が大きく重い物が多かったです。

お金は価値があるが持ち運ぶことが大変

 

江戸時代の千両箱って耳したことがあると思います。

 

 

江戸初期 慶長小判(慶長6年=1601)=千両:約4千739万円
江戸中期 元文小判(元文1年=1736)=千両:約2千639万円
江戸後期 天保小判(天保8年=1837)=千両:約1千954万円
幕末 安政小判(安政6年=1859)=千両:約1千563万円

 

もちろん価値あるものなのですが

千両箱の重さはだいたい約20キロ前後

 

大金を運ぶのはとても大変なことがわかります。

 

そこで生まれたのが「紙幣」です。

 

紙幣になって現金がとても持ち運びやすくなりました。

 

ですが、文章や写真の情報をデジタル化しているのと同じように

お金もデジタル化できたらもっと持ち運びが楽

世界でも簡単にやりとりできるんじゃないか?

 

ということで電子マネークレジットカードが生まれたんですね。

 

その流れで「仮想通貨」も誕生したのです。

お金の価値が世界共通になれば海外旅行や、現地でのお金の換金

海外先の相手へのお金の送金など一気に楽になるんです。

 

 

投資目的として仮想通貨は使われていることが多い

 

 

仮想通貨の特徴として価値がとても流動的なことがあげられます。

 

仮想通貨と聞くと「ビットコイン」と頭に思い描く人も

多いかと思いますが、その種類は1000種類以上も存在しています。

 

お金で言えば「円」や「ドル」「ユーロ」など様々なお金があるのと一緒です。

 

その仮想通貨の種類の一つが「ビットコイン」というわけです。

 

誕生当初はほとんど価値が認められないものでしたが、

今ではものすごい価値があがっております。

一時期では1ビットコインが200万円もの価値まであがりました。

 

誕生当初にとても安い金額で1ビットコインだけでも所持していれば

200万円として売ることも可能だったわけです。

もしも100ビットコインを持っていたなら2億円としての価値になった。

 

ただし、株と同じような価値が急激に変動しやすい特徴を持っており

1ビットコインが100万円の価値に一気に下がってしまったりするなど

買った金額よりも下がってしまう可能性もあります。

 

ですから投資家が安い時期にビットコインを仕入れて

値上がりした時に売ってお金に換える投資目的として

運用される方も多いわけです。

 

 

家電量販店にてビットコインを使う

 

Sponsored Link

 

投資としてお金に換えるだけではなく

最近は大手家電量販店などでもビットコインを使って

商品を購入することができるようになりました。

 

普通のお金と違い、ビットコインをビックカメラなどで

直接渡すということではありません。

 

イメージとしてはビットコインを払って商品を買うで

間違っていないのですが

 

実際は払ったビットコインがお金に換えられて

その現金がビックカメラに行くという流れです。

 

 

仮想通貨ビットコインやNEMの騒動

 

先日、仮想通貨取引所の一つコインチェックで

仮想通貨「NEM」が何者かに不正アクセスされて

580億円分のNEMが流出するという事件が起きました。

 

これだけ聞くと

 

 

 

「やっぱり仮想通貨は怖いものだ」

 

 

と思ってしまいますよね。

 

今回の騒動の原因は当然ながら

仮想通貨を盗み出した犯人が一番悪いんですが

取引所の「コインチェック」にも問題がありました。

 

なぜなら今回被害にあったのは「コインチェック」という

取引所だけだったからです。

 

理由は簡単です。

 

本来は預かった仮想通貨の情報は3重ものセキュリティをつけ

管理されています。

 

ですが「コインチェック」のセキュリティ

たった一つしかされておりませんでした

 

さらに、本来であれば取引を行う時にだけ

ネットと繋ぎやりとりするものなのですが

 

コインチェックでは24時間常にネットに接続されている状態であり

セキュリティを突破すれば盗めてしまう環境だったからです。

 

 

仮想通貨が悪いわけではない

 

今回、580億円もの額が流出してしまったわけですが

現金も同じことで銀行のセキュリティがあまければ

ネットを通じて残高を盗まれてしまうかもしれません。

 

今回の取引所「コインチェック」は国の規制、監督された所ではなく

「みなし業者」ということがわかりました。

 

改正資金決済法により、取引所に「登録制度」が設けられました。

しかしそれは2017年4月のことであり

それまで登録制度が無かったため、無許可で取引が行われてました。

 

コインチェックは2017年9月に登録申請を行いましたが

登録が完了するまでの取引を止めるわけにはいきませんでした。

すでに多くの利用者が存在していたからです。

 

そこで金融庁登録していなくても

一定期間であれば取引所として営業できる「みなし業者」

存在してしまう経過措置を作りました。

 

今回のケースはそんなみなし業者を犯罪者に狙われてしまいました

 

仮想通貨をお持ちの方は今後は取引所の登録状況

セキュリティ対策などにも改めて目を光らせる必要があるかもしれません。

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

 

バイト先や職場でお金を盗まれた?上司に報告?警察に通報?取るべき行動と自己防衛策は?

俺のニュース西田哲郎ってなに?1日10分で月収200万?

アルバイトのお金が盗まれた?盗難対策と犯人の特定の仕方とは?

お金を借りたい!つなぎ融資がおりない!お金を借りずに資金調達する方法とは?

 

いかがでしたでしょうか。

 

よく資産を守るために現金を「金」に変えるなんて話も聞きますね。

仮想通貨も同じようにも使えるかもしれません。

 

もし銀行がギリシャのように預金封鎖を行う前に

事前にお金を仮想通貨にかえておけば銀行の長蛇の列に並ぶ必要が

無くなるわけですから・・・

 

・仮想通貨は仮想世界の中でのお金

・仮想通貨はクレジットや電子マネーの未来への流れをくむ

・価値の変動が激しく、現在は投資目的で使われることが多い

 

 


コメントを残す