定年退職や熟年離婚のための黄昏研修の意味とは?キレる老人にならないために

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

黄昏(たそがれ)研修ってご存知ですか?

主に銀行などでやられることが多いのですが

最近では様々な会社で行われることが増えてきました。

40歳くらいから研修という名目で受けさせられる傾向にあるとか。

よく、学歴は普通だけど様々な苦労を背負って地道に山道を登ってきた人より

高学歴で花道を真っすぐ進んできた人ほどポッキリと心が折れやすいとか言います。

様々な要因はありますが最近の若年層との価値観も変わってきて

黄昏研修が重要になってきました。

黄昏研修ってどういうことなのでしょうか?

黄昏研修とは

たそがれるってどういう意味でしょうか?

日が暮れて辺りが薄暗くなる。盛りを過ぎて衰えてくる。

そんな意味です。

40歳~50歳頃になり、仕事の出世コースから外され、もしくは定年などで辞めても

落ち込まない落ち込まず労働力を維持させたい、本人の今後を想像させ

未来に失敗して仕事に影響を出させないための研修です。

どんな人が研修するのか

最初に銀行に多いと言いましたが

銀行というのはドラマなどでもご存知かと思いますが

同期入社が本社に残っていられる割合が3%前後なんです。

どんなに偉い立ち位置にいる人でも

簡単につまづいてしまったり、どこかの会社へ出向させられたりします。

上の立場にいる人ほどプライドが高いんです。

今まで周りの部下からチヤホヤされていたのに、違う会社に出向となり

誰もチヤホヤしてもらえず落ち込んでしまいダメになってしまうことが多く

社会現象にもなりつつあります。

キレる老人

ニュースなどで電車で老人がキレる!

なんて見かけませんか?

なぜキレるのか・・・

定年などで職場を退職する時などに部下から

「いつでも連絡下さい!」「また飲みに行きましょう!」

なんて言われるものです。正直、こういうのはほぼウソです。社交辞令ですね。

わかっている人ならいいのですが、今まで自分は部下の面倒を見てきて敬われていると

勘違いし本当に電話をしたりしてしまう人がいるんです。

想像して下さい。もしあなたがバリバリに働いている時に退職した先輩や上司から

仕事の話でもなんでもない日常の話をされたらどうでしょうか?

面倒くさいですよね・・・

では、仕事が終わってから連絡が来たらどうでしょうか?

毎日毎日仕事で疲れて帰ってきて。一杯やって気持ちよく寝て

また明日に向けてがんばりたいと思っている所にそんな電話がかかてきたら・・・

七面倒くさいですよね・・・

当然、面倒という感情が電話越しに言葉に出てしまいます

「先輩。すいません、今忙しいんで・・・」

「〇〇さん、大した用でもないのに電話してこないで下さい」

などと軽くあしらわれてしまうんです。

今まで自分は仕事をがんばってきた!という自負があったのですが

その後ろ盾でもある仕事が無くなってしまった時に

今まで偉ぶって出社し仕事をしていた場がなくなることによって

自尊心が傷つけられてしまうんです。

その反動もあり、電車やデパートなどちょっとしたことがあると

突然怒り出し、自分は今まで偉かったんだもっとペコペコしろ!と

周りに八つ当たりをしてしまうんです。

もっと周りから嫌われ孤立してしまうとわかってもいないのです・・・

熟年離婚

熟年離婚というのは一般的に結婚して20年経ってから離婚することを言います。

いろいろなケースがあると思いますが、

データでは女性の方圧倒的に旦那と離婚したいと考えるケースが多く

逆に男性は今まで苦労かけた分、

定年後は二人でゆっくり過ごそうと思っている人が多いんです。

旦那が定年を迎え、退職金でどこか旅行にでもなんて考えている一方で

妻は着々と離婚をする準備を進めているんだとか。

旦那が定年した矢先に離婚を迫られ、資産の半分を妻に持って行かれ

旦那がたそがれてしまうケースもよくあるそうです。

実際、仕事一筋の人ほど家庭では妻に対して家政婦のような扱いをしている人も多く

子供が20歳を過ぎたら絶対離婚してやる!と思っている女性が多いんだとか。

旦那は憎いが子供はかわいいということですね。

熟年離婚をすると今まで妻にやっていてもらったことが

全て自分ですることになり、それらをやれればまだいいのですが

任せっきりだった場合は何もできず、1年後に亡くなってしまうなんてことも。

熟年離婚は横柄な旦那への妻からの仕返しといった側面もあるようです。

黄昏症候群を回避、予防するために

Sponsored Link

なんだ、自分はそんなの大丈夫だから

そう思っている人もうかうかしていられませんよ。

ウチに限ってそれは無いと思っている人が多いですが

いつどうなるかわかりません。

今されている仕事が定年まで続けられるという保証などないのですから。

そのための黄昏研修というわけです。

男性は趣味、女性は友達

転職定年退職熟年離婚に関しては

周りがとやかく言うことではありません。

黄昏症候群(トワイライトシンドローム)にならないための準備が必要です。

男性の場合

男性は何か趣味を持つことが大切です。

ただし、若い頃にやっていたようなゴルフなどのスポーツは止めた方がいいです。

自分はまだやれるなんて思っていると思いますが体は正直でかなり衰えているはず。

一度腰をぐきっとやってしまえばできなくなってしまいます。

そのままたそがれるなんてことにも。

会社で仕事をしてきた延長線上でできる何かがいいと言われています。

パソコンで日記をつけるとか営業で出回る人は外を散歩するとか。

大事なのは続けられるレベルのことをすることです。

女性の場合

女性の場合はおしゃべりのできる友達を作ることです。

そうはいってもいきなりできるものでもありません。

たそがれを迎えてからでは遅いです。

女性はおしゃべりが大好きであり、ストレス発散として普段からされているものです。

なので友達はすでにいらっしゃるはず。

一緒にお出かけするもよし、ご自宅であれこれしゃべるのもよし。

男性よりは女性の方が心配ないと思われます。

まとめ

会社職場での労務問題やコミュニケーションでの回避方法は?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 会社や...
頭の回転をトレーニングする方法とは?飲食店の食器洗いで身につく?様々な仕事に役立つ?

いかがでしたでしょうか。

黄昏研修を40歳からするの?

と思われる方も多いと思います。

ですが、60歳になってからでは準備が間に合わないのです

40歳くらいから体も衰えだし、仕事にも無理がきかなくなってきます。

早い人では40歳頃でたそがれを迎える人もいるわけです。

事前に考えさせておくことで心の準備もできるというものです。

誰しもが迎える時が来ると思います。

趣味や家事手伝いなどをして事前に準備をしておくことをオススメします。

突然訪れるものですから。

黄昏研修は本人のため会社のため

・会社で威張っているが実力が無い人は危険

・会社の御威光をまとっている人は危険

・日頃からルーティンとして趣味などをやった方がいい

・仕事で疲れていても家事手伝いを少しした方がよい

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする