残業休日出勤や単身赴任の断り方は?上司からの飲み会の誘いを断り角をたてたくない場合は?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

職場で上司から残業休日出勤などお願いされることありませんか?

誰しも断りたいですが、断りにくい上司であったり断れない案件だったり。

「あいつは優秀だからいなくなると困るんだよね」

と優秀な人材にはわがままを聞いたり

「あれは戦力外だからいてもしょうがないしね」

と評価自体する価値もないとランク外通告されているような人など

中には堂々と断る人もいるようですがそれは一部であって

なかなか断りにくいものです。

上司に嫌われずに断る方法はないものでしょうか?

職場で嫌われない断り方

職場での断りずらいお願いや頼み事はやっぱり残業や休日出勤など

働く時間が延びる関係ですよね。

自分一人ではなく周りの人がOKするとどうにも断りづらい・・・

参加しなければ仕事が進まない

周りからは睨まれる・・・

はっきり断るより代理提案法を使ってみる

一番良いのは「はっきり断る」ことなのですが

それができれば苦労はしません。

ですが全てを受け入れれば何時に帰れるのかもわかりません

一度受け入れてしまった手前、他の要求もより断りづらくなります。

残業をお願いされたら

「〇〇さん、今日遅くまで残ってもらえないか?」

「明日ではダメでしょうか?」

厳密に言えば断っているとは言えないかもしれません。

ですが、上司に今日は何かあるのかな?と思わせることができます。

もし今日中でなければならない場合は、自分では無く違う人へお願いするかもしれません。

何よりもこの方法の良い所は

「働きたいが予定があり、他の日なら働きたい」という意思も伝えることができます。

あからさまに「働けません」など直球で答えるよりも

残念ながら予定があるけれど、他の日ならば働ける働きたい!

の方が上司としては印象がいいですよね。

相手の要求を受けるだけでなく、こちらからも交渉することにより

自分にとって納得しやすい状況に変化させることができます。

これが代理提案法です。

休日出勤をお願いされたら

「今週の日曜なんだけど出勤してもらえんか?」

「来週と再来週の日曜に分けるのはどうでしょうか?」

この場合は仕事の負担を減らし休日の空き時間を増やそうという意図もありますが

他の休日を2回潰すくらいなら他の人に頼もうと諦めてくれるかもしれません。

「いやいや、今週じゃなきゃ困るんだ」

「午後からでも大丈夫ですか?」

交渉というのは基本的に1回で終わることはなかなかありえません

仕事先での契約なども同じですが2~3回は交渉するのが普通です。

お互いが満足の行く形になるまで、もしくは妥協できる所まで

話し合うことができれば引き受けるにせよ断るにせよ

納得し合って決めたことなので文句は出ないものです。

こういう交渉はよくあると思います。

1回で交渉が終わるとは考えず2手3手先まで事前に考えておく

スムーズに交渉ができると思います。

「今週出れないなら君はいいよ」

と諦めてくれればしめたものです。

もしも引き受けることになってもこちらの意見も通してもらえていれば

納得し気持ちよく仕事ができるものです。

代理提案法はお互いが満足度の高い方法なんです。

急な単身赴任の断り方は?

単身赴任って独身など身軽な人はそれほど苦でもない人もいますが

見知らぬ土地に突然一人だけで行くことになるのはとても嫌なものです。

ましてや急に単身赴任が決まったりすればバタバタ大変です。

ですがサラリーマンにとって単身赴任は宿命かもしれません。

部署内などで噂などが飛び交うものですよね。

「新しく支店が出来たから誰か一人、異動になりそうって聞いたよ」

など事前に情報が入ってくるものです。

一度辞令が下ってしまえば従わざるを得なくなってしまいます。

事前に情報が入っているのに辞令まで待っていてはダメです。

単身赴任や異動などしたくないのであれば

こちらも事前に動いていくしかありません。

上司にそれとなく異動の噂を聞いたと伝え、行けない理由を伝えるしかありません

単身赴任や異動をしたくない一番の理由

「行きたくないから」

ですよね。

でもそれを直接伝えても上は納得など絶対にしてくれません。

むしろ、嫌がることは相手もわかっているのでそれをなだめることに長けています

「1年だけだから」

「帰ってくるときは間違いなく昇進だよ」

「私もよく異動したものだし他の人だって順番は回ってくるものだ」

「遅かれ早かれ誰しも経験すること」

「あそこは美味しい海の幸が待っているゾ」

まだまだあるでしょうが、あなたの好きなものなどを知っていれば

なおさらそれらを理由に異動を勧めてくるものです。

外的要因を理由にして伝える

Sponsored Link

自分勝手な理由は当然受け付けてくれません

モノによりますが自分がらみな件を理由にすると

「私もそうだったよ」など丸め込まれます。

そうではなく自分以外のこと「外的要因」を理由にするんです。

「妻が病気がちで最近新しく変えた病院に通院したばかりなんです。

半年後ではダメでしょうか?」

「家を新築したばかりで家族が心配です」

「娘の受験が迫っておりまして来年まで待ってもらえませんか?」

自分ではどうにもならない外的要因な理由を持ちだすと

角がたちにくいです。

上司も同じ人間なので、会社や仕事のことなら強く言えるのですが

プライベートなことだと言いにくいものです。

もし独身だとしても

「今、彼女と結婚の話をしているんです!結納するまで待って下さい」

上司も部下の人生を狂わすようなことになりかねないと思えば

考え方も変わるものです。

実際に上司が自分の恋人がいるかいないかなど確認のしようもありません。

それらの質問が来たとしてもたんとでも言えますよね。

「結納はどうなった?」

「今、相手のご両親と打ち合わせをしている所なんです」

「なかなかあちらもお忙しいようでして」

同僚に嫌われる可能性もありますが自分の状態を話した上で

飲みの席などで上司に「あの人は何もないので適任じゃないですか?」など

会話から思考を刷り込む方法なんかもあります。

行きたくない仕事終わりの飲み会などの誘いはどうすれば?

宴会など盛り上がる場所ではあるのですが

いろいろな人がいて

・騒がしいのが嫌い

・お酒が飲めない

・上司と一緒いたくない

・嫌いな人がいる

・自分の時間が欲しい

など様々な理由があるものです。

どうしても断りたい場合

「今月は返済などもあってお金がピンチなんです!」

お金をおごる気が無ければ無理には誘ってこないです。

毎回ご馳走してくれる上司などの場合は

「毎週木金は娘と一緒に遊ぶ日なんです」

中には「そんなのいいじゃないか」「明日に変更しろ」など

横柄な上司もいるかもしれません。

ここで弱腰になってはいけません。

はっきり断る必要もないです。

理由は伝えているのでモジモジしていれば向こうが勝手に察します

むしろ変に口走る方が失敗しかねません。

途中で中座パターン

どうしても断りにくいイベント新年会忘年会など節目系です。

周りの人も大勢参加しているし年に数回ということもあり

行きたくはないがしょうがないから参加するという人も多い。

このような場合は「とりあえず顔を出す」途中で中座する方法がいいです。

誘いを受けたらむしろ逆に「いいですね!ぜひ!」承諾しましょう。

誘った相手も喜んでくれます。

飲みの席などで電話などがかかってきたなどにして

30分~1時間後くらいでしょうか。

「すいませんちょっと家から電話が入りまして・・・」

「遅いと妻とモメてしまうので・・・」

「家族が具合が悪いようでして・・・」

このような感じで中座することを伝えれば案外あっさりとOKしてくれます。

なぜなら飲み会にもう来ているわけで途中で帰ることを受け入れやすいからです。

最初から断ればやはり印象も悪くなることでしょう。

ですがこの中座パターンならば会にも参加しているし

早く帰れるため印象も良いと思いますよ。

まとめ

パワハラ上司がムカつく!悩み困っている!録音以外で止めさせる方法やコツは?
断り方や接し方、叱り方や教え方の方法やコツは?仕事における情報まとめ
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 職場や...
人との付き合い方や考え方は?仕事やビジネスシーンに必要なスキルとは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 仕事に...
ブラック企業に転職就職した時の対処方法は?焦らず落ち着く為の情報まとめ
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ブラッ...

いかがでしたでしょうか。

いくら断るテクニックでその場をしのげたとしても

いつもいつもではあからさますぎ悪く思われてしまいます

もし職場での人付き合いを壊したくないのであれば

3回に1回くらいは参加した方が良いのかもしれませんね。

代理提案法で交渉する

外的要因を理由にする

・とりあえず顔だけ出し途中で中座する

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする