電車駅構内で不審物発見時の対応とは?避難する時の注意点は?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

最近よく目にするテロ事件

働いている人にとって通勤するということはとても大事なことです。

そんな通勤手段に使われる電車やバスなどを利用する人にとって

テロ事件が起きるとこの電車やバスは大丈夫だろうか?

不安になりますよね・・・

不審物を見つけた時の対応の仕方

緊急時の避難での注意点など一緒に学んでいきましょう。

もし不審物を発見したらどうするべきか

よく不審物を見かけたらお知らせ下さいとありますが

具体的に危険物不審物というのはどういったものなのでしょうか?

危険物とはどういうものを言うのか

危険物持ち込み禁止といろいろな場所で目にします。

そもそも危険物とはどのようなものを指すのでしょうか?

・爆発や自然発火、腐食している物など周りに危害を加える物

・お酒や油などの引火しやすいもの

・暖炉やコンロ

・動物(許可された小動物以外)

・不潔な物や臭気を漂わせ同乗者に迷惑がかかる物

・座席や通路をふさいでしまったり車内を破損させてしまうような物

・死体

かなり曖昧な表現だと思われる方も多いと思いますが

はっきりと形などを指定しまうとそれ以外は大丈夫だろ!となってしまうので

曖昧な表現にしているんです。

黒くて丸い爆弾は持ち込み禁止!にすれば

ペットボトルタイプの改造した爆弾なら持ち込みOKでしょ?と

なってしまうからです。

検査官も先入観を持ってしまうと

ペットボトルの形をしていれば問題ないと判断してしまうからです。

どんな形のものでも観察し爆弾かもしれないと考えなくてはなりませんから。

不審物とはどういうものなのか

不審物を発見したら~

そんな文言をよく見ますが

具体的にはどういうものが不審物なのでしょうか?

実はこれといって明確な答えはありません。

その場にいる人がおかしいと感じる

その場にいる人がそれを見て不安に思う

その場にいる人がアクションを取りたくなる

このような物を「不審物」と言います。

場所によってそれが不審物かどうか変わってきます

例えば丸い筒状の黒くて大きなスポーツバック

フィットネスクラブの更衣室に置いてあったのなら

おそらくそれは忘れ物として判断されることでしょう。

ですが、そのスポーツバックが持ち主不在

バス停のお待ち用長椅子の下に置かれていたら?

電車と電車の連結部分に置かれていたら?

空港内の待合場の公衆電話の下に置かれていたら?

なんだか不審じゃないですか?

持ち主がいない上に大きくて物々しいバック。黒くて中身は見えない

随分前から置きっぱなしである。

こんな状況が揃えばそこにいるあなたは段々怖くなってきませんか?

これが不審物です。

不審だからといって全てが危ないというわけでもないんですね。

本当にただの忘れ物の可能性もありますが

ひょっとすると危険物の可能性もあるわけです。

スポーツバックと表現しましたが、

中身が見えないようペイントされた中身が重そうなペットボトル

あきらかに場違いな手提げ紙袋

忘れ物ですよ!と呼び止めても振り返らず立ち去ってしまった持ち主が置いていった物

言い出したらキリがありませんが

不審に思われるもの全てが不審物ということになります。

不審物を見つけた時の3原則

不審物を見つけた時のやってはいけない3原則をご存知ですか?

「触れない」

「嗅がない」

「動かさない」

言われてみればそんなことかと感じるかもしれませんが

3つのうち一つくらいはやってしまうものです。

とにかく不審物と思った場合は係員や警察などにすぐ連絡してください。

避難する時の注意点

Sponsored Link

天災やテロなどいろいろな場面で避難する人達の映像を目にします。

危ない物事から逃げる為ケガをしない為に避難していますが

危ない物事以外で避難中にケガすることも多いんです。

集団の中にいることの危険

悲鳴が聞こえ爆発の音が聞こえたら人は出口に向かって一斉に走りだします

状況が飲み込めていない、わかっていない人達までも、人流れに乗って走りだします。

人間は恐ろしいもので自分が助かりたいと思うと平気で邪魔な人を突き飛ばしたりします。

髪を引っ張られたり、荷物を奪われたり、踏まれたり蹴られたり。

しゃがんだり立ち止まってはダメ

基本的に下にしゃがんではいけません

逃げ惑っている中で避難している人達はみな出口を見ています

自分の目線より下はほとんど見ないんです。

避難中なわけですから目の前はたくさんの人でいっぱいです。

たくさんの人たちが壁となり下を見る意識がほとんどないんです。

もし下に人が倒れていても避難する人でいっぱいだと

気付かずに踏んだり蹴ったりしてしまうんです。

避難中に何か物を落として立ち止まったり振り返ったり

しゃがんで拾おうとしてはダメです。人波に押しつぶされ大けがをする原因になります。

出口付近はデンジャラスゾーン

何かが起きてその場から逃げたい!

避難時はみんなそう思っています。

特に建物の中地下鉄内など屋内の場合での出口付近は戦争状態になっています。

我さきにと出口に集中するためとても危険です。

もし出口付近で誰かがつまづいて倒れてしまった場合

将棋倒しのように人が倒れこんできます

将棋倒しのように人が倒れ、一番下にいた人が圧死したという

海外のニュースもたまにあります。

集団を避けるのも選択としてはアリ

建物が今にも崩れそう!

そんな時は一刻も早く非難する必要がありますが

一時的なパニックでの避難などの場合は避難も大切なのですが

もし慌てて逃げなくても良いと判断できるならばパニック集団を避けるのもいいです。

集団に巻き込まれてケガもしかねません。

例えば地下鉄のトイレなどで一息ついて

集団パニックが少し落ち着いてから行動する方が安全の場合もあるんです。

その為にも情報を得ることが大事ですね。

まとめ

電車飛び込みの賠償金や心理状態は?人身事故をお考えの方はこれを読んで下さい!
電車ホームで線路へ突き落とし事件?線路へ落ちる人が続出?線路へ落ちた時の対処法は?
通勤満員電車で痴漢冤罪疑われてしまったら?誰でも簡単にできる4つの対処法とは?

いかがでしたでしょうか。

不審物に関しては今後東京オリンピックも控えており

日本国内でも対応が問題になってくると思います。

不審物を見つけた時の3原則は肝に命じておくといいかもしれません。

避難も身を守るためのものなのに

その避難中に事件とは関係ないケガをしたらバカバカしいです。

ただのパニック症候群の可能性もありますので注意が必要ですね。

・危険物の表現はとても曖昧

・不審物とは危険なものではなく不審なもの

・避難中は事件に関係なくケガをしやすい

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする