お金が無いと誘いに乗らない部下!若者はなぜお金が無い?奨学金の返済ってなに?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

最近、入社してそこそこ給料をもらっているのにも関わらず

お金が無いという新人を見かけます。

若いですからいろいろお金を使う用事があるのだろうと

話を聞くと意外な答えを知りました。

借金があるんです。

高い車を買ったわけではなく

を買ったわけでもなく

親の借金を引き継いだわけでもない。

借金をするということは

大きなお金を使う理由があるということ。

若い人が大きな借金を抱えている理由とは一体??

奨学金制度

奨学金。皆様もご存知だと思います。

お金は無いが優秀な人間が学校で勉強するために

国からお金を借りることができる制度です。

最大の利点は金利が低い。金利は0.16です。

開いた口がふさがりません。安すぎです・・・

さらに借りてからすぐ返済が始まるわけではありません

子供が大人になり、就職して給料をもらうようになってから

返済が始まります。

学生時代は借金のことで頭を悩ます必要がないんですね。

勉学にはげめということでしょうか。

さらには親がお金を返すわけではなく、その奨学金を使って

進学した子供が返すというもの。

しかも最近は年収の額に応じて返済額が変わるというシステムも

あるとか。給料が多ければ返済額が上がり、

少なければ返済額が下がるというもの。

なんだかずるいなぁ。

よくわからず奨学金をもらている人も多い。

お金を借りることができて、すぐに返す必要がない。

なんだかいい所ばかり見えますが実はそうでもないんです。

大学生の約5割が奨学金制度を利用しているとか。

500万、600万がとても多く1000万以上借りるケースも。

確かにお金が無くそのせいで進学ができないというのは

お金を借りる意味があるようにも思えます。

しかし、親はそう思っても子供はそう思っているかは別です。

ひょっとしたら子供は勉強したくないかもしれない

進学よりも就職を望んでいたかもしれない。

結局お金を返済するのは子供になるわけで、

親もよく考えず奨学金をもらう人も多いのではないでしょうか。

さらに言えば、本当に進学など

勉学のみに奨学金が使われているかどうかもあやしい所があります。

実際、それで学校を卒業してどれだけのいい会社に入れるものか

もちろん、成功しいい会社に入り結果を出していける人も

いるでしょう。

でも実際問題全ての人がそうかというとそうでもありません。

そもそも、借金をしているという感覚がなさすぎると思います。

実際に返済が始まって気づくことでしょう。

借りるんじゃなかったと。

勉強ができるだけでは仕事でも成功できるとは限りません

やはり、一番重要なのは「人間力」です。

その中に勉強で学んできた「知識」などがあるわけで

勉強ができればうまくいくわけではないのです。

人間関係が合わず、入社したはいいがすぐ辞めてしまう人も多く

一度踏み外してしまうとなかなか元の位置に戻るのは難しい。

ブラック企業に入ってしまうパターンもあり、

身も心もボロボロになって、さらに返済でお金もとられていく

一体何のためにお金を借りてまで進学したのか・・・

返済が滞ると

Sponsored Link

すぐさまブラックリストに載ってしまいます。

ブラックになってしまうと、5年の間ローンを組んだり

クレジットカードも作れない。

社会に見放されるということですね。

返済を滞納してしまうほどですから、5年間で

状況が変わりうまく返済できるようになるとも限りません。

本当に子供がやりたくてその道へ進むためにお金を借りるなら

まだしも、おそらくは親の願いなどもあったのではないでしょうか?

夢を見すぎてもしょうがない

実際にお金を借りずとも自分の力でがんばる人もたくさんいます。

もちろん苦労は並み大抵のものではありません。

よく親御さんが

「自分が苦労してきたから、子供にそんな思いさせたくない」

というような言葉をいいますが、全くの逆です。

その苦労があったからこそ親御さんは成功し子供を育てることが

できたのです。

その苦労は子供にもぜひ経験させてあげて下さい。

そういった苦労を知らないからこそ、

少しの挫折で心がボッキリ折れてしまうのですから。

子供が自分の力でできることを

応援してあげればいいのではないでしょうか?

教育ローンのようなもの

結局、お金を借りて進学し、学んだスキルを活かして

仕事に就くも給料が少なく、奨学金返済でも

お金を持っていかれる。

奨学金などというかっこういい名前を使うからいけないんです。

「ローン」です。

学生ローンみたいな名前にすれば、無理に借りようとする人も

減るのではないでしょうか?

親御さん達もいい学校を卒業させたのに、子供が返済を滞納して

ブラックリストにのったりすることを望んでいるはずはないですし。

これから、子供の奨学金を考えている人は注意して下さい。

良いのはその時だけです。

あとから自分で借りた感覚が薄いのに

子供が多額の借金を背負わされ、

長い間、毎月せっせとお金を返さなければ

ならない状態はキツイですよ。

あそこの家の子も借りたからウチも借りようなど

日本人の周りに影響されすぎるという

悪い所もあると思います。

まとめ

アルバイトのお金が盗まれた?盗難対策と犯人の特定の仕方とは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...

いかがでしたでしょうか。

最近、奨学金のニュースをよく目にします。

返すのがつらいとか滞納したなど。

「ではなぜお金を借りたの?」

と問いたくなるようなニュースばかり。

お金を借りるってとても大変なことですし

簡単にお金を借りれてしまうようなシステムにも

問題がありますね。

・奨学金をもらって良い(高い)学校へ進学できる。

・奨学金の金利はなんと0.16%

返済は親ではなく子供になる

・子供が就職して収入が発生する時点で返済が始まる

・結局、返済がネックとなりお金が無い若者急増

・滞納すれば即ブラックリストの仲間入り。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする