サルモネラ食中毒の原因は生卵?急な水のような下痢や発熱の原因は?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

飲食業の方は他人事ではない食中毒

食中毒はいろいろありますが

サルモネラ感染症7月~9月頃によく起こります。

食中毒の中ではけっこう地味な感じです。

というのも成人の方はそれほど重症化することがありません。

症状も命に関わるようなレベルでもなく、調子が悪いと放っておいても

そのうち治るようなことが多いです。

しかし子供や、高齢者の方は重症化する場合もあるので楽観視はできません。

地味めなサルモネラ食中毒ですが毎年夏かなりの確率

みなさんは感染してるんですよ。ただ、それが体調不良だろうと勘違いしているだけで

実はサルモネラ菌による食中毒と考えていないだけなんです。

サルモネラ感染症とは

意外と名前だけは知っていますよね。

食中毒といえばO-157やノロウイルス、などが有名になってしまい

サルモネラ感染症はあまりニュースになったりしません。

病院に行かず何日かすれば治ってしまうことが多いからです。

ですが、毎年夏でお腹を壊したかな?と思う時ありませんか?

突然、水のような下痢になってしまったりしませんか?

実はサルモネラ菌に感染したからかもしれませんよ?

何よりも食中毒界では代表的な存在だからなんです。

エースではないがキャプテンってところです。

食中毒の基本

なぜ食中毒を起こすのかを誤解されている人も多いです。

食中毒を起こす菌を体内に取り込むのが原因です。

ほとんどの人はそう思っている人が多いです。

確かにそうなのですが私たちの周りにはたくさんの菌が生息しています。

食べ物や服、手などにもどこかしら菌がいるものなんです。

菌を少し体内にいれてもそれほど問題はありません

抗体が代わりにやっつけてくれるからです。

問題なのは体内に入る菌の量です。

冷蔵庫を使わず放置したりすると菌は爆発的に増殖します。

その状態で口にいれるから食中毒を起こすわけです。

ほとんどの場合が調理者の知識や管理の甘さからくるものなんです。

サルモネラ感染症の原因

サルモネラ菌は主に卵が原因の場合が多いです。

1gに対し菌が1万個以上増殖しているものを食べると感染します。

低温や感想に強い性質があり、冷蔵庫内で食材を保管していても

増殖を抑えるくらいしかできません。

よく言われるのが卵のカラです。

カラの表面にサルモネラ菌が付着しているとよく言います。

ですがカラばかりでもなく中身の卵も感染していることがあります。

夏場は生で食べるのは控えた方がいいかもしれません。

卵だけではなく、鶏肉豚肉牛肉など食肉にもいますし

それらにふれた調理器具からも感染します。

ペットからも感染する可能性があります。

犬や猫、ネズミや虫などにもサルモネラ菌は存在します。

糞尿などから感染するケースが多いですね。

サルモネラ感染症の症状

潜伏期間12時間~2日ほどと言われています。

食中毒は基本的に食べてから8時間以上たたないと発症しません。

例外もありますが、ほとんどあてはまります。

代表的な症状は水のような下痢です。

おへそ周辺の腹痛嘔吐発熱もあります。

特に発熱は38度~40度くらいまであがることもあります。

風邪じゃないけど熱っぽいなんて時はこの可能性がありますね。

子供や高齢者は油断すると細菌性髄膜炎の原因となりうる菌血症を引き起こし

重症化することもあります。子供や高齢者が水のような下痢をした場合は

一度病院へ行くことをオススメします。

サルモネラ感染症の治し方

これこそが、名前は知られてはいるが今いちメジャーになれない理由の一つです。

放っておけばなおります

言い方が悪かったですね・・・体内の抗体がかなりの確率で

自分に代わりやっつけてくれるんです。

症状が出て3日前後すれば次第に治っていきます。

早く治したい場合は

整腸剤などを飲みながら消化の良いものを食べつつ静養して下さい。

病院に行くことも大事ですが、お金もかかりますし

成人ならば3日経っても収まらないようでしたら病院に行った方がいいです。

下痢止めは飲んではいけません。水の下痢にも意味があり

腸内に潜むサルモネラ菌を体外へ出そうとしている証拠なのです。

水下痢が続くということはまだ腸内に菌が潜伏している可能性があるということ。

それを止めてしまったら腸内に残った菌が何かのきっかけでまた増殖し

同じ症状をぶり返すこともありますので。

サルモネラ感染症の対策と予防法

Sponsored Link

食中毒の対策や予防法はだいたい似ている所が多いです。

特にサルモネラ感染症は夏場に多く、

同じ対策をすることでその他の食中毒も予防できます。

火をよく通す

生っぽいものは食べず、火をよく通しましょう。

卵にしても火を通せばサルモネラ菌は死滅します。

食肉にも同じことが言えます。

あと夏場は生肉などを食べるのも控えた方がいいでしょう。

まな板を殺菌すること

火を通せば大丈夫だろ!と考えている人も多く

意外とまな板をおろそかにする人が多いです。

まな板を使って様々な食材を切ります。

生肉も切ることはあるでしょう。もちろん使ったあとは洗剤で洗うと思います。

ですが、まな板には包丁でできた細かい傷が実はあるんです。

その傷の間に菌が付着し洗い流されないことがあります。

洗ったと過信し、まな板を一日放置すれば菌が増殖しており

それに気づかずに次の日に食材を切るでしょう。

それが生野菜であれば菌が野菜に付着し、それを食べれば発症となるわけです。

サルモネラ菌は市販の消毒液でやっつけれます。

特に夏場はまな板を使った後は洗剤で洗い流したあと、

消毒液をスプレーなど使ってかけてあげれば次の日も安心して使えます。

手を洗う

これも基本中の基本ですね。

手を洗うのは口に食べ物を入れたり食材を触ったりする時の予防ですが

それだけではありません。

ドアノブやエレベーターのボタンなど手がふれる所に菌がついているからです。

そして、綺麗な取っ手に菌をつけないという意味もあるんです。

また、ペットを触った後も必ず手を洗うようにしましょう。

まとめ

食中毒の原因や種類と対処対策や予防策は?知っておきたい情報8選
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 飲食店...

いかがでしたでしょうか。

夏にお腹を壊した!なんて人は意外とサルモネラ食中毒だったりします。

わかってはいても生卵食べたいですよね。

症状も軽いこともある分、わかってはいるが食べてしまうなんてこともあります。

知識を持っていれば、もし感染したとしても

慌てず対応ができますが子供や高齢者の方の場合は注意が必要です。

・サルモネラ菌はに注意!

・サルモネラ菌は卵以外にも食肉やペットにも注意!

・成人が感染してもそれほど怖くはない

毎年ほとんどの人が感染している可能性がある

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする