通勤時のルーティンを作って仕事の結果を出すには?無駄な時間を有効利用しよう

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

一日に始まりと終わりがあるように、

仕事にも始まりと終わりがあります。

仕事を始める前に必ず皆さんが通る道があります。

出勤です。

朝からダルイなぁと思って出勤していませんか?

それがいけないことではありませんが、そのまま仕事に入って

集中力を欠いたことはありませんか

一日の始まりでもある出勤の仕方を考えてみましょう。

出勤方法の違いで少しでも仕事を快適に行えるならば

それにこしたことはありません。できるあの人とあなたの差は

こんな所にあるのかも?

出勤方法の種類

毎日皆さんいろいろな手段で会社やお店に出勤されていると思います。

・電車

・車

・バイク

・自転車

・徒歩

こんな所でしょうか。

中には飛行機を使う方もいるかもしれませんね。

ほとんどの方は電車か車なのではないでしょうか?

ルーティンとは?

ルーティンとは「あらかじめ決められた動作や流れ」です。

一言で言えば習慣です。

よく出かける時に靴は右から必ず履くとか言う人いませんか?

それも立派なルーティンです。

いつも同じ行動をし、いつもと同じ調子を保とうということです

有名な話ですが、イチロー選手はバッターボックスに入る時

ルーティンを行い、結果を出してきました。

それだけではなく練習する時間や食事メニューなど決められた

習慣を作り同じ日々を繰り返してきたのです。

なんでもそうですが、

いつもと同じことをやっていると落ち着くものです

逆にいつもと違う時間に起きたり、

違うことをすると調子が悪くなりませんか?

一種の願掛けのようなイメージもありますが、そんなことはありません

朝ご飯をいつも食べない人が、健康に悪いからと無理して食べると

お腹を壊したりします。

健康かどうかではなく、

いつもと違うことをすると調子が狂うということですね。

忙しくてルーティンなんてできないよ

毎日働いている皆さんにとって、じゃあ明日から

毎朝ランニングをしようとか、

家に帰ったら腹筋を50回するんだ!とか決めたとしても

なかなか継続は難しいでしょう

個人によって意思の差はあるかと思いますが、仕事と平行して

何か別のことをこなして行くというのは普通に考えて続けにくいです。

しかし、

だからこそ、結果もあまり出せないのかもしれません。

毎日腹筋することが結果に繋がるのではなく、

自分で設けた課題を毎日繰り返すことで自信がついていくんです。

別に腹筋をすることが最善ではなく何でもいいと思うんです。

ただ、毎日働いている皆さんには時間が無いのも事実だと思います。

そこで通勤時間を有効に利用しようというわけです。

ルーティンの一例

Sponsored Link

これから一例として紹介しますが、それが最善ではありません。

いろいろな人がいます。答えは一つではありません。

自分なりのルーティンを作って下さい。

時間をつぶすということではなく、あくまで今回は

出勤して仕事に繋がるためのルーティンとして紹介します。

適当なルーティンでは意味がありません。

必ず目標がありそれにそったルーティンであることが大事です。

電車通勤

電車内で皆さん何をしていますか?

本を読みますか?スマホを眺めますか?

だいたいスマホで何かしている人が多いのではないでしょうか。

もちろん何をしてもいいと思います。

例えばパズルゲームなんて良いのではないでしょうか。

毎朝、必ず一問クリアするでも良いと思います。

パズルをすることによって頭を使って脳が活性化し、

朝から仕事も快調になるかもしれません。

車通勤

車を運転をするので、何かをするというのは難しいです。

安全を心がけるため、運転でのルーティンを設けるのは

あまりよくないかもしれません。

例えば、これを聞いたらモチベーションが上がるという

音楽をかけるというのはどうでしょうか?

目的地から逆算し、あの信号からその曲を流せば

会社に到着と同時に曲も終わるようにするとか。

会社に到着と同時に曲がぴったり終わったなら

気分爽快ですよね。

仕事で困った時などにその曲を聞けば力が湧いて

トラブルも解消できるかもしれません。

自転車や徒歩

自転車や徒歩なんて、

それ自体がもはやルーティンのような気もします。

毎日体を使うことにより、血流がよくなります。

血の流れがよくなるということは、脳へ流れる血も多くなり

朝の仕事にもとても良い影響があるのではないでしょうか?

徒歩ならば万歩計を持つとよりやる気が出ると思います。

毎日これだけ歩いているんだという結果が自信に繋がることでしょう

私はよく自転車で通勤をしておりました。

徒歩もいいのですが、どうしても腰に負担がきてしまうので

そういう意味でも自転車はとても良かったです。

朝から眠気もなくすぐに仕事に入ることができました。

やはりもし可能であれば体を動かす出勤方法の方が

メリットは大きいのかもしれませんね。

まとめ

運動不足を解消するために通勤電車の空き時間を利用?階段やつり革?揺れすらも?
外国人レンタカー事故多発!車通勤での巻き込まれに注意!
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 通勤で...

いかがでしたでしょうか。

今回は朝の通勤時のルーティンの考え方でしたが

いろんな所でルーティンは使えると思います。

大事なのは毎日続けることです。

無茶な課題は続かないので気を付けましょう。

うまく使いこなせばイチロー選手のように

偉大な結果を出せるかもしれません。

・ルーティンを使って結果を出し続けよう

考え方が変わるだけで結果も変わる

時間を有効活用してみよう。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする