飲食店やレストランのリピート率を上げる方法は?付加価値で生産性をあげる?2017年最新情報

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

顧客満足度のお話は何回かしてきました。

今回は

飲食店での最新のお客様に喜んでもらえるためのサービス

ご紹介いたします。

大手企業ではどんどん取り入れている傾向にあります。

大手に張り合う必要はありませんが、個人店でも

取り入れることができれば顧客満足度が上がり

同じお客様が何度も足を運んでくれるようになるかもしれません。

このリピート客を作るのは売上UPの為にはかかせません

商品力だけでまかなえるならばそれにこしたことはありませんが

それ以外での方法をご紹介いたします。

付加価値をつける

商品力をさらに強くするもの。それが付加価値です。

商品を買う時に特典とかよくついてますよね。

最近では別に限定BOXなども販売しており

金額を上乗せされたりしていますが

それは純粋な付加価値とは言い切れません。

付加価値とは

同じ金額でさらに別のもなどがついてくることです。

例を挙げると

・子供を遊ばせておける預り所があるデパート

・そこで買い物をすれば車の駐車代が無料になる百貨店

・購入するとくじが引けて物が当たるキャンペーン

昔、駄菓子屋などで売っていた「当たりつきアイス」

まさに付加価値がついてますよね。

付加価値は物だけではない

付加価値は物だけではありません。知識経験ですら

付加価値となりえます

生命保険の営業さんから保険の契約をするとします。

自営オーナーさんが保険に入る場合、

長い付き合いとなることでしょう。

生命保険の営業さんは

はっきり言えば、保険に関しての知識は持っていて当たり前です。

しかし、もしその営業さんが

オーナーの知りたいこと興味があること詳しかったとしたら?

節税対策マーケティングの知識幅広い人脈などを一緒に

持っている保険屋さんと、ただの保険屋さん

どちらと契約したいと思いますか?

決まってますよね。

保険を契約すれば付加価値の高い

知識のある営業さんとお話をすることができたら

自分に対してもたくさんのメリットがありますから。

最強の付加価値を有しているのはコンビニ

みなさんよく利用しますよね。

私もよくコンビニを利用します。

なぜコンビニを利用してしまうのでしょうか?

ひと昔前ならば、

雑誌が欲しければ本屋に。

薬が欲しければ薬屋に。

弁当が食べたければ食べ物屋に。

ペンが欲しければ文房具屋に。

しかしそれらが全てコンビニにそろっています

ボールペンと週刊誌が欲しいとします。

状況にもよりますが、

本屋に行って文房具屋に行く。とはなりませんよね。

2つともコンビニですぐ買えてしまします。

複数の場所へ行く必要がなく、一か所へ行くだけ

欲しい物が手に入ってしまう。これこそがコンビニの付加価値です。

だからついつい行ってしまうんですね。

昔も付加価値は存在した

昔ももちろん付加価値をつけて商売している所も

たくさんありました。

「ご飯おかわり無料!」

「キャベツおかわり無料!」

「味噌汁飲み放題!」

よく見かけましたよね!

ただ、この付加価値の場合、客層が限定されてしまいます。

女性や食の細い人にはあまり価値がありません。

飲食店での最新の付加価値情報2017

Sponsored Link

大手飲食企業などどんどん取り入れている

付加価値情報をご紹介いたします。

充電サービス

ちょっと前では携帯の電池切れに対し、コンビニで

単三電池で充電する携帯充電器や、

自宅で充電しておくタイプなど自分で用意するのが主流でした。

今では、お店の各カウンターごとに電源コンセントが用意されており

そこにコンセントを差し込んで携帯を充電したり

パソコンで仕事したりできます。

ただ、ご飯を食べるためだけではなく、あそこへ行けば

ご飯を食べながら充電できちゃう!とリピート客を

増やしています。

もちろん電気代は上がってしまいますが、それ以上に

来客数を増やして利益を上げようということですね。

WiFiサービス

最近いろいろな所で見かけませんか?

「WiFi使えます!」

ガラケー時代から今ではスマホが主流になり

データ通信量が大幅に増えております。

あまりにもスマホが増えすぎた為、回線もパンク状態。

それを回避するために決められた通信量を超えると

通信速度が大幅に遅くなるというのが現在の状態です。

WiFiというのは言ってみれば家で固定電話を使うような

イメージといいましょうか。

簡単に言えば

WiFiを使うとスマホのデータ通信量がかからないんです。

スマホを使わない人はいません。ましてやたくさん使う人は

家だけでなく、外でも使います。

すぐに通信速度が遅くなってしまうんですね。

なのでWiFiスポットが飲食店にあれば

スマホをやるために食べにくるというわけです。

無線LANと同じ感じで限定的なエリア内でしか

使えないため、WiFiスポットに人が集まってくるわけです。

マンガ読み放題サービス

昔の大衆食堂やラーメン屋などに

ちょっとした漫画が棚におかれてましたよね。

ただ、1タイトルだけとか、巻数がそろってないとか

言ってみれば料理が出るまでの暇つぶし程度でした。

しかし最近では漫画喫茶までとは言いませんが、

大きな棚にたくさんの漫画がおかれている飲食店も増えました。

しかも漫画喫茶と違い、読むのにお金はかかりません。

最近人気の漫画などを集めれば、

それ読みたさにリピート客も急増というわけです。

他のお客の目もあるので忙しい時間帯はあまり居座りません。

なので、続きを読みにまた来店するという作戦です。

定期的に漫画を入れ替えてあげれば、リピートも続くでしょう。

まとめ

飲食店の売上アップの具体的な方法は?起きやすいクレームは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...
アルバイトや社員の接客レベルを高め向上させるには?されて嬉しい接客とは?心を動かす?

いかがでしたでしょうか。

最近ではお客様も昔とは違い、

付加価値を付けないとなかなか消費ししてくれません

付加価値を付けるということはお金や時間がかかってしまいます

一見、損をするようにも感じますが

長い目で見れば、集客でき、時間はかかるかもしれませんが

ちゃんと元を取ることができると思います。

もしまだ付加価値のサービスをやっていなかったら

どれか一つでも始めてみてはいかがでしょうか。

・リピート客を増やすには付加価値をつける必要がある

・付加価値は物だけではなく知識や経験、接客なども含まれる

・最近では付加価値を付けないとリピート客もつきにくい

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする