飲食店のサクラの使い方と効果はおすすめ?集客や売り上げアップ!

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

今まで集客方法は何点かお話してきました。

お金を使ったり、ネットで紹介して

店舗をライトアップしたり。

これらは言わば経営者、責任者クラスが行う集客方法です。

今日お話しするのはまさに最前線での集客方法です。

アルバイトさん、社員さんなど従業員の方が目の前を歩いている

お客さんの気持ちを掴んで来店を促す方法など

いわば「原点」に帰った話です。

やはり現場での集客が一番お金がかからず簡単

うまくいけば従業員たちのやる気まであがります。

偽客(サクラ)を使う方法

サクラって聞くとものすごいイメージが悪いですよね。

なんだか悪いことをしているようなそんな気もしてきます。

しかし、それは悪い使い方をして人をだますような行いを

サクラと呼ぶように間違って広まってしまったためです。

サクラは言うなればビジネスの戦略ともいうべきものです。

今回お話するのは、サクラを使った心理効果です。

原始的かもしれませんが、けっこうバカにもできないんですよ。

いろんなサクラ

サクラのイメージは悪い印象の人が多いと思います。

しかしサクラと言わず、サクラと同じ効果を使っている

ものもたくさんありますよ。一つ紹介しますね。

・TV収録での観客の拍手のしこみ

よく収録前にADさんが観客の方々に、

「それでは拍手の練習をしま~す!」

なんて言って練習させますよね。

これも言ってみればウソの拍手であり

サクラと同じ効果です。

この拍手の大きさでTVを見ている視聴者は

盛り上がっているな雰囲気を感じ取るわけです。

笑い声とかも同じですね。

サクラは3人以上が良い

科学的に3人以上いた方が効果がでやすいそうです。

よく聞くのは講演会などでの質問時の風景です。

「質問がありましたらお受けします」

質問タイムなのに、誰も手をあげず静まり返る場・・・

質問がないわけではないのに、静まりかえる中に

手を上げる勇気が・・・そんな時ってありますよね。

でもここでサクラを使うんです。

「はい!」

元気よく手を上げるサクラの人。

質問され返答し終了。

さて次は誰か上げるのか?と思っていたら

別のサクラの人が間髪入れず手を上げる

終わると同時に3人目のサクラ「はい!」

こうなると他の人たちも質問がないわけではないので

我も我もと手をあげ質問タイムは大賑わい

こんな話をよく聞きます。3人がいいのか

はっきりはわかりませんが、

サクラの効果はおわかりですよね?

サクラがもたらす効果

つまりは安心させる興味を持たせる

そんな心理効果を使うということです。

入ったことのないお店に入ろうとしたら

お客が誰もいなかった・・・とても入りずらいですよね。

でも入ろうとしてお客が何人かいた・・・入りやすいです。

同じ人間がいることで安心するんです。

サクラの使い方 飲食店

Sponsored Link

「お昼休憩で食事をしに飲食街を歩いていたら

前を歩いていた5人グループが横の飲食店に

入っていった。自分は行ったことがないけれど」

こんな場面に遭遇したら普通に歩いている時は

通り過ぎるお店でも、なんだか急に興味が湧いてきませんか?

これもサクラ効果ですよね。

つまり

お昼時にお腹を空かせて歩いてくるサラリーマン達の前を

雇ったサクラなり従業員でもいいと思いますが

前を歩いて見せ、自分たちのお店に入って行けば

つられて入ってくる可能性が高いということです。

お店の入り口を開け放つのも効果的です。

歩いている人たちは自然と

ドアの開いている店内を覗き込みます

店内にいるお客さんが

サクラとしての効果を果たし来店動機に繋がります。

全面ガラスばりのお店なんかはそういった効果も

利用しているのです。

サクラの使い方 物販

人だかりができていたら、なんだろう?と

興味を持ちませんか?

商品の実演販売などで人だかりができていると

自然と人は足を止め、その輪に入ってきます。

大抵、人だかりができている中にはサクラがいると思います。

誰かが興味を持っている自分も興味を持ちやすいんです。

ワゴンの中に商品を入れて、それを売りたいならば

そのワゴンの商品を手にとって見ているお客を装う

他のお客さんも何気なく興味を持って近づいてくるものです。

入り口の正面に売りたい商品を置くと売れるのは

もちろん魅力的な商品だからもありますが、

来店した人がまず目に入った目の前にある

正面の商品に興味を持ち、足を止めて見ます。

そのお客さんを見て

後からきたお客さんも足をとめてまずは見てみるのです。

最初のお客さんがサクラとしての効果を果たし

サクラを使わずとも勝手に売れていくんですね。

見ていないようで見ている

人は見ていないようで周りの人の動きを

見ているんですね。

「他人なんて関係ないよ」

みたいな発言をする人でも周りの動きを

見ていないようで見ており、

惑わされているのかも知れませんね。

まとめ

お客様への呼び込みを効率的に効果を上げる方法は?声出しのテクニック!
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...
飲食店での客単価を計画的に上げる方法やコツとは?値下げや割引はNG理由とは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 飲食店...
ポスティングの反響や集客効果は?反応率を高める方法やトラブル回避のコツは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 近隣の...
飲食店の売上アップの具体的な方法は?起きやすいクレームは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...

いかがでしたでしょうか。

サクラと言ってもいろいろなサクラが

あるんですね。

今回のお話は来店動機購買意欲高める

効果を狙ったものですが、

中にはこれを利用し悪用する人もいます。

そうならないよう気を付けて下さい。

現場でも使える集客方法はたくさんある

サクラを使った集客効果がある

・人は結局人の動きに影響を受けている

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする