プレミアムフライデーの意味やみんなの反応は?休みが増えた会社はあるの?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

最近、話題のプレミアムフライデー。

ハロウィンなど、何かと横文字ばかりが増えてきました。

まだ全然定着していないと思いますが、

こんなの絶対にサービス業界は無理ですよね。

むしろその逆になりますよ。

何が得なのかにもよりますが、不公平感がものすごいです。

プレミアムフライデーと聞いて浮かれ騒いでいるOLの横で

死んだ魚のような目をしながら自分には関係無いと

うつむく飲食店員。

本当に喜ぶのはサービス関係の企業側ですね。

プレミアムフライデーって何?

平成29年2月24日(金)から始まります。

プレミアムフライデーという名前自体はあまり意味はありません。

簡単に言えば、月末の金曜日の仕事は15時で終わりにしよう!

という試みです。

決して国からの強制ではありません。

イベントのようなものでしょうか。

「ただの15時上がり」ではキャッチーではないので

「プレミアムフライデー」

というキャッチコピーを作り、話題性を高めているだけです。

みんなの反応は?

実際、みなさんの反応はどうなのでしょうか・

「やった!うれしい!」

「土日と合わせて旅行に行きたい!」

「2時間も早く帰れるなんて」

「どうせウチの会社はないよ」

「つまりウチのお店に早い時間からお客が来て忙しいのね」

「飲食店員は逆にとれる休みが減るよ!」

やはり、いわゆる大手のサラリーマンやOLの方には

プレミアムになるでしょう。

一方でサービス関係で働いている人は仕事が増えるということで

冷ややか目線になっているのではないでしょうか?

休みが増える人

大手で働く人は比較的15時に上がれるのではないでしょうか。

そもそも、15時だろうが17時だろうが帰れる人は帰れます。

22時を過ぎても帰れない人もいます。

ただ、日本人は何か決まり事が無いと動きにくいもので

その習性を活かしたものですね。

作業の量の差もありますが、

ちゃんと計画的に進んでいるかどうかではないでしょうか。

夏休みの宿題を思い出します。

夏休みが終わる頃って二極化しますよね。

・宿題が終わっていてのんびりする側

・宿題の山に埋もれて猫の手も借りたい側

夏休みの宿題が計画的に終わる側の人は

大手を振って15時に上がり好きなことができるでしょう。

ブラックな所はどんなに計画的に仕事を進めても

次から次へと仕事が降ってくるとは思いますが・・・

休みが減る人

月末金曜はサラリーマン達にとってすでにお祭りの日でもあります。

居酒屋で浴びるように酒を飲む日です。

給料が出たばかりですし、

次の日が土曜ということもあり、

深酒して潰れてもなんとかなる日なんです。

居酒屋に限らず、他の飲食店もいつもの金曜以上に

忙しくなることが予想されます。

「お店の売上が上がるならいいことじゃないか!」

そう思う人は何もわかっていません。

いわゆるオフィスでパソコンの前でカタカタと仕事をしている人が

何か病気で休んだとします。

遅れた仕事は誰かが肩代わりするわけではないでしょう。

休んだ人間がどこかで挽回する必要があると思います。

「だからなんだ?」

そう思う人はやっぱり何もわかっていません。

飲食店で働く人がもし病気で休みになったら。

本来5人で働くはずなのに4人になってしまうんです。

代わりなんてもちろんいません。

ただただ負担が増えるだけなんです。

あとで挽回とかそういうことではなく

今、その瞬間に人が必要なんです。

ひょっとしたら

その時間を乗り切ることができない可能性もあります。

しかも15時で上がりということは来客も早まり

いつもはヒマだった時間も忙しい状態になる。

ただでさえ人がいなくて困っている飲食業界

外国人の店員を毛嫌いするお客さんもいますが

もっともっと外国人店員が増えることでしょう。

いつも大変なのに、プレミアムフライデーでさらに

大変になったら嫌気がさして辞める人も増えるかもしれません。

想像して下さい。

自分は全然休めない状態で時間もなく人もいなくて

負担も大きいのに楽しそうに過ごすお客さんたち。

酒が遅いと怒鳴るお客

何かあればすぐクレームを言い店員に頭を下げさせる

それなのに、プレミアムフライデーの導入で

さらに忙しい時間が増え、さらに楽しそうに見えるお客。

自殺者も増えるかもしれません。

誰が得をするのか?

Sponsored Link

休みが増える人はきっともう十分休んでいます

別にプレミアムフライデーなんかなくても自由に

旅行に行ったりしているでしょう。

ただ、お金をたくさん使っている可能性があります。

クリスマスはケーキやプレゼント

バレンタインはチョコ

大晦日はそばを食べる

正月はおせち

結局は全てマーケティングの戦略なだけです。

いかにお金を使わせるか。

得をするのは経営者や役員側、株主などであり

そこで働く一般従業員の給料が上がるわけではありません。

ただ負担が増えるだけです。

大手企業は労働時間を短縮できるし

有給休暇の取得率が減るかもしれない。残業代も減るでしょう。

起業のイメージアップにもつながります。

サービス業界は何もしなくても売上が上がり

勢いに乗ることができるでしょう。

ひょっとしたら

政府の2020年以降の景気減退への一つの対策

なのかもしれませんね。

不公平感が半端じゃない

一体誰がのぞんだのか・・・

休みをとれないことへの対策?

休みなんて取れてる人は十分とれてます。

休みをとれない人はとれない理由があるんです。

そこが解決されなければ公平とは言えない。

むしろ余計にとれない人が増えることでしょう。

何が一番の解決なのか?

昔は正月と言えば、どこも営業しているお店なんて

ありませんでした。

おせち料理というのは日持ちさせるための料理なんです。

1月1日から3日くらいどこにも買い物に行けませんから。

それが今ではコンビニやファミレスなど

休みなしで24時間営業している所もたくさんあります。

そこで働いている人たちはいわゆる祝日や休日は働いています。

平日に休みを取るようにしているとは思いますが

なかなか難しい所もあるでしょう。

では給料面はいいのかと言えば、そうでもないです。

もしくはサラリーマンの人達よりも低い可能性もあります。

私が考える公平な休日、もしくは祝日は昔の正月のような

誰一人として働かない日を作るということです。

そうは言ってもセキュリティ関係や原子炉の管理など

絶対に休めない人もいるとは思います。

せめて、一般の飲食などサービス業など全て休ませる日を

1年に1回でもあるだけでサービス業界で働く人たちにとっては

心の拠り所になる気がします。

まぁ絶対に無理な話なんですが・・・

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ちょっと偏った目線になってしまいました。

しかし、飲食業やサービス業界の大変さを

一般の人たちにも少しでも知ってもらえたら幸いです。

「飲食店なんてただ、ご飯作ってるだけでしょ?」

みたいに思っている人がたくさんいるものですから。

・プレミアムフライデーは毎月の月末金曜のこと。

・月末金曜は17時終業ではなく15時終業

・強制ではないので全ての職場がそうなるわけではない。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする