電気電力自由化のメリットや比較の調べ方は?自分で調べるのは面倒くさい人へ

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

2016年4月より始まった電力自由化

今まではその地域で決められた電力会社との契約しか行えませんでしたが

電力自由化が始まり古くからある電力会社の他に

新規参入した電力会社に乗り換えることも可能なりました。

今までは電力会社は一つしかなく

値上げと言われてもこちらが涙を飲む以外に選択肢はありませんでした。

しかし、電力自由化により電力会社の競争が始まり

少しでも顧客を取り込もうと値引きやお得プランなどを

こちらが選べるようになりました。

牛丼屋さんの価格競争と同じ状態です。

ご家庭や職場でもうまく選ぶと年間で1.5カ月分くらいの金額がお得に!

もうすでに乗り換えた人もいればよくわからないから昔のままという人もいると思います。

電力自由化での電力選びに少しでもお役に立てたなら幸いです。

Sponsored Link

電力自由化での電気に対する不安

電力自由化により携帯電話会社を選ぶような感覚

自分達が使う電気をどの会社から使うか選べるようになりました。

現在は100社以上の様々なジャンルの会社から電気を買うことができます。

いろいろなジャンルの会社がある

自由化になってもどんな会社があるかよくわかりませんよね。

電気と名の付く会社ばかりではないんです。

もともと電気を扱っている会社

ガスを扱っている会社

石油を扱っている会社

通信サービスを扱っている会社

コンビニメインの会社

電車メインの会社

などなど、電気という枠にはまらずいろいろな会社が新規参入しており

お互いが料金やプランをお得にしようと切磋琢磨しています。

身近なガソリンコンビニ電話代電車賃など、電気を乗り換えることにより

別の特典サービスが受けられることもあり、もともとの電力会社にとどまらず

新規会社へ乗り換える人も多いんですね。

新しい電力会社って信用していいの?

電力自由化によって新しい電力会社を選ぶことができるのはいいことですが

今までの東京電力など大手の会社から新規の会社に乗り換えるのは

ちょっと不安がありますよね。

停電するんじゃないか?

会社が潰れたら電気はSTOPしてしまうんじゃ?

乗り換えた会社のトラブルで電気が不安定になるのでは?

誰だって不安に思う気持ちは一緒ですよね。

電力自由化の仕組み

電気は物のように固まったものではありません。

それをどうやっていろいろな会社が各家庭や会社へ電気を届けるのでしょうか?

電気を届ける方法は一つしかありません。

電線を通して送電することです。

しかし、各会社別の電線が用意されているわけではありません。

電線は今まで使っていたものをそのまま使っています。

ではどうやって新規会社から乗り換えた家庭に電気を届けるのか。

実はその考え方が間違っています。

なんです。

各家庭で使った分の電気をメーターで計り、

その使った分だけ後から各会社が電線に電気を流すんです。

大元の電力会社が最初から日本全体で必要分の電気を流しています。

減った分だけ各会社がつぎ足すイメージですね。

新規会社の不備で停電などはしない

人は完璧ではありません。人が集まった会社も完璧ではないです。

今まで実績のある電力会社から電力初参入の会社に乗り換えたはいいが

会社の不備などで突然停電になったりしないのか?

新規参入会社の不備などで停電にはなりません。

確かに新規参入の電力会社の不備で会社の機能が止まることはあるかもしれません。

ですが、電気は問題なく流れており停電にはなりません。

先ほどの説明通り、電気自体は常に流れており

そこから私たちが電気をすくい上げて使っています。

使った分を電力会社にお金として払っており

その使った分を各電力会社が電線へと電気を流しているんです。

もしその新規電力会社がトラブルが起きて止まってしまっても

大元の電力会社が常に電気を流し続けているので電気自体止まりません。

その乗り換えた新規電気会社が常に電気を流しているわけではないのです。

乗り換えた電力会社が潰れたら電気はSTOPするの?

それもご安心下さい。

上記の説明と重なってしまいますが、

新規電力会社が電気を流して私たちの所へ届いているわけではありません。

大元の電力会社が常に電線に電気を流している状態です。

そこから私たちが電気を使っており、使った分を新規電力会社がつぎ足している。

なので、乗り換えた電力会社が潰れてしまっても電気自体は止まることはありません

ひょっとしたら契約の関係上1カ月分など値上がりしてしまう可能性もありますが

すぐに新しい電力会社へ乗り換えれば何も問題ありません。

電気を選ぶということ

Sponsored Link

電力自由化で金額やお得プランなど選ぶことができるようになりました。

今までは使った電気は同じ金額で払っていましたが

電力会社によって様々なプランが存在し、

ライフスタイルにあった選択ができるのも自由化の魅力の一つです。

ライフスタイルは人それぞれ

昼間仕事をしている人は家に帰ってくるのはです。

逆に夜に仕事をしている人お昼に帰ってきますね。

平日はほとんど家にかえらず、土日は一日中家にいる人

逆に土日だけ家にいない人も。

自宅でお仕事をされている人は年中家にいますよね。

電気の使い方もライフスタイルによって様々になっています。

深夜の時間に起きて電気を使う人には深夜に電気代が安くなるプラン

いっぱい電気を使う人には使うほどにお得になるプラン

など選択できるのが利点です。

時間帯で金額を分けることにより夜に電気を使う人が増えてくれば

昼間に流す電気量も抑えることができて日本全体としてecoになるということですね。

電気は保存ができないため常に電気を作って流し続けています。

原発もフル稼働ですね。

ですがお得プランで使う時間帯を分けることができれば

昼間に使う電気が夜に移行し

昼間にフル稼働していた原発も少し余裕ができるかもしれないです。

原発削減に繋がる可能性もあるかもしれません。

これはとてもいいことですよね。

スマートメーターの設置

電気使用量を計る電気メーターが各ご家庭にあるかと思います。

自由化で新規参入の電力会社に乗り換えると通常のメーターではなく

スマートメーター取り換える必要があります。

もちろん業者さんが迅速に無料でやってくれますよ!

これは何かと言うと、使っている電気量30分ごと

新規参入の電力会社へ情報として送信しているんです。

使われている電気量分をその電力会社が電気を電線へ流すためです。

30分ごとに情報が送信されているため

各会社でWEB上にてあなたの時間帯別の電力使用量などが見えるサービス

あるんですよ。

でも自分で探すのは面倒くさい

電力自由化により、選び方によってはとってもお得になりました。

ご家庭で月1万使っていれば年間で1万~2万くらいお金が浮くことも!

会社や店舗で月10万使っていれば年間で10万~20万くらい浮くことも!!

さらに電力会社によっては様々な特典があります。

車をよく使う人ガソリン会社の電気を使えば電気を使うほど

ガソリン代がお得になったり!

スマホやタブレットをよく使う人は通信会社の電気を使うことにより

通信代がお得になったり!!

コンビニをよく使う人ならばコンビニ系の電力会社を使えば

コンビニで使うポイントが大幅にたまったり!!

電気代以外でも恩恵を受けることができます。

ですが、正直な話どれを使っていいかわからない

探す時間がない手間がもったいない

比較するための情報を集めることが面倒くさい

そんな人もいるかと思います。

よかったらこちらのサイトで今自宅や職場で使っている電気代を入力することで

どんなお得プランがあるのかどれが自分に合っているのかを無料で調べることができます。

よかったら電気料金選定のご参考に見て下さい。

まとめ

経費削減の提案やアイデアと税金対策のコツは?経営や運営に必要なお金の考え方とは?

いかがでしたでしょうか。

電力自由化になってから随分と経ちますが

実はほとんどの人が詳しく調べていないことや

先入観からくる不安などで乗り換えた方は意外と少ないのが現状です。

ご家庭もそうですが、特に会社や店舗など日々膨大な電気を使っている人

ぜひ乗り換えをご検討されてはいかがでしょうか?

一番の不安でもある停電や送電STOPなどは心配いりませんので!

何よりも経費が下がるのはとてもいいことです!

・電力会社乗り換えで停電や送電STOPなど心配いらない

・電力会社によっては電気代と別に様々な特典が受けられる

・もしも乗り換え電力会社が潰れてもすぐに乗り換えれば問題なし

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする