接客アルバイトの心から笑顔を作る方法やコツは?作れず悩んでいる人は必見!?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

接客業や仕事などに嫌な思いをすることは多々あります。

・クレーム

・周りの従業員同士のケンカ

・古株からの嫌がらせ

・休憩中の面倒なコミュニケーション

お客様から「無愛想だ!」と心無いことを言われたり

周りの従業員から陰口を叩かれたりなどもあることでしょう。

仕事でミスをし、それに対して過剰に責められたり。

そんな中で「笑顔が足りない!」と言われても

笑顔を作るのはとても難しい状況ですよね。

いくら笑顔の作り方を知っていようとも笑顔になれない。

こんな時はどうすれば良いのでしょうか?

評価するのはお客様

「私はこんなにがんばっているのに!」

こう思っている人って結構います。

もちろんがんばられているんだと思います。

具体的に何をどうがんばられているのかはわかりませんが、

「私はがんばった!」

というのであればがんばったのでしょう。

しかし、残念ながらそれは「自己満足」であり

周りの人はそれを評価してくれないと思います。

かけっこが苦手な友達

あなたの友達に「かけっこ」苦手な友達いませんか?

その友達は体育のテストでかけっこがあるため1カ月前から毎日毎日練習しました。

その練習している姿をあなたは知っております

そしてテスト当日、友達は練習の成果を出せず無残な結果となってしまいました。

この友達を見てあなたはどう思うでしょうか?

「今日はツイてなかったね」

「こんな日もあるよ」

「緊張して練習の成果を出せなかったね」

こんな感じで声をかけるのではないでしょうか。

では、その無残な結果隣のクラスの人が見たら一体どう思うでしょうか?

おそらくこう思うでしょう。

「足おそっ!」

ひどい言い方かもしれませんが、これが現実なんです。

お客様も一緒店員さんの過去やがんばりなどわかるわけもありません

同じような境遇で「昔から苦労しているのかもな」と感じてくれる人もいるかもしれませんが

それはほんの一部であり、その他大勢は今見た光景に対し評価を下すものなんです。

世の中、結果が全て

日本の学歴社会というのは

最近は個々の実力や能力にも目を向けられるようにもなってきました

まだまだ学歴が色濃く残っているのが現状です。

就職面接などの際に

「早稲田大学を卒業しました」「東京大学を卒業しました」では

申し訳ないのですが「東京大学」というフレーズが面接官の中に

色濃く残ってしまいます。

決して早稲田大学が悪いということではありません。

自分は高卒なので大学に入ること自体が凄いと思います。

先ほどのかけっこの話もそうなのですが

人は先入観というものにとても左右されやすいです。

早稲田大学だってかなり頭が良いはずです。

ですが東京大学日本の最高ランクの大学という先入観がとても強く

東大と聞くだけで「とてもすごい人」という印象を与えてしまうのです。

話は戻りますが、接客などでお客様が一度「この店員は態度が悪い」と感じると

先入観がついてしまい、会う度にそう思われてしまうようになります。

心から笑顔を作る方法

Sponsored Link

笑顔の作り方を学んで「さあ笑顔を作ろう!」簡単にできる人もいれば

出来ない人もいると思います。

簡単にできる人もその笑顔は本物ではなく、形だけのものかもしれません。

形だけの嘘の笑顔でも全然かまいません。

それがお客さんや従業員に対しバレなければ問題ないと思います。

笑顔の本質は「楽しい」

接客業は笑顔が大事とよくいいます。

しかしほとんどの人は仕事としての「ビジネススマイル」になっています。

もちろんそれは間違いではありません。

仕事上、良い事ばかりではなく悪い事もたくさんあるわけで

いつも楽しいわけではありません。

学生時代の親友と遊んでいた時

学校にて誰しも仲の良い友達がいたと思います。

そんな友達や親友とくだらないことで笑いあっていたのではないでしょうか?

・学校でのくだらない話をしたり

・帰り道に買い食いしたり

・一緒に勉強したり

きっと何をしても楽しかったのではないでしょうか?

周りからすれば楽しいとは思えないことも、

自分達が楽しいと感じるだけで自然と笑顔になっていたと思います。

楽しければ自然と笑顔も出てくるものです。

仕事にて「楽しい」を作る

これが一番難しいことなのかもしれません。

嫌なこともあるわけですから。

ですが学生時代でも楽しい事ばかりでも無かったはずです。

辛い事や嫌なこともあったはずです。

それを乗り越えられたのは「楽しい何か」があったからなはずなんです。

やはり一番は人間関係かもしれません。

一緒に働いていく「仲間たち」がいれば多少の辛さも楽しさに変えることができます。

仕事の中で楽しさを見つけることも必要です。

作業の達成感満足感も大切ですが、

それを共有できる仲間がいたならそれはもっと楽しくなるに違いありません。

積極的にコミュニケーションをとり職場に溶け込むことこそが

笑顔を作る最善の道です。

そんな急に変わることができない方へ

職場に溶け込むとは言うけれど、溶け込みたくてもできない人もいます。

コミュニケーションがとれるならば、笑顔の作り方なんて悩みはないはず!

そんなコミュニケーションが苦手な方転職をオススメします。

特に接客業から接客業へ行く場合は偵察をするんです。

接客にもいろいろな仕事があります。

厳しい所もあるし、和気あいあいとしている所も。

楽しい職場というのは自然と人も集まってくるものです。

そのお店にお客として行ってみればいいんです。

電話をしてお店への駅からの行き方などを聞くフリをして

対応を確かめるのもいいですね。

本当に楽しそうにしている職場というのは

お客の立場から見ても店員さんはいつも楽しそうなんです。

店全体が楽しい雰囲気を出している所であれば間違いありません。

コミュニケーションが苦手な方こそそのような明るい楽しい職場に行くべきです。

「私みたいな暗い人間が行っても・・・」

最初は誰しもそう思うでしょう。

ですが「楽しい」というのは物凄い力を与えてくれます。

楽しい職場や仲間たちというのは楽しさを伝えることに長けており

自然と周りを巻き込み、あなたも巻き込むに違いありません。

もう楽しくて笑顔の悩みなんていつの間にか吹き飛んでしまうことでしょう。

一人で悩んでいても何も解決しません。

勇気を出して一歩踏み出してみて下さい!

人生というのは誰かに変えてもらうものではありませんから。

自分の手で変えなければいつまでも変わりません。

女性同士の人間関係で悩んでいる方は

女性同士の職場というのは嫌がらせなどひどいとよく聞きます。

自分にはなかなか理解できないしそんな状況になることがあまりないので

正直そのような場での解決方法というのはわかりません

ですが男の立場から言えば、そんなことで悩むことがもったいないと感じます。

上記にもありますが「転職してしまえばいい」と考えます。

そんな女性は思い切って「男性ばかりの職場」に行くことをオススメします。

まとまな職場であれば女性が一人入ってくるだけでマドンナ扱いです。

男は単純ではっきり言えばバカです。

変な気遣いも必要ありませんし、仕事がわからなくても女性というだけで

丁寧に教えてくれるものです。女性同士の職場と違い恋愛にも発展しやすいですし

みんな優しいので楽しい職場になりやすいと思います。

まとめ

接客アルバイトの自然な笑顔の作り方は?初心者でも簡単な3つのコツ!
上司がうざい!やる気のない部下!考え方の違いやわかりあえない理由とは
上司や先輩が何を言っているのかわからない!説明が悪い!指示や命令の受け方は?報告のコツは?
仕事アルバイトを辞める理由やタイミングは?上司もモンスター化?利害関係の相違?

いかがでしたでしょうか。

笑顔を作るのは本当の意味で難しいものです。

ビジネススマイルも大変ですが、

本当に楽しければそんなスキルも必要なく明るい笑顔で溢れているものです。

これは年齢なんて関係ありません

いつも楽しそうに笑顔で働く人はとても魅力的なものです。

楽しい仲間を作って明るく笑顔で働ければそれはきっと天職になることでしょう。

・「私はがんばっている!」は自己満足

・評価というのは周りが決めるもの

・笑顔の本質は「楽しい」こと

楽しい仲間たちを作ることができれば笑顔がいつも溢れてくる

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする