宅配デリバリーの売上アップと経費削減した効果的な販促方法は?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

今まで、店内での売上がメインだった所は

いきなり宅配サービスを始めたとしても、

いきなり売上が伸びるわけではありません

あれ?全然反響がないな・・・

先行投資もした上で反響が薄いとどうしても

焦りますよね。

配達員も別で雇った場合、人件費も膨らみます。

遊ばしておくわけにもいかず困った!

今回は宅配サービスの売上の上げ方

一緒に考えて行きましょう。

宅配サービスの売上の上げ方

全くの未経験で宅配を始めた場合、右も左もわからず

不安ですよね。

地道にいろいろなことを試して覚えることも大事ですが

経験者に聞いてしまうのも一つの手です。

私の一店舗一か月の売上を宅配だけで300万上げることに

成功した経験をもとにご紹介いたします。

まずは知ってもらう

「注文が来なくて困っている」

そんな話をたまに聞きます。

ちゃんと販促活動してますか?

お客さんが注文しないのは宅配の需要が無いのではなく

ただ知らないだけ

なのがほとんどです。

もちろんメニューによって合う合わないはありますが。

今や家まで持ってきてもらうことが当たり前になりつつもあり

販促ができていれば注文がこないことはまずないです。

販促は3パターンくらいあります。

チラシを撒く(ポスティング)

一番メジャーな方法です。

特に集合住宅の上階などは上り下りを面倒くさがる人もいて

リピーターがつきやすいです。

方法は簡単で、ポストにチラシを投函するだけ。

マンションなどは一人暮らしも多く、炊事をしない人もおり

注文が入りやすいです。

店内外に掲示する

店内にくるお客さんへの販促になります。

お客さんが目につく所へ

「宅配サービス始めました!」

詳細を添えて掲示すれば自然と見てくれます。

ただし、この場合は店内や持ち帰りのお客さんが

そのまま宅配のお客さんにかわる可能性が高いので

新規顧客という意味では効果は薄いです。

かろうじて店外に掲示できれば

新規も取れる可能性はゼロではありません。

直接営業に行く

今の時代、ご自宅にアポなしで営業に来る人は

ほとんどいません。成約率がとても低いからです。

何よりも玄関にまでたどり着けない場合や

居留守を使われることも多くてとても難しいです。

営業と言っても個人宅に行くわけではありません。

大きな会社などに赴くんです。

近くにありませんか?

恐がることはありません。

まずは受付に堂々と行ってみましょう。

受付で変にかしこまったしゃべりをする必要はありません。

「いつもありがとうございます。〇〇弁当です!」

「宅配サービスを始めまして、そのお知らせのパンフを

お持ちしました!」

受付の人は心よく受け取ってくれるでしょう。

しかし安心してはいけません。受付が受け取っても

それが各部署へ届くかどうかはわかりません。

なので受付の人にこう言いましょう。

「お忙しいと思いますし、御手をわずらわせるわけにもいきません」

「よかったら各フロアの部署様へ私がチラシを配布

させて頂きたいんですがよろしいでしょうか?」

これはダメと言われる可能性もあります。

その場合は素直に引き下がりましょう。

チラシを受付に渡すことを忘れずに。

営業はとても効果があります。実際に店員の顔や接客を

職場で見ることにより親近感が湧くのです。

もし、宅配を取ってくれないとしても、

店内に足を運んでくれる場合もあり一石二鳥なんです。

怖くありません。飛び込み営業は

一度できればあとはもう病みつきになります。

信用を築く

Sponsored Link

一度注文が来て安心してはいけません。

また頼んでもらえるよう信用を築かなければなりません。

逆に信用を失う瞬間を考えみましょう。

・料理に髪の毛が入っていた

・頼んだ注文と違う

・ぐちゃぐちゃになって見栄えが悪すぎる

冷めている

など、このような料理が目の前にきたら

あなたはどう思いますか?

「もう2度こない」

こうなりますよね。

宅配に関しても同じことが言えます。

家まで持ってきてもらう以上、

多少時間がかかるのはお客さんもわかっています。

時間がかかりおあずけを喰らっているからこそ

その料理への期待感もどんどん上がるわけです。

なのに、上記のような期待を裏切る商品が来てしまったら

クレームにも繋がりますが、まずは信用を失い

2度と注文が来なくなるでしょう。

さらに言えば、何かミスが発生した場合、

配達ドライバーがお客さんのもとへ行くまでにも

時間がかかってしまうので、期待感が高ければ高いほど

反転して失望感に変わってしまうのです。

宅配注文はこのようなことが起きぬよう

注意が必要です。

それでも接客がものを言う

店内でも同じですが、宅配の場合はまさに

ドライバーとお客さんの一対一の環境になるため

そのドライバーさんの接客だけで

お店の評価をされてしまいます

これはとても恐いことで、

もし態度の悪いドライバーだった場合は

この店の店員は全員あんな態度の悪い連中なのか!

と一発で思われてしまうからです。

当然注文はしなくなり、口コミで周りに広がります。

ドライバーも店側からのチェックの目が無いため

適当にする人も残念ですがいるんです。

普段からの教育が大事です。

利便性

宅配サービスは近年増えてきており、

普通にやっていては取り残されてしまうことも増えました。

もはや持ってきてもらうことは当たり前。

こう思われています。

ですから違うことを考え付加価値をつけることも

とても重要です。

例えばですが

遅い時間まで配達する

ネットでも注文できる

クレジットカードが使える

などでしょうか。ドリンク一本サービスもいいです。

ですが、物をつける場合はそれをつけなくなってしまうと

注文率も下がってしまうので、

やるのならやり続ける必要があります。

やっぱり配達スピードが命

結局はなんのかんの言っても

いかに配達スピードを高め回転を上げていけるか

になってしまいます。

調理スピードもそうですが、こまかな事前準備

スタッフの負担を減らすようなシステム管理

配達員の熟練度など。

様々なことが要求されますが

やはり一番重要なのは人員の確保です。

いかに熟練ドライバーがいたとしても

一人では運ぶのにも限界があります。

それならば2人ないし3人を常時動けるような体制が

必要になってきます。

ドライバーが常に確保でき、注文がばんばんくるのであれば

宅配売上はぐんぐん伸びます。

スタッフとのコミュニケーションも重要になってきますので

その辺もお忘れなく。

こちらもご参考下さい👇

アルバイトが生意気で言うことを聞かない?叱ると辞めて来なくなる対処法は?

まとめ

宅配デリバリー業務での知っておくべき損のない情報6選
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 今や、売上が伸...
飲食店の売上アップの具体的な方法は?起きやすいクレームは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...

いかがでしたでしょうか。

売上が伸び悩む飲食店にとって

宅配サービスは希望の星!

待ちに姿勢から攻めの姿勢に転じるのですから。

始めれば必ず売上はあがります

間違いないです。

ただ、継続して上げていくにはそれなりの努力も必要です。

いつもと同じ環境を作り続けれるかが鍵ですね。

・宅配サービスをやっていることを知らない人も多い

・ポスティングや営業などで認知度を上げる

・要求通りの商品をお持ちし信用を築く

配達員をそろえれるかが重要

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする