上司や先輩と仕事でうまくいくコツはホウレンソウ?気難しい上司には?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

「ホウ・レン・ソウ」ってご存知ですか?

ほうれん草ではないですよ(笑)

よく言われませんか?

ホウレンソウが出来ていないとか。

最近ではホウレンソウは古いような話も出てきています。

若い世代同士であれば必要ないのかもしれないです。

(そんなことないと思いますが私にはよくわかりません)

自分は若いから必要ないと思ってはいけません。

あなたの先輩や上司は

ホウレンソウを若い時から実践し今を生き抜いています

そこには結果があり、結果があるからこそそれが正しいと信じています

今では直接ホウレンソウを行わなくても良い時もあり

メールSNS等でも構わないと思います。

しかし大事なお話の場合は直接お話することをオススメしますが。

ホウ・レン・ソウとは?

ホウ・レン・ソウとは

報告  (ホウ)

連絡  (レン)

相談  (ソウ)

3つの単語を略してホウレンソウとビジネスシーンで呼ばれています。

知っている人もいると思いますが、知らない人でもわかってしまえば

なんのことはありませんよね。

職場にて必要な情報を共有し仕事を効率よく確実に進めるために

ビジネスパーソンに常に求められるものなんです。

トラブルが起きたとしても、ホウレンソウが出来ていれば上司が判断しやすく

問題をスムーズに解決できるのです。

特に新人さんなどは最初の仕事は補佐的なことばかりだと思います。

このホウレンソウ自体が大事な仕事といっても過言ではないでしょう。

報告

報告と連絡の違いがわからない人がよくいます。

報告 = 「過去」の事実や結果などを伝えること

連絡 = 「未来」に繋がる用件を伝えること

報告「催促される前に」することが重要です。

「例の件はどうなっているの?」など上司が聞いてくると思います。

ですが、できるならば聞かれる前に報告をしておくべきということです。

特にトラブルなどの報告が出来ていないと、お客様から直接上司へ話が行った場合

上司も対応が後手後手になってしまうのです。

上司が恥をかき、あなたは特におとがめなしかもしれません。

ですが評価としてはどんどん下がって行くことでしょう。

あなたが逆の立場だったらどうでしょうか?

報告がないからこっちが問題に巻き込まれた恨み節になると思います。

そんな部下信用できません信頼できません

大事な仕事が来てもその部下には回さないはずです。

報告は聞かれる前にすぐ行いましょう。

連絡

連絡は上記にもありますが

「未来」に繋がる用件を伝えることです。

忙しい上司や先輩ほど現場で何が起こっているのかを

自分の足で確認することができません

細かい事でも仕事に関係しそうなことであれば伝えるべきです。

「この程度はいいんじゃないか」勝手な自己判断をしないで

こまめに上司へ連絡を行いましょう。

戦国時代など昔の戦争は馬を使った伝達係がとても重要でした。

双眼鏡や監視カメラ、ドローンなどあるわけもなく、

現場で見聞きしたことをいかに早く将軍に伝達できるかで勝敗の行方が変わりました。

一歩間違えれば敵の侵入に気づかず、いつの間にか包囲され首をとられてしまいます。

命のやりとりはありませんが

今も昔も連絡はとても重要だということです。

相談

相談というのは報告や連絡とはちょっと違います。

報告や連絡など発生する前に行うことです。

仕事上で何か疑問や不安など誰でもあると思います。

もちろんなんでもかんでも相談しても上司も困ってしまいます。

自分でできることは自分で解決すべきですが

それでもわからない場合は速やかに上司に相談しましょう。

問題が起こりそうになってから相談するのではなく

早い段階で相談することが出来れば事前に起きうる問題を回避できるかもしれません。

アルバイトさんが給料に不満を持っているとします。

この時、どうするべきか。

あなたはアルバイトの給料なんてこんなものだと判断した場合、

そのアルバイトは辞めてしまうかもしれません。

そのアルバイトさんの穴を埋める為、あなたの休みが無くなるかもしれません。

だからそうなる前に事前に相談するんです。

「アルバイトの〇〇さんが給料で悩んでいるみたいなんです。」

上司に相談することで、上司がアルバイトさんと会話の中で

悩み事を聞けるかもしれません。

給料が仕事に見合っていないのか

同期は昇給してるのに自分は変わらないことなのか

交通費の変更申請をしたのに反映されてないのか

それがわかれば、上司も動けるというものです。

時給面の話であれば、例えば、課題を与えてそれがクリアされれば

昇給できると伝えることもできます。

支払いの不備であれば、すぐに動いて追加分を振り込めばいいわけです。

トラブルの芽放置するどんな大きなトラブルに成長するかわかりません。

問題などが起こってからではなく、起こる前に起こりそうと感じるならば

すぐに相談しましょう。

危険回避に成功すれば、あなたの評価も上がりますし、

将来的に自分の危機回避能力も向上しステップアップできるに違いありません。

ありがちな悪い傾向

Sponsored Link

ホンレンソウをする上でよく新人さんがやってしまう

ありがちなパターンがあります。

新人さんだけではなく思い当たる節ある人気をつけた方がいいです。

わかったふり

わかったふり質問してしまったり、うなずいて見せたりしませんか?

上司や先輩はこういうのってけっこうわかるものです。

「この人わかってないな・・・」

「あの時わかったと言ったじゃないか!」

あとあと困るのは自分自身です。

わからないことは恥と感じることもあるでしょうが、

わからないままにして失敗する方がダメージは大きいものです。

聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。

勝手な思い込みで判断してしまう

何がどう転んで問題につながるかわかりません。

特に新人さんは経験が浅いためちょっとしたほころびを見逃し

勝手な判断をしてしまうこともよくあります。

失敗して学ぶことも大切ですが、もしチームとして周りに迷惑をかけてしまうならば

勝手な判断をせず上司に相談するべきですね。

実力以上のことを引き受ける

挑戦するという意味ではとてもいいことなのですが

失敗する目に見えてわかることを受けるべきではありません。

無茶と無謀は違うのです。

仕事をしている以上、自分一人の責任ではありません。

責任者としての上司に迷惑がかかることでしょう。

できないものはできないとはっきり伝えるべきです。

ただ、できないと伝えるのではなく、ちゃんと理由を添えるべきです。

なぜ自分にはできないのか理にかなった説明ができるならば

上司や先輩も無理に任せませんし、教えてくれるかもしれません。

3つ全てに言えることですが

このありがちな悪い傾向は評価を下げたりトラブルに発展し怒られたり

いいことはありません。

自分は井の中の蛙なんだとまずは言い聞かせるべきです。

アンチホウレンソウ

中にはアンチホウレンソウ上司や先輩もいるものです。

どういう了見なのかわかりかねますが、想像するに

時間余裕がない方に多いと思います。

アンチというよりはそれを聞いている場合ではないのでしょう。

「いいからあとにして」

「そんなことは今すべきことではない」

など感情的に拒否されることもあるでしょう。

上司の様子を伺ってタイミングを見計らうことも重要なのですが

それではこちらが疲れてしまいます

一番良いのは上司の手が空いている瞬間を狙うのがBESTなのでしょうが

ヒマそうにしていてもヒマじゃない可能性もあります。

なのでそういう方にはメモ書きを残したりメールなどで送っておくのも有効です。

「お忙しいそうなので、デスクにメモ貼っておきました!」

と伝えれば上司も「うん、わかった」ひと返事で済みうまく行くことでしょう。

ただし、人に見られてはまずいような用件に関しては直接話すべきでしょう。

まとめ

人との付き合い方や考え方は?仕事やビジネスシーンに必要なスキルとは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 仕事に...
仕事辞める!辞めたい!退職を決める理由と続ける努力の考え方とは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 出会い...

いかがでしたでしょうか。

ホウレンソウ重要です。

どんなに便利な世の中になったとしても

情報というのは人から人へと発信するものです。

頭の中を覗き込めるわけではありません。

自分勝手に判断せずにわからないことは

自分で調べるか上司や友達などに相談することをオススメします。

・ホウレンソウは報告・連絡・相談

わかっているつもりの人が多い

・会って伝えるだけでなくメールやSNSも利用する

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする