モンスター社員や従業員が言う事を聞かない!トラブルを起こす!効果的な対処法とは?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

仕事をしていく上で従業員というのは絶対に必要です。

どんなに時代が変わりITが進化しようとも

それを使うのは人であり、そこに必ず人が必要だからです。

しかし従業員の中にはモンスター化する人がいます。

最初からそうだった人もいれば

突然、発症する人もいます。

あなたの職場にはンスター従業員はいませんか?

モンスター従業員の事例や対処法などご紹介いたします。

従業員のモンスター化

最近モンスターという言葉が流行ってます。

一番良く聞くのが

モンスターペアレント

モンスターカスタマー

です。

どちらもとてもイメージが悪いですね。

どちらも

立場を利用して自分にとって気に入らない文句を言い続けます。

相手の立場や状況などを考えず、自分にとって都合の良い結果になるまで騒ぎ続ける。

会社やお店などでも上司や部下など従業員がモンスター化しているケースが

多発しているんです。

なぜモンスター化してしまうのか

最初はモンスターなんて表現するような人では無い人がほとんどです。

もちろん最初からモンスターの人もいますが、そういう人は採用されにくいし

採用されて疎遠になったりして不幸な道へおのずと進んで行くものです。

では、普通な人がどうしてモンスター化してしまうのでしょうか。

いい上司(部下)をしているから

部下が言う事をきかなくて困っている

部下に説明をしてもわかってくれないのでついつい自分で仕事を終わらせてしまう

部下は時間が来たらさっさと帰ってしまう

まずはいい上司(部下)をすることをやめましょう

誰にでも公平に人に接していませんか?

人はいろいろなタイプがあり、平等に公平に接していてもうまくいきません。

いい人を演じることで、悪い人はそこを利用してくるのです。

・人間関係を重視する人

・結果を重視する人

従業員は仕事ができるできないに関わらずだいたいどちらかではないでしょうか。

人間関係を重視する人結果を求めてもうまくいきませんし、

結果を求める人過度な人間関係を求めてダメです。

人によって接し方を変えましょう

いつも甘えて聞いてくる人間には少し冷たく接してもいいです。

人間関係を重視していれば嫌われないように自分で調べようとするもの。

結果を重視している人は仕事を自分で進めて行きたい人が多いです。

あまりこちらから口出ししない方がいいです。もちろん失敗などにはテコ入れは必要ですが。

あまりアレコレ言うとへそを曲げるので、ある程度スケジュールを与えた上

あとは任せっぱなしにするのもいいと思います。要所要所で確認は必要ですけどね。

接し方が間違っていたりするとモンスター化しやすい傾向にあります。

キレるモンスター

気に入らないことがあったり、

自分のミスを隠したい文句を言われたくないモンスターです。

こちらが弱腰になれば、もっとキレてたたみかけてきます

だからと言って、こちらも怒れば火に油を注ぐことに。

こちらから答えを与えようとするとそれに対して反論されます。

答えを与えようとするのではなく疑問で終わらせるようにしましょう。

曖昧にしてしまうのです。どうせ何を言っても納得しません。

まずは落ち着かせることが一番です。

人は怒り続けることはできません。大体4,5分が限度です。

それまで相槌を打ちながら相手の話を聞き続けていれば自然と収まりますよ。

話はそれからです。

逆らうモンスター

キレるモンスターと似ています。

とにかく話を聞き続けましょう。自然と落ち着いてくるものです。

テンションが高ぶっている状態で話をしようとしても

同じことの繰り返しになってしまいます。

こちらから話をしようとすれば、それを遮ってまで自分の意見を述べ始めます

メモをするなり、まずは相手の言いたいことを文字にします。

反論したがる人は大抵、考え方が単一です。様々な考え方をまとめて意見するというよりは

自分だけの凝り固まった考え方で発言します。

なので同じような事しか言えません

メモをとればそれがすぐわかります。

同じことを言ってきた場合うんそれは先ほどききました。と指摘しましょう。

それで他の意見を促すんです。

考え方が単一な為、すぐ言葉に詰まるでしょう。

感情的に話をしても通用しないと見せる必要があるんです。

ただし、ここで終わってはいけません。放置するのではなく

ここからちゃんと話をすることが重要です。

こちらの意見も混ぜつつ正しい方向に進めてあげるのです。

何度も先ほどと同様に同じことを繰り返すと思います

その度にメモを指して、さっき聞いたから理解していると伝えましょう。

辞めるモンスター

実はけっこう厄介です。

モンスター自身が辞めていくなら万々歳じゃないか?

そう思う人もいるかと思いますが、このモンスターは意外に恐ろしいです。

自分だけでなく、周りをも巻き込んで道連れにしようとするんです。

こういう人っていますよね。

大人げない人が多いんです。

自分だけが辞めたら自分だけが悪いのでは?そう思うようです。

周りとのコミュニケーションが上手な人に多い傾向があります。

さも自分が悲劇の主人公(ヒロイン)のように周りの人間に話していくんです。

上司や会社が悪いんだと捻じ曲げた情報を拡散するわけです。

もともとコミュニケーション能力は高いため、話術もそこそこな人が多く

周りにいる仲の良い人などは簡単に陥落してしまうことでしょう。

私も辞めます。僕も辞めたいですと多重波状攻撃にあってしまうかもしれません。

この場合は、なかなかに難しいです。

一度陥落した他の人を取り戻すのは容易なことではありません。

取り戻すことはあきらめた方がいいかもしれません。

これ以上は好き勝手をさせないことが重要です。

お前の行動はわかっているということを間接的に伝えましょう

そして、これ以上やるならこっちにも考えがあると伝えるんです。

無難な言い方としては、

「約束を守れない人にはこちらも約束を守らないから」

などはいかがでしょうか?

これに近い言葉でもかまいません。

とにかく、これ以上のオイタをさせないことが肝心です。

モンスターの弱点

Sponsored Link

モンスター達には共通点があります。

上から目線です。

全てにおいて、相手より上の立場から自分にとって都合のいいこと

言ってくるようです。

実は自分に自信がない

上司も部下も実は自分に自信が無いんです。

最初から自分ができる人間だとできもしない仕事をやろうとする部下

理不尽に自分の考えを押し付けてくるような上司

自分に自信が無い人が多いようです。

何かのミスをしても、普通ならば次の仕事に活かせたり

未来の自分の為になるものであり、人から苦言アドバイスなどは聞くものです。

うるさい上司も同じで自分の考えを植え付けることで自分が正しいんだと

思い込みたいのです。

逆に利用してあげる

基本的にモンスターは感情的になっています。

そんなモンスターに対し、こちらも感情的になってはいけません。

同じ土俵で戦っても結果は何もかわりません

相手を刺激して大きなトラブルに拡大したりします。

モンスターもどんどん凶悪進化していくでしょう。

そうではなく

なんて可哀そうな人間なんだと一歩ひいたスタンスで冷静に対処しましょう。

モンスター相手の場合はまず、言い分を聞いてあげることが大事です。

「へぇそうなんだ」

相槌を打つくらいが丁度いいんです。

モンスターは感情的に話していますが、

要するにモンスターの話をわかって欲しいと思っています。

適当に相槌をうち、否定さえしなければ

この人は自分の味方なんだ

勝手に勘違いしてくれます。

感情的なモンスターは基本的には扱いやすい人種でもあります。

こちらが味方だと認識すれば、こちらの話も聞き入れてくれやすくなり

何かの時には味方にもなり得ます。

仕事に対してもある程度は従ってくれるようにはなるでしょう。

まとめ

仕事中に無視する女性や頭のかたい男性との接し方は?悩んでもしょうがない?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 職場で...
年上の部下が言う事を聞かない!上手く叱れない!いい関係を保ち続ける接し方や叱り方は?
接客アルバイト若い子世代への教育や仕事の教え方は?何から教え伝えるべきなのか
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 誰しも...
従業員やバイトがすぐ辞めるから定着しない?原因と長続きするための考え方

いかがでしたでしょうか。

従業員がモンスター化するのも最近では珍しくありません

対処を間違うと大きなトラブルに巻き込まれることもあります。

こちらが惑わされないよう知識を蓄えた上で冷静に対処しましょう。

くれぐれも相手と同じ土俵にたって戦ってはいけませんよ。

・モンスターはどこにでもいる

・モンスターの考え方は単純なことが多い

・モンスターの対応はタイプによって様々

・基本的には話をうんうんと聞いてあげるのが吉

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする