五月病のチェック方法と症状や治し方は?ストレス発散方法とは?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

5月と言えば5月病の季節。

特にGWを明けてからの仕事というのはどうしても気が重くなります。

4月からの新しい環境に適応しようと頑張って

それでも慣れない環境にストレスをためながらも

なんとか4月を乗り越えました。

そこへ渡りに船の長期休暇GW

それは助け船なのか・・・

地獄への片道切符なのか・・・

せっかくの長期休暇も終わる頃には憂鬱な気分に。

GW明けからの休職離職はけっこうあります。

あなたもそうならないよう一緒に考えていきましょう。

5月病とは

5月病という名前の病気は存在しません

5月にそうなるから5月病という名前が定着してしまったようです。

お医者さんからはうつ病もしくは適応障害と診断されます。

5月病になりやすい人

5月病になりやすい人もいれば、何があろうとならに人もいます。

なりやすい人の特徴はなんでしょう。

・真面目で几帳面な人

・責任感溢れる人

・完璧を求める人

・我慢強い人

・相談できず考えこむ人

・協調性を大事にする人

どれも日本人に多い傾向があります。

5月病の原因

主な原因はストレスにあります。

4月でがんばり続けた際に相当なストレスが発生しています。

・新しい人達とのコミュニケーション

・仕事や付き合いでの会話

・通勤手段の変化や気疲れ

・上司からの期待やプレッシャー

・オリエンテーションを終えての競い合い

思い当たる節はありますか?

誰でも環境の変化への適応というのはストレスを感じるものです。

そんな気疲れからGWを迎え長期休暇を過ごした後に5月病になる人も多いです。

4月後半に発症する人もいますね。

4月中の人はGW後続けていけない人が多いようです。

5月病の症状は?

そうは言っても自分が5月病なのかわからない!

そんな方は下記が当てはまるかチェックして下さい。

・朝起きれない

・朝起きても疲れがとれない

・眠れない

・落ち込みやすくなった

・集中力が無くなった

・食欲が無い

3つ以上あてはまれば5月病かもしれません。

放っておけばどんどん症状は悪化します。

・めまいがする

・心臓の鼓動が早い(動悸)

・胃が痛い

・どんなに疲れていても眠れない

症状が悪化する前になんとかしたいですね。

5月病にかかったら・・・

Sponsored Link

誰しもなりたくて5月病にかかるわけではありませんよね。

古い世代の人は、

「そんなものはほっとけば治るもの」

と言いがちです。確かにそういう面もありますが

時代や環境の変化もあり、若い人は重症化してしまうケースも。

5月病の原因はストレスです。

なので簡単にいえばストレスを解消すればいいんです。

1、会話をする

内に秘めたものをため込むのがストレスの原因でもあります。

信頼できる友達や家族など全てを話せないまでも

話せることから会話して吐き出していきましょう。

物事が解決しなくてもいいんです。

溜まったものを吐き出すことが肝心なのですから。

2、大声を出そう

やっぱりコレですよね!

もちろん、公共の場で大声を出したら頭がおかしいと思われます。

カラオケです。

自分の好きな歌をガンガン歌って下さい。

テンポの良い歌の方が効果があります。

友達とわいわいするのもいいですね。

一人カラオケもあります。

わがままに歌い続けるならばコレですね!

歌いすぎてノドをつぶさないよう水分補給はこまめに!

3、好きなものを食べよう!

こんな時くらいいいんです。

自分の大好きなものを食べましょう

好きなものは人それぞれ。

手軽なものから高価なものまで。

好きなものを食べてお腹を満たせば

心のモヤモヤいつの間にか吹き飛びます

4、運動しよう

散歩でもいいですし、ランニングでもなんでもいいんです。

体を動かしましょう

オススメは自転車に乗ることです。

手軽に運動できます。

仕事で疲れてるのに運動したくない!

その気持ちもわかります。

ですが、仕事での疲れ方運動での疲れ方全然違います。

運動すれば様々な筋肉を使うことにより自然と眠くなり

普段眠りが浅い人でもぐっすり眠れるんですよ!

そして、運動中は自然と仕事などでの考え事も吹き飛びます

純粋に運動に集中できるものです。頭もリフレッシュするんですね。

頭がカラッポになってぐっすり眠れるなんて一石二鳥です。

5、気持ちよく寝る努力をする

4番の運動するも大事ですが、運動してすぐ寝るわけではありません。

寝る前に神経を高ぶらせるようなことを控えましょう。

激しい音楽を聴いたり、テレビやゲームなどもほどほどに。

目がチカチカするようなことは避けましょう。

脳が起きてしまいます。

・湯船につかる

・ほっとミルクを飲む

・柔軟する

・ゆったりした曲を聴く

・アロマなどリラックスする匂いを使う

ただ寝るよりも、気持ちよく質の高い睡眠をとれるよう

リラックスすることが大事です。

気分が高ぶるようなことは控えるのがコツです。

自分で解決できない場合は

ストレス発散方法はみなさんそれぞれお持ちかと思います。

もし、それでも発散できずお悩みの場合

迷わず病院へ行きましょう。

今まで好きだったことが急に興味を失ったりするのは

危険な兆候です。

恥ずかしいことはありませんので

問題が起きる前に病院へ行くことも大事なことですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

5月病ってそういわれないと自分でもわかりにくいものでもあります。

元気が出ないと感じたら、まずはストレス発散してみましょう。

それぞれのストレス発散方法をルーティン化できれば

5月病なんか怖がる必要はありません。

一番よく聞くのは昼間に眠くなることだと思います。

夜に眠る時はリラックスすることを心がけましょう。

・5月病という病名は存在しない

・原因はストレスでありストレス発散すればいい

・自分で解決できない時は迷わず病院へ

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする