労務問題と契約書や就業規則の関係は?社会保険労務士がいないとトラブルが起きやすい?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

自営業の皆さんが頭を悩ます問題はたくさんあります。

その中でも社会保険労務士顧問に雇う必要があるのか

よく質問されます。

税理士は必要ですか?と同じくらい皆さん頭を悩ませています。

結論から言えば必要です。

しかし、従業員がいない事業所さんの場合は必要ありません。

社労士さんにお願いする主な仕事とメリット、デメリットを

見ていきましょう。

社会保険労務士は何をしてくれるの?

社会保険労務士は企業などの労務の管理保険などの手続き

労務の相談など主に従業員さんに関するお仕事がメインですね。

労働保険、社会保険の手続き

・年金事務所、労働基準監督署への対応

労働相談

就業規則の作成

・労災保険の手続き

労働協定書の作成と提出

・助成金の申請

・給与計算

大まかにあげるとこんな感じです。

基本的に知識がお持ちの方でしたら社労士に頼まずとも

自分でやることも可能です。しかし、従業員が多くなると

作業量も多くなりとても大変です。

もし、顧問料などを心配しているのであれば、社労士も

いろいろいて安くやってくれる所もたくさんあります。

従業員が10名以下ならば労働組合にお願いすれば

とても安くやっていただける場合もあります。

ある特定の条件で正社員などを採用すると国から助成金

もらえることもあり、一人やとって50万円などもらえるケースも

あります。そういった助成金に関する知識や申請なども

簡単に行ってもらえますよ。

状況によっては専門的な知識を必要とすることもあり

個人でなんとかしようとするのはあまりオススメできません。

中には従業員に密接に関わってくれる所もあり、

従業員が抱えている悩みなど事業主に言いづらいことなども

社労士を通して話をもらえることもあり改善や相談など

労務トラブルを回避できる場合もあります。

やはり本業がメインであり、保険の手続きや書類の作成等で

時間を費やされ本業がおろそかになってしまうなら本末転倒です。

最近では裁判になるケースもあり

多くの費用を費やしてしまう場合もあります。

そんなことでたくさんのお金を使ってしまうのであれば

社労士を顧問に迎え、顧問料は発生しますが、普段のストレスも解消され

トラブルによる無駄な労力と時間と費用を回避していると考えれば

必要なのではないでしょうか。

労務トラブルが一番こわい!!

最近は労務トラブルが多いです。

というのも、「仕事は我慢をするもの」

辞める時も「泣き寝入りが当たり前」

のような風習があり、そのような状況を乗り越えて

自営業の方社長さんが多いのですが、

最近は悪い言い方をすると「打たれ弱い」人が増え

我慢をするくらいなら辞めて他の仕事をしようと簡単に考える人が

増えました。

さらに、弁護士業界なんですが、人が増えすぎてしまい

仕事の取り合いで、お客を待っているだけで食べていけるほど

甘くない状況になっているんです。

弁護士は会社やお店に電話をして、何か不満はないか

聞いて回っており労務などの問題を起こさせて

自分の仕事を増やそうと考えているんです。

あなたの周りに歯医者って何軒ありますか?

いっぱいありますよね?潰しあいです。

弁護士もそんな状況なんです。

従業員との意思の疎通はできてますか?

よく周りの先輩方から「従業員にご飯をおごってやれ」

言われませんか?正確にはご飯をおごることもありますが

その時に会話をして不満などを解消させましょうということなんです。

普段からコミュニケーションがとれていればいいですが

中には本音を言ってくれない従業員さんもいます。

そこにつけこまれて労務トラブルを起こす引き金になることも

よくあるんです。

もし社労士がそこをケアしてくれていればトラブルにならずに

済むこともあります。

やはり店長、所長、社長の方々に本音を言うというのは難しいことです。

就業規則はありますか?

Sponsored Link

就業規則は作成してますか?

これってけっこう重要です。労務トラブルの際に

就業規則が無い場合、多くのお金をとられる可能性があります。

就業規則は簡単に言うと会社はここまでやるよ

というルールブックです。

変な話、就業規則に書いてあれば残業も休みが少なくても

何をしてもいいんです!(もちろん限度はありますが)

実は従業員が10名以下の場合、就業規則は無くてもよいという

ルールがあります。就業規則も作成する場合、10万前後のお金

かかります。実は作っていない自営業の方もたくさんいるんです。

ですが、たとえ従業員が少なくても作った方がいいです。

ルールを明確にすれば、問題を起こさずとも従業員の方も

それを見て安心する部分もあります。

従業員と労働契約書は交わしてますか?

これも無いと大変なことになります。

トラブルが起きた場合、それが無いと弁護士は勝手な解釈をし

不当な多額の賃金請求をしてくる場合があります。

時給が1000円なのに、契約書が無いと働いている時間数など

いろいろと勝手に考え時給は2000円でもおかしくないなどと

言い始めます。もはややくざです。

必ず契約書を交わし、従業員さんに住所氏名を記入してもらい

捺印してもらって下さい。契約書があってもそれらが無いと

無効になる場合もあります。

36協定書はご存知ですか?

何か突発的なことが起こり残業というのはよくあることです。

ですが、残業させる前に36協定書は提出されてますか?

残業させる場合、この36協定書を提出していないとダメなんです。

逆に36協定書を提出していれば、ある程度の長時間残業も

認められます。労働基準監督所もあまり突っ込んきません。

労働裁判になってしまったら

多額のお金時間、そして労力ストレスがかかってしまいます。

こちらにも弁護士が必要になりますし、

すぐに裁判にならないケースもあります。相手弁護士を通じて

やりとりが始まることも。未払い残業代などは訴えを出してから

2年分さかのぼって請求できます。話がこじれると2年話合いになり

その後裁判を1年かけてやるのでその事だけで3年も時間を要します。

3年もの間、弁護士費用や和解金、弁護士とのやりとりの労力

精神的なストレスなど多くの負担がのしかかることになります。

本業なんて手につかなくなるかもしれません。

まとめ

会社職場での労務問題やコミュニケーションでの回避方法は?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 会社や...

いかがでしたでしょうか。

社会保険労務士の必要性を理解してもらえれば幸いです。

目先のことだけ考えて後に起こりえるトラブルに備えない

どこかの国と一緒になってはいけません

自分の未来への投資と考えてみて下さい。

もし社労士が合わなければ、他にもたくさんいますので

納得の行く社労士が見つかるまで探してもいいと思います。

・社会保険労務士は必要である

従業員のケアもしてくれる。

・一番怖いのは労務トラブルである

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする