仕事や接客での話の聞き方や聞き上手になるには?見た目や態度にも注意?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

仕事でもプライベートでも会話をすることは絶対あります。

取引先やお客様との会話もあれば、上司など目上の方との会話もあります。

相手に対し話をリードする力も必要ですが

相手の話をうまく聞いて、

気持ちよく話したくなるような聞き方を身につけたらなら

ものすごい武器になると思いませんか?

また会ってもらえる確率も上がります。

来店リピート率も上がるでしょう。

上司に気に入られて仕事を任されるかもしれません。

会話を受けて返すテクニック

コミュニケーションの基本

自分の心を開いて接するとともに相手の心も開かせることです。

相手の心が開くからこそ思っていることを聞き出すことができます。

しかしこちらの話ばかりしていては相手の心が開いたとしても

相手の話を聞くことができません。

そのため普段の会話の中で「聞き方」スキルを磨く必要があるのです。

基本は「受けて返す」が原則です。

返事をする

相手との会話の中で受けて返すとしても

全てを返せるわけではありません

変に返してしまえば話の腰を折ってしまうかもしれないからです。

全てにおいてオールマイティに使えるのが「返事」をするです。

「はい」

「そうですね」

「なるほど」

黙って聞いているよりも返事をした方が遥かにいいです。

質問する

話を聞く上で重要なのが「質問」です。

質問するという行為は

相手やお話に興味があるからこそ質問が頭に浮かび聞いてしまいます。

相手の話が一段落した時などに

次の言葉を促すような質問を少し挟んで行きましょう。

ただ、うなずいて聞いているよりも

聞き方に積極的な印象が生まれ、話す方も興味を持ってくれいていると感じ

気持ちよく熱が入っていくことでしょう。

復唱する

次に「復唱」です。

言葉通り、相手が話した言葉をこちらも同じく

復唱して返すんです。

復唱して返すことで話す方は相手にちゃんと伝わっている

という安心感を与えることができます。

やはり、話していても相手に話が伝わっていないと感じれば

トーンダウンしてしまいます。

共感する

そして「共感」するんです。

相手の気持ちを代弁して返す技術です。

相手への共感を示すことで相手との距離が縮まります。

その話わかります

すごいなぁ

さすがだなぁ

など具体例を添えて使うと効果的です。

共感することで仲間意識が強くなり

より深く会話ができるようになるでしょう。

感じのいい聞き方のコツ

・良い表情で興味ある顔で聞く

・聞くことに徹して相手の話の腰を折らない

・目をそらず目を合わせて話を聞く

あいづちを打つことを忘れない

・相手の話を繰り返して質問や復唱、共感をする

ボディランゲージに注意する

Sponsored Link

ボディランゲージとは

言葉を使わず体の身振り手振りで物事を伝えることです。

会話をしている中で意外と態度は見られています。

態度や表情などからどういう人間かという印象を受けているんです。

人は目からの情報がメインです。

つまり見た目ですね。見た目によって会話の内容の印象も変化します。

どんなに真面目な顔で聞いていたとしても

体でバレてしまうということです。

相手の話を聞く時は

ボディランゲージにも注意する必要があります。

姿勢よく会話する

背筋はピンと伸ばして話を聞きましょう。

背中がまるまっていると悪い印象を与えてしまいます。

うつむいたような姿勢消極的な印象を与え、具合が悪いのかと心配されます。

会話する場合は椅子に座ると思います。

椅子に長時間座っているとどうしても気が緩んでしまうので

注意しましょう。

左目で相手の左目を見る

明るい表情で相手と目を合わせることが大事です。

目を合わせて会話をすれば

話を真剣に聞いているという印象をもたれやすいです。

左目で相手の左目を見る好印象を与えるのに効果的です。

左目が感情をつかさどる右脳と直結しているからだと言われています。

よそ見をしてはいけません。話が面白くないと勘違いされてしまいます。

手は緊張のバロメーター

指先というのはその人の心理が現れてしまいます

会話の中で指を無意味に動かせば話しに集中していない印象を与えてしまいます。

腕時計をチラチラ見れば時間がなくて早くこの場から去りたい

相手に印象を与えてしまいます。

逆に腕組みをすれば話を聞いて考えこんでいるという印象を与え

手を前について体を乗り出してみせれば話が大変面白く興味がある

相手に印象を与えることができるでしょう。

日頃のクセに注意して!

椅子に腰かけていれば、足を組んでしまうかもしれません。

それはとても横柄な態度にとられてしまいます。

貧乏ゆすり落ち着かず下品な印象を与え

指先をトントンと音を出す仕草というのは、

早くしてくれと急かされている印象を与えます。

自分のふるまいやクセは気づきないかもしれませんが

チェックして改善していきましょう。

ボディランゲージは逆にも使えます

自分が話しをする側の場合、相手の体の動きを見た上で

どう感じているのか察して話すのをやめたり

話す内容を変えたり、相手に話を振るなど

ちょっとした態度やしぐさから感情を読み取りましょう

まとめ

会話が続かない!弾まない!面白くない!対話に困らない2つの本質とは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...
仕事や会話接客に活かす情報収集術テクニックとは?新聞を効率よく読む方法?
人との付き合い方や考え方は?仕事やビジネスシーンに必要なスキルとは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 仕事に...

いかがでしたでしょうか。

聞き方スキルを磨けば、

話す相手はとても気持ちよく会話できるに違いありません。

ただ、聞くだけではなくボディランゲージをコントロールし

態度仕草でも良い印象を与えることができるんです。

この聞き方スキルをマスターすれば、どのような職場に行っても

渡り歩いていけるに違いありません。

・会話は受けて返すもの

・会話が途切れ沈黙がくるならば質問すればいい

ボディランゲージにも注意すること

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする