コストや広告費を抑えたいときの集客方法はSNS?ブログやフェイスブックの効果は?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

今回は数ある集客方法の中でも比較的簡単でかつ安価

できる手段をご紹介していきたいと思います。

・どうにもお客さんが集まらなくて困っている方へ

広告費用なんてたくさん出せるわけがないとお困りの方へ

・広告営業マンと関わる時間もないとお困りの方へ

お役に立てたなら幸いです。

昔はアウトバウンドマーケティングが主流だった

アウトバウンドマーケティング・・・??

どうしてこう横文字でタイトルをつけるんですかね(汗)

その情報を指すための

簡単なニックネームがあった方が話を伝えやすいからだと

思うのですが、それにしてもビジネス用語は多すぎます。

簡単に説明しますと

「アウトバウンドマーケティング =

 みんなに知ってもらうよう行動する

もちろん今も実際に行われている方法でもあります。

TVCMを大量に投入して購買意欲を植え付ける

チラシ広告など作成し新聞に織り交ぜ大量配布する

電話勧誘訪問販売など直接的に営業する

・街の路上で声をかけ勧誘するキャッチ行為

これらの方法の良い所すぐに

効果が出やすいことにあります。

TVを見ない人はほぼいないのではないでしょうか?

番組の途中で流れるCM。リアルタイムで見ている人は

必然的にCMを目にすることになります。

不特定多数の購買者となりうる人へ

簡単に商品をアピールすることができるわけです。

ただし悪い所もあります。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが

お金がかかるということです。

確かに大勢の買ってくれるかもしれない人たちへ

アピールすることは可能ですがTVCMなんて一体いくらするんだ

おそらく目玉が飛び出ます。

チラシ作成にも費用はかかりますし、

新聞折り込みやポスティング業者に

依頼するとしてもタダではありません

電話勧誘など営業にいたっては人件費もかかるでしょう。

そして興味のある購買者にはメリットがありますが、

興味が無い購買者には

不快感や悪印象を与えてしまう可能性もあります。

いつもポストに必要の無いチラシが

放り込まれているとどうでしょうか?

「電話会社変えませんか?」「マンション購入しませんか?」

「株やFXなど投資に興味はありませんか?」

「稼ぎがいい美味しい話があるんだけど5分だけでも聞いてみない?」

興味の無い人にとっては邪魔であり苦痛でしかありません。

つまりはアウトバウンドマーケテイングとは

お金を使い捨て数打ちゃ当たる戦法とも言えるでしょう。

一概には言えませんが、

大手企業のように定期的にそれらを継続できるならば良いのですが

継続できない場合、その時しか集客できない傾向にあります。

個人店様や小規模の自営オーナー様にとっては

なかなか難しいことが多いのではないでしょうか。

インバウンドマーケティングとは?

Sponsored Link

インバウンドマーケティングとは

「インバウンドマーケティング =

 お客様にこちらを見つけてもらう

どういうことか言いますと

・インターネットを使ってこちらの情報を発信

興味のあるお客様に自分で検索してもらう

・お店の前に手書きの看板など伝えたいお得情報を掲示

興味を持ってもらう

・店舗前を照明で明るくしお客様の目線を集め興味をもってもらう

アウトバウンドマーケティングと比べるとどうしても後手に回るので

効果がでるまでに時間がかかります。

ですが、費用という意味ではあまりかけずに

実践できるのではないでしょうか。

特にインターネットを使った手法の場合、

ほとんどお金はかかりません。

最近流行りのSNSなどはまさに

情報発信にはうってつけと言えるでしょう。

フェイスブックツイッターなどが有名です。

もしやったことがなくて興味があればこれを機会に

アカウントを作成してみてはいかがですか?

もちろん無料でできますよ!様々な人と繋がることで

自分の情報をたくさんの人へ拡散

することができます。

最近はネットでのインバウンドマーケティングを実践する大手企業も

たくさん増えました。

お金があって広告費に使う余力がある企業でさえもです。

もちろんCMなどで商品を買ってくれる人もいますが、

TVをあまり見ない人もいます。

インターネットをスマホで行う若者やTVを見る時間の無い人など

SNSを使った方が

TVCMとは違うターゲット層にアピールすることができるからです。

さらにアウトバウンドではお金がすごくかかります。

インバウンドの場合はあまりお金はかかりません。

結果を見比べると最近では

ブログやSNSなどの方新規顧客を取れているんです

「お金のかからないインバウンドマーケティングの方が結果が出ている」

ネットなどとはちょっと違いますがこちらのことを

知ってもらうと言う意味では店舗前に看板を置くのも効果的です

その際は手書きで作成すると良いです。

人はPCで作られた文字よりも、

手書きで書かれた文字の方が興味を持って読んでくれるんです。

そして店舗前の照明などにも力を入れると効果大です。

照明器具などお金は少しかかってしまうのですが

明るいだけで夜の売上が全然違います。

コンビニとか夜は特にらんらんと光っていませんか?

暗い闇の中にらんらんと光るコンビニがあったなら、人の目線は

コンビニに行くことでしょう。

つまり明るいだけで「あれはなんだ?」興味を引くことができるんです。

しかし興味を持ってもらったとしても、

すぐに売上につながるとは限りません。

ですが、興味を持ってもらわなければ

来店してもらうこともまずないです。

人は興味が無いお店なんて入ろうとも思いません。

もし興味を持ってもらえたなら、今日は来店しなくとも

明日見に行ってみようと思ってくれるかもしれません。

ネットを使ったSNSやブログなど本当に効果があります。

HPを作成してSNSでの紹介を載せて拡散できれば

興味を示した人だけがHPを見に来てくれます。

HP上で商品などを通信販売するという方法もあるわけです。

過疎化が進む集落で育てた果物ネットを使った通販で大人気とか

よく話を聞きませんか?

意外と誰でもすぐに試せるインバウンドマーケティング。

悩んでいるなら試してみてはいかがでしょうか?

やれるだけのことはやって、それから悩みましょう!

まとめ

経費削減の提案やアイデアと税金対策のコツは?経営や運営に必要なお金の考え方とは?
飲食店の売上アップの具体的な方法は?起きやすいクレームは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...

いかがでしたでしょうか。

集客方法の一つインバウンドマーケティングのお話でした。

しかしながら商品力が弱ければ何をやっても意味がありません

集客商品力を高めてからのお話です。

せっかく来店してくれても

買いたいものが無ければ何も売れませんからね・・・

・アウトバウンドマーケティングとはウチを知ってくれと売り込みすること

・インバウンドマーケティングとはこちらに興味を持ってもらいお客様から来てもらうこと

・アウトバウンドはお金がかかるがインバウンドはあまりお金がかからない

・最近ではインバウンドマーケティングの方が効果がでるという実績がある

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする