従業員やバイトがすぐ辞めるから定着しない?原因と長続きするための考え方

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

よくビジネスシーンで使われる言葉

「ヒト、モノ、カネ」

知っている人は当然ご存知かと思います。

いうなれば経営に大事な3つの要素のことですね。

この順番は大事にするべき順番です。

今回はこれを踏まえたお話をします。

ヒトモノカネとは

ヒトモノカネとは「人、物、金」ということです。

・会社やお店のために働いてくれる従業員

・商売をする為の商品である物品や知識、企画など

・商品を作り出す、人材を雇うなど全てに必要なお金

この3つは経営に大事な3つな要素ですよという標語?

のようなものです。

どれか一つが欠けてもうまくはいかないのですが

3つの要素の並びからもわかるように

特に大事で重要なのが「ヒト」ということです。

昔の考え方は「ヒト」は後ろだった

昔はヒトという考え方は後ろ側でした。

あまり大事にしていなかったというよりも

「我慢するのが当たり前、従うのが当たり前、

 その先に成功が待っている」

このような教え方が日本に蔓延していました。

みんなそれがおかしいとも思っておりませんでした。

今はどうでしょうか?

何かあれば労働時間が長すぎる

残業したくないパワハラ

セクハラだなど

本来は言われてしまう方が問題なのですが

ひと昔前までは考えもしなかったことです。

その時代の流れに乗れず、昔の古い考え方に縛られている人

会社は今でも「ヒト」の優先順位を低く考えトラブル続きです。

「昔は良かった」嘆いていても始まりません。

今の時代の波に波長を合わせ乗りこなせなければあなたも

大波に飲まれ沈んでしまうかもしれません。

ヒトは一番のリスク

ヒトとは働いてもらう従業員。確かにそうなんです。

そうなんですが、

言い方は悪いのですがヒトは裏表があります。

オセロというゲームで使う白と黒の駒のようなものです。

白くていい時はいいのですが、何かの拍子に突然黒へと変貌します。

そのヒトが悪い場合もありますし、会社に責任がある時もあります。

取引先の相手に問題があったり、運が関係するかもしれません。

ただ働いてもらうという存在ではないということです。

その「ヒト」に対してのケアも重要になってきます。

やり方次第では「ヒト」は敵にも味方にもなるということです。

モノカネは裏切らない

その点、「モノ」も「カネ」もそこに意思は存在しないので

絶対に裏切りません。裏切るのはいつも「ヒト」なんです。

黒へと反転したヒトがモノを奪い、カネを盗むんです。

経営者はヒトを黒へと反転させず白のままでいてもらう為

給料面であったり、待遇面であったり、精神的なケアであったり

力を注がなくては行けない時代になりました。

それだけでもお金がかかってしまいますが、これを怠ったことにより

裁判を起こされてしまったり、マスコミにブラック企業の烙印

押されてしまったりと袋叩きにあってしまうかもしれません。

経営者でさえも「ヒト」

Sponsored Link

ヒトは誰しも「調子に乗る所がある」と思います。

経営者、つまりは社長という役職についただけで

自分は偉くなったと立ち振る舞いが変わったりするもの。

それは悪いことではありません。

ですが、その姿をも「ヒト」は見ています。

例えば、社長がゴルフに誘われました。

ゴルフのメンバーに人気有名人がいたとします。

社長はご機嫌で部下や社員たちにその話を自慢するでしょう。

社長は社員たちに「さすが社長!すごいですね!」

言ってもらいたいはずです。

ですが社員たちはそうは思いません。

「こっちが汗水垂らして働いてるのにゴルフかよ」

みんながそう思うかはわかりませんが、もし社長が

ヒトの気持ちを理解できていないならば、

そう思う社員は多いはずです。

辞めて行く社員もいれば、労務トラブルを起こす

自殺する人もいるかもしれません。

偉くなればなるほど自由はそこに無いものなんです。

軽はずみな言動人を白から黒へと簡単にひっくり返します。

失敗をしなければ気づけない

社長であっても従業員であっても

未来に起こることなどわかりうるはずもありません。

失敗するとわかっていれば回避も可能ですが

それがわかれば苦労はしません。

失敗をすることでそれを経験し学び対策を講じることにより

次の失敗を回避できるようになるものです。

たった一度の失敗だけで全てを失う人もいらっしゃいます。

失敗したからと言っても、余力が残っているのであれば

むしろラッキーだったと前向きに考え

それを生かして次に起こりうる失敗に立ち向かいましょう

まとめ

モンスター社員や従業員が言う事を聞かない!トラブルを起こす!効果的な対処法とは?
会社職場での労務問題やコミュニケーションでの回避方法は?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 会社や...

いかがでしたでしょうか。

ヒトモノカネとはよく言ったもので

本当に最近の世の中はヒトが起こすトラブル

頻発しております。

世論会社やお店が悪いという風潮があり

一度悪いイメージがつくとそのまま倒れかねません。

ヒトへの感謝の気持ちを忘れず投資という意味で

お金をヒトへ使ってあげれると成功への道が開くかも

しれません。

「ヒトモノカネ」というよりも「ヒトヒトヒト」ですね。

・ヒトモトカネは経営の三大要素

・時代は変わりヒトが最優先要素となった

・ヒトは敵にも味方にもなりうる

・むしろ今は「ヒトヒトヒト」である

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする