熱中症な日常で真夏の一番の働き者は〇〇?熱中症体験情報まとめ

 

 

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

 

 

暑いです!

しかし、ここ最近の夏は異常なほど暑い!

 

熱中症が危険と叫ばれてから大分経ちますが

実際に熱中症を経験したことがある人って

実はあまりいなくないですか?

 

 

熱中症になるとどうなるの?

 

 

と聞かれて体験談から

「それはこういうものだよ」

と言える人って身近にあまりいないことって

多いと思います。

 

実際に私自身体験した熱中症と

水分補給など本当に役立つのか

など、体験談を交えてお話できたらと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

熱中症って要するになに?

 

 

熱中症ってよく聞くと思いますが

ようするにどうなるからそうなるのか

今イチよくわかっていない人も多いと思います。

 

他にも

 

熱射病日射病など熱中症に近い言葉もあり

とても混乱しがちです。

 

 

熱中症とは?

 

 

熱射病日射病などをひとまとめにした言葉

熱中症と言われます。

 

熱中症と聞くと外で起こりやすいイメージですが

室内でもよく起こってしまいます。

 

 

エアコンなどが世の中の普通になったことで建物自体の気密性がUPしました。

部屋の冷気を逃がさない変わりに熱もこもる環境になってしまっているんですね。

 

 

日射病とは?

 

 

日射病というのは太陽の光を浴び続けて起きる症状です。

 

日焼けなどにより身体中がを持ち続けてしまい

汗をかくなど体温調節が間に合わいません

 

 

特に急な日焼けをすることで皮膚がパリパリに乾燥し

汗が出にくい状態になるのも原因の一つです。

 

めまい、吐き気、頭痛などを引き起こし

重症化すると意識を失い命の危険を伴います。

 

 

熱射病とは?

 

 

熱射病というのは日射病と違い

太陽を直接浴びることではなく

気温湿度高い状況下で身体中が熱を持ち

体温が下がらずオーバーヒート状態になることです。

 

 

熱中症が重症化すると起きる症状

 

 

熱中症は簡単に言えば身体が熱くなりすぎて

身体をコントロールできなくなってしまうのですが

重症化すると起きる3つの症状をご紹介します。

 

 

熱失神:意識を失う

 

 

を持ちすぎてしまいをかき続けることで

身体の水分が減少してしまい血液が減ります。

 

血液が減ることで脳の役割が機能せず

急に意識を失います。

 

意外と体温は平常なことが多いです。

 

 

熱痙攣:足がつる

 

 

これも熱失神と同様に身体の水分が発汗で減ることで

塩分(ナトリウム)ミネラルが減少して起こります。

よく起きるのはふくらはぎが突然つってしまう

 

こむら返り

 

になりやすく、歩くことが困難になります。

 

 

もしつってしまったら揉んではいけません!

とにかくその部分を伸ばして下さい!

 

 

熱疲労:身体中が一気に疲れる

 

 

私が体験したのはこの熱疲労です。

 

なんだ疲れるだけか

 

そう思う方も多いと思いますが尋常じゃありません

短時間しか経っていないのに急に身体が

24時間飲まず食わずで歩き続けたかのような疲労感に襲われます。

 

 

ほとんど何もしていないはずなのに、

腕立て伏せを何万回?とやり続けたかの如く腕も疲労します。

 

まさに動けなくなるんです。

 

これを直に経験し、今まで熱中症を軽く見ていましたが

とても恐ろしいことなんだと実感いたしました・・・

 

 

熱中症になった時にどうするべきか

 

 

この手の話は散々いろいろな所で

情報が出回っております。

 

ですから、自分が熱中症を経験した時

学んだ対策法をご紹介いたします。

 

 

身体を冷やすことが最優先

 

 

いろいろな情報を見ていると

とにかく「水分補給」重要みたいになってます

 

もちろん水分補給も重要なんですが

それは身体を冷やすために言われているだけで

水を飲めばすぐ回復するというわけではありません

 

まずは身体を冷やすために、日影に入りましょう

そして一番良いのは横になることです。

無理ならば座りましょう。

 

立ち続けてはいけません

 

ただでさえ水分が失われ血液が脳へ届きにくい状態です。

少しでも心臓の負担を減らすためにも

身体をにして血液がより巡りやすくすることが重要です。

そして冷やす際は

脇や足の付け根に保冷剤をいれるとか言いますが

実際問題恥ずかしいです(笑)

 

一番恥ずかしくなく効果的なのは首の後ろです。

冷えたペットボルなどを首にあてるもよし。

可能であれば頭から冷水をかぶるのが一番効果があります

首の後ろ冷水を軽く垂らすのもいいでしょう。生き返りますよ!

 

肌が露出しているなどに冷水をかけるのも

とても効果があると思います

 

 

汚れると思う方もいるかもしれませんが

水をかけるだけなので全然問題ありませんよ!

 

 

Sponsored Link

 

 

水分補給もやりすぎは危険

 

 

熱中症対策と言えば水分補給!

 

そんなフレコミがあります。

 

間違ってはいませんが、

熱中症になっている時水分を補給しても

遅い場合があります。

 

 

私もそうでしたが、水分は取るんです。

ですが、が水分でタプタプするだけで

身体に吸収されて行かないんです・・・

 

あれ?水分取ってるのにな??

 

まずは身体を冷やすことなんですね。

そして横になる

脳が身体のコントロールを回復しない限り

ガブガブ飲んでも効果は期待できません。

 

何よりも水を飲みすぎると体内の塩分ミネラル薄まってしまい

余計に危険な状態にも。

 

もし、周りの誰かが倒れた時など

無理矢理に水を飲ませようとするのも危険です。

こちらから飲ませるのではなく

自分の意思の力で飲ませて下さい。

 

下手に口に水を流し込むと

誤飲してしまい肺炎になってしまう可能性もあります。

もし自分の力で水を飲むことができなければ

すぐに救急車を呼んでください!

 

 

コーヒーなどカフェイン飲料は飲むな!

 

 

コーヒーカフェラテなど

カフェインが入っている飲み物は利尿作用があります!

 

水分取っても外に出てしまうので注意!

 

 

コンビニこそオアシス

 

 

皆さんご存知コンビニ!

 

コンビニでキンキンに冷えた水が売っております。

500mlで100円前後で購入できます!

ですがここで落とし穴

 

よくよぉく見て下さい!

 

2ℓの水90円代で販売されているのはご存知ですか?

 

 

500ml2ℓの水同じ金額?!

 

もちろん2ℓ全てを飲むというわけではありませんよ!

身体を冷やす為に存分に使うわけです。

 

など水をかけてあげましょう!

 

 

この技を使えば身体はぐんと冷え、

熱中症も怖くありません!

 

身体が冷えてくると水も飲みたくなります。

残った水を飲んで体内からも冷やしましょうね!

 

 

自動販売機が真夏で一番がんばっている?!

 

 

身近にありすぎる「自動販売機」

 

気温が40℃を超えようとも、

コインを投入すればキンキン冷えたドリンク

与えてくれる!

 

機械というものは動けば熱が発生します。

 

自動販売機は真夏の暑い40℃の中でも

中身をキンキンに冷やすということは

機械の中は60℃以上の高温にまで上がっています。

 

 

ですが、壊れている所など

ほとんど見かけませんね。

 

実は自動販売機も日本が海外に自慢できる商品なんですね!

 

ただし、海外では治安の問題で日本のように

どこでも置くことができませんが・・・

お金がつまったただの箱と思われているそうです。

 

 

副業としてひそかなブームも?

 

 

自動販売機オーナーになれるというのはご存知ですか?

 

たまに「ALL100円」のような

最新のドリンク商品ではなく、ひと昔前のドリンクが

低価格で販売されている自動販売機ってありますよね。

全てがそうとは言いませんが

実は個人オーナーさんの自動販売機の可能性が高いです。

 

 

24時間働いてお金を生んでくれる

 

 

どんな状況下でも常に稼働中ですので

24時間365日営業中ということになります。

 

何もしなくても

不労所得でお金が入ってくるんですね!

 

自動販売機を置けるスペースがあれば

誰でもオーナーとして営業することができるんです。

 

 

もちろんデメリットもある

 

 

一番のデメリットは

立地によって売上が大幅に増減するということです。

 

人通りが多かったり

オフィス街人があつまりやすい場所であれば

売上はかなりのものになりますが

そうでなければ利益を得るのは難しいかもしれません。

 

電気代月5000円くらいでしょうか。

それを高いと思うか安いと思うかはあなた次第!

 

 

どれくらい利益がでるものなの?

 

 

一番聞きたいのはここですよね。

 

そもそも、自販機のオーナーになるには2タイプあります。

 

・場所だけ貸し与え、業者がやりくりしてくれる

・自販機そのものを購入し自分でドリンク補充などを行う

 

どちらがいいかはオーナーさんによって変わりますが

 

 

フルオペレーションタイプ

 

 

場所だけ貸し与えるフルオペレーションタイプ

の場合は業者が設置から補充、ゴミ片付けなど全てやってくれます

 

 

当然ですが利益が小さくなります

 

電気代はこちらで負担となります。

 

だいたいですが売上の20%ほどがこちらに入ります。

 

ジュース1本あたり20円前後という所でしょうか。

電気代のことを考えると1日あたり10本以上売れないと

利益を出すのは難しい・・・

 

 

セミオペレーションタイプ

 

 

セミオペレーションタイプというのは

自分自身ドリンク補充や、ゴミの片づけなどを行います。

 

負担は大きいですが、営業利益全て自分のものとなります

 

 

ですが、自販機を購入する所から始まり

工事代設置代など初期投資にお金がかかります。

 

リースなどを使う場合は毎月の返済も発生するため

最初から純利益を出すのは難しいかもしれません。

 

 

いろいろとデメリットも書きましたが

例えば、クラブハウスのオーナーさんとか

お店を経営されている方で煙草休憩所や店内などに設置すれば

集客することはかなり簡単かと思いますよ。

 

 

 

自動販売機に関する情報はコチラ

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

 

ウォーターサーバーを職場や待合室に設置で作業効率UPやイライラ防止に役立つ?

飲食店やレストランでのお冷は危険がいっぱい?食中毒?口を切ることも?

 

いかがでしたでしょうか。

 

熱中症なってみないと危険さはなかなか感じることができません

ですがなってからでは遅い場合もありなかなか難しいですね。

とにかくヤバいと感じたら「身体を冷やす!」コレですよ!

 

・熱中症、熱射病、日射病といろいろ種類がある

・水分補給よりも身体を冷やすことが最優先である

・真夏の働き者は実は自動販売機さんかもしれない

 

 


コメントを残す