結核の治療は薬を服用するだけで治る?結核菌の休眠と抗体の耐性とは?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

静かに流行している「結核」という病気。

明治時代の頃は不治の病と言われ成すすべなく人が倒れて行きました。

しかし今では治る病気として広く知られています。

特別なことをするわけではなく薬を服用し続けることで治る病気だとか。

ですがどうやら正確には違うようです・・・

結核の初期症状などコチラの記事をまだ読まれてない方は

コチラの記事から読まれることをオススメします↓

結核という病気

結核と聞いても一体どんな病気なのかわからない人もいると思います。

簡単に説明すれば、結核菌が肺に入り込み咳が止まらなくなるんです。

よくドラマなどで咳のしすぎで血を吐くシーンとか見たことありませんか?

あれは血を吐く病気なのではなく、咳のしすぎでノドを痛め吐血してしまうのです。

症状が進むと咳が止まらず呼吸困難で亡くなる方もいるそうです。

他には結核菌が肺から他の臓器へ転移するんです。

転移と聞くとガンを連想しますよね。

まさにあの転移です。

様々な臓器に転移するそうです。

結核菌が脳に転移した場合3分の1の確率で助からないそうです。

薬を飲めば治る病気と謳ってはいるが・・・

結核は昔は不治の病でした。

ですが今は薬を服用することで治る病気と言われており

実際に発病した人でも入院しちゃんと治療を受ければ治るとされています。

確かに薬を服用することにより結核菌を抑えることはできます。

しかし死滅させることは今は不可能なんです。

薬を使ってとりあえず今は落ち着かせるような状態になるんです。

これは個人差があり、薬の効果でもう2度と結核を発病しない人もいますが

免疫力が低く、また再発してしまう人もいます。

免疫力の低下に伴い再発する可能性が高くなる

一度、薬で結核菌を抑えることに成功し治ったとしても

それは治ったのではありません。上記にもありましたが死滅させることは難しいんです。

死滅したのではなく結核菌が体内で「休眠」した状態になっているんです。

免疫力が低下してくると休眠していた結核菌が目を覚まし活発化して

結核が再発することがあるそうです。

睡眠不足栄養不足や偏り過労ストレス風邪など免疫力が下がる事が多い現代。

さらには老化でも免疫力が落ちてきます。

一度も発病していない人でも感染し潜在的に結核菌が体内にいて

免疫力が落ちた時に発病に至る人もいるんです。

「薬の服用を勝手な判断で止めないで」と言う恐ろしい理由

結核という病気は進行スピードがとても遅い病気です。

結核に感染した疑いがあってもすぐ病院に来いとは言われません

進行スピードが遅いため発病する恐れがあるかどうか判断する時期も遅いからです。

すぐ検査してその時は問題なくても、後から発病する例も多く

感染した疑いがあっても1カ月~2カ月後くらいに検査するのが一般的です。

もし発病したとしても排菌しなければ隔離入院することもありません

ですが通院治療となり薬を飲み続けることになります

その通院治療というのがとても長いんです。

だいたい9カ月前後と言われており

その間ずっと薬を飲み続けることに。

この期間が長すぎて薬を飲むのを途中で止めてしまう人がいるんです。

「医師の判断でなく勝手に薬の服用を止めるのはやめて下さい」

結核の通院治療をされている人はこの台詞を絶対聞かされるそうです。

発病する恐れもなく、特に身体に変調がない状態なのに9カ月も薬を飲み続けるなんて

けっこう大変ですよね。

自分勝手にもう大丈夫じゃないか?と服用を止める人が出てくるのもうなずけます。

結核は進行が遅いため、

治ったと思っても治っておらず途中で薬を止めると再発する可能性も。

実は人によっては1度しか薬が効かない場合がある

Sponsored Link

薬を飲めば治ると言っていますが、あくまで結核菌を抑えるだけ

しかも薬を途中で止めると薬に耐性が出来てしまい結核菌に効かなくなってしまうのです。

途中で服用をやめ再発が確認された場合、もう薬が効かない可能性があり

手のほどこしようがなく最悪の場合死に至るそうです。

実際に結核を以前に発病した人に話を聞きました

医者から「薬は一度しか効かないから次に発病したら危険です」

釘をさされたらしいです。

もちろん、個人差があり薬が効かなくなる人もいるので

脅しという意味でも警告したんだとは思いますが

結核は薬で治るとよく聞くだけにショッキングでした。

正確には

「結核は1度目は薬で抑えることができる」

ということなのでしょう・・・

2度目は無いと・・・

結核にならないためにも

今や5人に一人が結核に感染しているらしいです。

発病しなければ大丈夫なのですが、免疫力が落ちてくれば発病の可能性も高まります。

つまりは「免疫力」を高めていきましょう。

今の時代、なかなか難しいのかもしれませんが

健康的な暮らしを心がけ、夜更かしせずバランスのとれた食事

仕事などの過度なストレスは避ける

そして閉鎖的な空間に人が集まりやすい所できるだけ避けるということでしょうか?

・パチンコ

・カラオケ

・漫画喫茶

・ネットカフェ

・不衛生で人が集まる場所

そうはいっても通勤に使う満員電車などまさに最大の感染経路なのですが・・・

実際、結核菌は目に見えません排菌している人の周りは空気中にウヨウヨ浮かんでおり

それを吸い込むことにより「空気感染」してしまいます。

インフルエンザと一緒で目に見えないため防ぐことがとても難しい・・・

やはり免疫力を高めることが一番の予防になるのではないでしょうか?

世界では3大感染症の一つであり結核で多くの方が亡くなっています。

決して昔の病気ではなく、今も恐ろしい病気であることに変わりはないんです。

まとめ

インフルエンザで会社を休むと公休扱い?出勤するのはマナー違反?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...
咳やくしゃみの止め方や原因は?効果的なツボがある?仕事や飲食店ではマナー違反?

いかがでしたでしょうか。

結核菌に効く薬は人により抗体ができて耐性がついてしまい

「1度しか効かない」なんてとても恐ろしいとは思いませんか?

だからと言って恐れおののくのではなく、確実な情報を事前に知っておけば

対応の仕方も変わってきます。

目に見えない以上、日々の生活で免疫力を高めていくほかないのですから。

・結核の進行スピードがとても遅い

・薬で治るわけではなく抑えることにより結核菌が休眠状態になる

・人によって薬が1回しか効かないことがあり2度目は治らない人もいる

・感染している場合、免疫力が落ちてくると発病する危険がある

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする