ZOZOTOWNのツケ払いとは?デビットや電子マネー?便利なカードはいろいろあるが?

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

目の前に欲しいものがあれば買いたくなる。

当然のことですね。

その時にお金があればすぐ買えます。

クレジットカードの登場によりいつでもお金を借りることができるようになり

欲しいものはその場ですぐ買えるようになりました。

ですが最近は「ツケ払い」が流行っているそうです。

支払い方法でメジャーなのは

・現金払い

・カード払い

・リボ払い

・電子マネー払い

でしょうか。ツケというのは昔は飲み屋などで酔っ払いが

「ツケといて~」

というものだと思います。

そのツケというものがどれくらいのサイクルで支払うのか

とても曖昧なものだと思います。

契約書を書くわけでもないので効力はとても弱く感じますが・・・

ZOZOTOWN「ツケ払い」とても流行っているそうです。

クレジットカード払いとどう違うのでしょうか?

Sponsored Link

ZOZOTOWNとは?

ZOZOTOWNとは

2004年頃からから開始したファッション通信販売総合サイトです。

いろいろなショップが集まって一つの総合ファッションサイトを形成しています。

様々なブランドの最新アイテムがそろっており原宿などに行かずとも

クリックで簡単に買えてしまう所が魅力です。

しかもSALEをよく行っており最大で80%OFFもあるんだとか。

7日以内で未使用商品なら返品も可能です。

会員になって月350円払うと即日配送もできるんだとか。

ZOZOTOWNはこちら

ツケ払いって?

2017年3月よりCMが流れ始めました。

「ツケ払い」

どういうシステムかと言いますと

ツケ払いで注文すると、商品がすぐご自宅へ到着します。

そして2カ月経つと請求書もご自宅に届くというものです。

手数料などは一切かかりません

ですが正直言うと私は魅力を感じませんでした。

クレジットを使って2回払い、もしくは一括で買えば良いからです。

おそらく大半の人がそう思うのではないでしょうか?

しかも2カ月という空白期間が逆に怖くも感じます

請求が一気にくるわけですから。しかも自分で払い込む必要がある。

カードなら自動で口座から引き落とされます

手間から見てもクレジットカードの方が優れているように感じます。

ZOZOTOWNツケ払いはこちら

恩恵を受けるのは未成年

実はツケ払いを喜ぶのは

クレジットカードを作れない未成年

カードを持たない社会人です。

ツケ払いを使用する際に

一応、未成年には親の同意が必要となってはいますが

特に書類などを求めるわけでもなく、誰でも使えてしまうのが現状です。

まして未成年ですからそれを支払うお金が毎月入ってくるとも限りません。

さらにお金がすぐに発生しないのでついついもう一つだけと買ってしまい

上限額いっぱいの状態で2カ月後に支払いがどっさりと来る始末・・・

これはきっと大きな社会問題になりそうですね・・・

確かに売れるシステムだとは思います。

人の欲求を満たせるだけについつい手を出してしまう人が続々と現れてます。

しかし、金銭感覚の疎い未成年新社会人を使って親からお金を引き出すシステム

酷いと思います。

何らかの改定が必要でしょう。

しかし、ツケ払いを失くしてしまえば

せっかく取り込んだ新規ユーザーがすぐに離れてしまいかねません。

ですが親の同意書を求めるレベルの改定では問題は解決しないでしょう・・・

そもそも、お金を持たず自己コントロールがまだ曖昧な未成年

簡単に決済ができてしまうようなシステム自体が問題ですね。

現在、ツイッター上ではツケ払いを使いこみ頭を抱えている若者が大勢います・・・

もはや手遅れですが・・・どうするつもりでしょうか・・・

Sponsored Link

デビットカードや電子マネーもある

ツケ払いで盛り上がっていますが、クレジットカード以外にも

便利なカードはあるんです。

デビットカードって知ってますか?

あなたが持っている銀行のキャッシュカードのほとんどに搭載されている機能です。

あとは電子マネーです。私もよく使います。

クレジットはデータ通信に時間がかかりますが、電子マネーはピッとかざすだけで

取引が終わるためとても便利です。

デビットカード

デビットカードというのは銀行口座より直接お金を支払うサービスです。

クレジットと違い、借金をするわけではないです。

デビットカードで支払いをすると銀行口座に入っている金額から自動

お金が引かれるんです。これって安心ですよね。

しかも銀行に残高が無ければそれ以上使うことはできません

残高が無くなるほど使う時点で問題があるとは思いますが・・・

ただ、デメリットもあります。

あくまで銀行の口座から直接お金が引き落とされるシステムですので

使用できる時間が限られています。カードによりますが

朝9時から夜20時21時くらいまでしか使えないということです。

中には24時間使えるデビットカードもあるんだとか。

おそらく手数料などかかってくるのではないでしょうか。

電子マネー

JRのSuikaが有名ですよね。

他には楽天Edy、セブンイレブンのnanacoもありますし

イオン系のスーパーのWAONもあります。

いろいろあって混乱しがちですが、それぞれのカードで

それぞれのポイント還元などの特典を受けれます。

電子マネーとは言葉の通り、お金のデジタル化です。

お金を借りるわけでもなく、直接口座から引かれるわけでもありません。

現金を機械を使ってカードにチャージ(デジタル化して入れる)するんです。

最初は戸惑うかもしれませんが、残額も機械を通して簡単に見れますし

決済もクレジットやデビットのように通信が無いため、すぐ終わります。

面倒な小銭を出す手間もなくカードをかざすだけ。未成年も持つことができます。

特に良い点はサイフを持たずに済むということではないでしょうか。

職場などで盗難に会う人も中にはいます。

しかし電子マネーのカードならば、身に着けて職場に出ても問題ありません

ただしデメリットもあります。

チャージ限度額が存在します。カードによって違いますが

ほとんど2万円までが上限になっています。

こまめに電子マネーを使っているとすぐにチャージする手間が出てしまいます。

コンビニなどでも簡単にチャージできるのでチャージ場所に困ることはありません

それだけがネックですね・・・限度額が増減できればいいのですが

その予定はないようです。

まとめ

バイト先や職場でお金を盗まれた?上司に報告?警察に通報?取るべき行動と自己防衛策は?
リボ払いはクレジットカードで便利なの?手数料は高い?金銭感覚が狂ってしまう?

いかがでしたでしょうか。

ZOZOTOWNのツケ払いにはさすがに度肝を抜かれました

ただ、よく聞いてみると私はあまり使いたいとは思いませんでしたが。

人によっては使いたい人もいると思います。

ですが、収入の見込みが無いのであれば

あまり手を出さない方が身のためかもしれません。

他にもデビットカード電子マネーなど便利なものもあります。

こちらの方がお金をコントロールしやすいのではないでしょうか?

・ツケ払いは2カ月後に請求がくる

・ツケ払いは未成年者に大人気

・ツケ払いのせいで若者がパンク寸前

収入の見込みが無い者が手を出すものではない

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする