自転車通勤の保険のメリットは?無灯火の罰金や歩道は走行禁止で違反?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

最近、自転車通勤をする人が増えましたよね。

毎朝の通勤ラッシュ回避運動不足解消など良い所もありますが

実は気をつけないといけない部分もあります。

今回は自転車通勤のデメリットをご紹介いたします。

自転車通勤の悪い所

自転車と聞くと子供の頃によく乗ったご経験が

あるのではないでしょうか?

ただ、昔と違って法律もいろいろ変わり

いろいろな危険も増しました

何かあった場合「知りませんでした」は通用しません。

事故でも起こせば多額の請求がくるかもしれません。

今や自転車もリスクが大きい乗り物なんです。

自転車がつかまるよくある事例

自転車2人乗り

昔はよく後ろの荷台に友達や恋人をのせて

走りましたよね。青洲ドラマや映画でもよく二人のり

光景を目にしたものです。

しかし、今はダメなんです。違反です。

注意で済む場合もありますが、捕まる可能性もあります

音楽を聴きながら乗車

昔は漫画の主人公などもシャカシャカ耳元で音を鳴らし

通学するような場面も多くありましたが

これも違反です。

これはほぼ捕まると思います。

よく考えたら、バックミラーもついていないため

耳をふさいだら

周りだけに限らず後方の音や気配もわからず大変危ないですよね

無灯火

多分、これが一番多いのではないでしょうか。

昔ももちろんダメでしたが、今もダメです。

つい自転車だからいいかとか、ペダルを回して

発電するタイプのライトは面倒くさいとか。

今は電池や充電タイプのライトもたくさん売ってます。

そもそも、ライトを点ける意味は自分の身の安全の為です。

歩道は無法地帯

自転車は車両扱いとなっており、車と一緒です。

なので基本的に歩道を走ってはいけません。

車道を走りましょう。

しかし、現状は多くの自転車が歩道を走っています。

自転車でパトロールしている警察官ですら歩道を走ってますから。

どうなってるんでしょうね。

法律でも自転車はやむを得ない場合は歩道を走ってもよい

とはなっています。

しかしいわゆるママチャリたち歩道オンリーになってますよね。

大抵のママチャリは

・車がこわいし危ない

・歩道の方が安全

みたいなことを言いますが逆です。

車道の方が安全です。決まったルールがありますから。

逆走もしませんし、信号により急な飛び出しもありません

もちろんルールを守らないドライバーもいますが、それは一部であって

いつもそんな人たちばかりではありません。

そんなことを言い出せば、電車や車、飛行機など全てに危険があります

歩道を歩いている人たちはルールなんてお構いなしです。

急に子供が飛び出してくるかもしれません

年寄りが突然思い出して急に方向転換したり

歩行者が急に止まるかもしれません。

横一列に歩いている若者や逆走する自転車もいます。

歩道は徒歩だからこそ危険回避も可能ですが、

自転車が歩道にて上記のようなことに出くわした場合

判断が遅れれば接触や事故になりかねません。

歩行者が悪いんだ!

こんな言い草通用しません。

力の強い方が悪くなります。

車とバイクがぶつかればが悪くなります。

バイクと自転車がぶつかればバイクが悪く

では自転車と人がぶつかれば・・・

実際に自転車で人を引いてしまい歩行者が死亡して

9000万円の賠償命令

がでた事例もあります。

自転車への風当たりも強くなり、周りの歩行者にも

疎まれやすくなってしまってます。

自転車というイメージ自体が悪くなってしまってるんです。

悲しいことですが。

何か事故を起こせば歩行者からは悪い証言をされるかもしれません。

できる限り車道を走りましょう

保険の重要性

Sponsored Link

自転車なんだし、自分は大丈夫だよ。

そう思う気持ちもわかるのですが、

本当にいつ何が起きるかわかりません。

実際に死亡事故にでもなれば多額の賠償請求も発生します。

自分がケガをして仕事に行けなくなった場合も

収入が無くなってしまいます。

「でも自転車保険っていくらするの?高いんでしょ?」

確かにピンキリですが、安い保険もいっぱいあります。

毎月500円前後で家族全員が自転車保険適用になるものも。

最大で1億円の賠償責任保障入院一時金など

保険によって様々なサービスがあるので

自分にあった保険を探すのもいいと思います。

自転車の管理

何と言っても管理が大変かもしれません。

一番は置く場所です。

自転車を置く場所

自宅には駐輪場やスペースがあると思いますが

出先ではどうしても路上駐車となってしまいます。

いきなり持っていかれることはありませんが

怖いのは自転車撤去ですよね。

歩行者近隣住民などうるさい人はうるさいので

「そんなとこに自転車を置くな!」などトラブルもあります。

いたずら盗難も怖いですよね。

自転車が身近な存在だけに、

誰かが自分の自転車をかまっていても不審に思われにくく

自転車盗難というのはものすごい多いです。

サドルだけ盗まれたなんて話もあります。

自転車通勤で会社に駐輪しても

サドルとペダルをはずして会社に持ち込む人もいるとか。

通常のカギだけではなく、チェーンロック

U字ロックなど最低でも2種類以上は欲しいところです。

パンクやチェーンのトラブル

路上は綺麗とは限りません。

道路工事で何かの破片くぎなどが

道路に落ちているなんてこともよくあります。

チェーンも同じです。

チェーンは体で言ってみれば大事な血管のようなもの。

油はさしてますか?さびさびになってませんか?

チェーンが突然切れてしまうかもしれません。

はずれることもあるでしょう。

慣れている人なら自分で直せますが、だいたいは

自転車屋さんにて修理ですよね。昼間ならいいですが

夜などの帰宅途中だとお店もやってない場合が多く

困ってしまうかもしれません。

こまめに自転車屋さんにて点検をしてもらうか

自分で点検し管理できるようになった方が

自転車と長く付き合っていく上で必要かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

悪い点をずらりと並べてしまいましたが

ちゃんと気を付けていればトラブルも少ないと思います。

たかが自転車なんだからいいじゃないか

という気持ちを抑え、状況変化の激しい世の中ですから

自転車通勤をする上で万全の準備知識を備えておきましょう

・昔とルールがかわっている

・歩道ではなく車道を走りましょう

歩道は無法地帯。車道の方が安全

自転車保険に入った方が良い

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする