損はしない?確定拠出年金ってなに?銀行マンに聞いたウラ話

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

最近、よく耳にしませんか??

「確定拠出年金」

(かくていきょしゅつねんきん)

将来が不安な方!未来に不安な方!

貯金や貯蓄する時代は終わった!

これからは自らお金を増やしていく時代!

未来の自分を助けるのは自分!

このような謳い文句を目にすることが増えました。

なんとなく理解している

・お金を運用すると聞くと面倒くさそう・・・

・結局は株のように投資するってことでしょ?

本当にお金は増えるの?リスクは?

年金の代わりになるようなもの?

・実際に成功や失敗をしているデータが知りたい

良い事ばかりを目にすると、どうしてもそのを気にしてしまいます。

確定拠出年金とはどのようなものなのでしょうか?

また、未来に勝利するような存在なのでしょうか?

確定拠出年金とは

この制度は今に始まったものではありません

以前から存在していました。

会社単位従業員から毎月お金を集め、それを元手にして運用

少しでも増やして退職金などの増額を目指そうというものです。

ではなぜ最近、よく耳にするようになったのか。

それは確定拠出年金は今まで法人でのみ行うことができました

しかし、近年の社会や年金に対する不安が大きくなり

法人だけでなく個人でも確定拠出年金を使えるようになったのです。

主に銀行などで確定拠出年金(商品名は銀行によって異なる)を

商品として取り扱っています。

具体的には何をするの??

確定拠出年金という言葉だけが先行してしまい

実際にどういうことなのかわからないですよね・・・

具体的に何をするのかと言うと

毎月お金を少額ずつ積み立てて行きます。

5000円ほどから始められる商品もあります。

中には5万円積み立てる人も。

ここからは株のイメージなのですが

その積立金を使って様々な金融商品に「投資」を行うんです。

将来的に価値が上がるであろう商品を購入して

価値が上がったら売却する。

その利幅を増やしていき積み立てたお金を増やそう!

というものなのです。

銀行に委託すれば毎月少額ずつお金を預けていくだけ

運用してもらうこともできます。

流行りのFXはリスクが大きくて怖い!

でもお金をちょっとずつでも増やしたい!

そんな人向けのローリスク・ローリターン商品です。

ここまで聞くと

「なんだ、お金を預けるだけで少しずつでも増えるのか」

「貯金しても利息はほとんどつかないからいいな」

「ただお金を持っているだけよりは良いかも」

「将来、年金がもらえるかもわからないからな」

実際に年金受給額もどんどん減っている中

自分は年金をもらえるのだろうか?

そんな将来の不安を取り除く救世主のような存在として

登場したのが「個人型の確定拠出年金」なのです。

メリットやデメリットは?

実は大きなメリットが存在します。

皆さんは税金を国に納めていると思います。

中でも身近な存在として

・所得税

・住民税

がありますよね。

所得税は働いた給料から定額引かれ、

住民税は年収によって毎年請求されます。

積み立て金額がそのまま税金控除される

特に住民税6月頃に急に請求が来てびっくりする人も

多いのではないでしょうか?

それらの税金を確定拠出年金を積み立てることで

相殺することができるのです!

ん?どういうこと?

簡単に言うと毎月5000円ずつ年間で6万円積み立てた場合

請求されるであろう住民税から6万円控除されるんです!

実際には所得税や住民税が控除されたとしても

その分のお金は積み立てとして預けていくので

収支的には「プラスマイナスゼロ」です。

ですが、積み立てたお金を運用し少しでも増えると考えれば

税金控除は大きなメリットに感じませんか?

60歳まで受け取れない

良い事ばかりではありません。

実は確定拠出年金として積み立てたお金は

60歳になるまで絶対に受け取れません。

途中で困った時に引き落としたり、そこから借りたりできないんです。

自分で積み立てたお金なのに??

それが大きな特徴の一つなんです。

年金と同じようなイメージで

自分が定年を迎え、仕事を辞めた後に

積み立てた額以上に多くお金がもらえると逆に考えれば

将来の不安が薄らぐとも言えます。

実際の所、本当はどうなの?うまくいくの?

Sponsored Link

ネットで調べたり、銀行にて話を聞くとメリットばかりで

あまりデメリットの話聞けなかったりにごされたり

リスクがあるのはわかるけど、実際の所、成功するの?

そんな疑問が沸きませんか?

銀行関係者にこっそりいろいろと伺って来ました。

実際の数値は6~7割程度らしい

この6~7割というのは

良い意味でも悪い意味でもだそうです。

確定拠出年金を使って成功する人6割ちょっとほどだそうです。

というのも、そのような統計をあまり行わないそうで変動もするとか。

成功率が6割です!

なんて大きな声で説明すればお客さんも減ってしまいますよね。

それじゃあギャンブルみたいなものじゃないか!と。

つまりは3割くらいの人に元金割れが起こっている

ということですね・・・

30年かけて1000万円の積み立てをしたとします。

もちろん運用に成功しお金が増えてそれ以上もらえる人も実際います。

ですが、3割くらいの人は1000万よりも少ない金額に

なってしまう人もいるということです・・・

どの程度お金が減ってしまうのか・・・

先ほどの6~7割という数字がまたきます・・・

失敗して残る金額も・・・6~7割ほどだそうです。

先ほどの1000万でいうと3割くらいの人は失敗して

3割ほど失うと考えると700万しか残らない可能性がある

ということですね・・・

これが大きなデメリットの一つ

「元金保証されていない」です。

上記の数字はあくまで例であり、3割失っても大変です。

ですが3割で済むかどうかそれは誰にもわかりません・・・

毎月手数料が発生している

意外と説明不足なのが「手数料」の存在です。

毎月5000円積み立てればいいのかと

普通は考えてしまいますよね。

ですがそこに手数料が発生してしまいます。

毎月500~1000円程度かかるシステムになってるんですね。

ものによってはもっと高いケースも。

つまり毎月5000円積み立ても

実際は5500円払うことになる可能性もあるということです。

これは商品によって変わってくるそうです。

運用する金融商品を選ぶ際は手数料にも注意が必要ですね。

銀行マンに聞いた「ウラ話」

商品を売る側として、メリットがある話はするけど

デメリット部分についてはあまり説明しない人が多いそうです。

良い事だけを口頭で説明し、

悪い部分

「こちらの説明書にも目を通しておいて下さいね」

とパンフを渡すだけでちゃんと説明してくれないとか。

銀行マンの言いなりになるのは危険

ちゃんと確定拠出年金を理解した上で来るお客

成功する人もいるそうですが、

中にはよくわからずに銀行で説明を受けてそのまま委託する人も。

デメリットが理解できていないこともそうですが、

どの金融商品で運用するかなどの選択すらも思考停止してしまい

受付の人に「どれがいいの?」と聞いてしまう人も少なくありません。

この確定拠出年金というのは銀行側からすると

他と比べるとあまり利益のでない商品なんだそうです。

ではどこで利益を取ろうとするか・・・

手数料です。

どの商品が良いかと聞かれると受付の人は

さりげなく毎月の手数料が高い商品をオススメするそうです。

銀行マンは実際に使用するのか

確定拠出年金がとても魅力的な商品であるのなら

銀行マンたちもこぞってやっているはず!

実際に伺ってみると・・・

ほとんど使っていませんでした・・・

理由を聞いてみると

「元金が保証されていないなんて怖くてしょうがない」

とのことでした・・・

ご、ごもっとも・・・。

もし使うとしても1割くらいだそうです。

というのは1万円を将来の積み立てとして考えるなら

1割の1000円程度を使って確定拠出年金をやってみてもいいかな?程度とか。

では残りの9割はどうするのか尋ねると

「確定給付型」の保険商品などに使うそうです。

この確定給付型というのは「元金保証」があり、

積み立てた額は必ず将来返ってくるという商品です。

リスクをかかえるにしても

「分散」することが大事と伺いました。

もし確定拠出年金を考えている方は

「確定給付型」の別商品を調べてみても良いかもしれませんね。

まとめ

お金を増やす習慣で収入が変化する?成功者たちの5つの習慣
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 いくら...
VALUヒカルさん事件って何なの?使い方は?株式と同じってどういう意味?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 最近、...
税金が高い!払いたくない!ふるさと納税を使ってお礼をもらう?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 最近話題のふるさと納税...

いかがでしたでしょうか。

実際に全てを委託せず、自分自身で売買して運用する人もいます。

成功する人もいるわけですから必ずしもダメな商品ではありません

ですが良く見えるものには必ずウラがあるということですね。

話題だからと安易に手を出す前に事前のリサーチ

とても大切かもしれません・・・

・確定拠出年金はローリスク

・低リスクとは言っても失敗しないわけではない

確定給付型の保険商品の方が安全である

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする