運動不足を解消するために通勤電車の空き時間を利用?階段やつり革?揺れすらも?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

毎日の通勤お疲れ様です。

会社やお店で働くのは当然なのですが、この毎日の通勤・・・

大変ですよね。

通勤時間が長ければ長いほど

家にいる時間が短くなってしまい、

趣味や休息の時間が減ってしまいます。

たまの休日も家族サービスややるべきことがたまっており、

やりたいこと全てができるわけではありません。

また、現代病とも言うべき運動不足へ目を向けることは

もっと難しいことでしょう。

せっかくの休日に運動で疲れて終わるのも・・・

そんな時間の無い方にもできる

通勤電車での簡単なトレーニング方法をご紹介いたします。

通勤電車での簡単な運動効果のあるトレーニング

通勤電車って疲れます。

ましてや朝の通勤ラッシュなど地獄絵図です。

その通勤電車での時間を

有効に活用できたらとてもいいですよね!

全てに対応できるわけではないですが、

短時間で運動効果の出るトレーニング方法をご紹介いたします。

駅構内での階段

駅の階段って大変ですよね。

地下鉄なんて階段が長くて長くて・・・

でも、逆に言えば階段で運動できるチャンスでもあるんです。

ただ、運動しても効果は薄いです。

ちゃんとどこの筋肉を使っているのか意識した方が

高い効果を得られます。

姿勢を正しく伸ばした状態階段を一段ずつのぼります。

ももの表面裏側おしりの筋肉が使えています。

ももの表面は使えていることはわかりやすいですよね。

階段をのぼ時にももの裏を触りながらのぼってみて下さい。

姿勢が悪いとうまく使えませんが、

姿勢をまっすぐ正しくしながら昇れば

裏側の筋肉もちゃんと使えていることがわかると思います。

さらに実はおしりの筋肉も使っているんです。

ももの裏側やおしりの筋肉は背中や腰の筋肉に繋がっているので

うまく鍛えることができれば腰痛にも効果テキメンなんです!

さらにはももの筋肉は体の中でも一番大きく

カロリー消費も多いので

ももを鍛えればダイエット効果もあります。

階段を一段飛ばしでのぼった方がいいの?

駅での階段を1段飛ばしでのぼる人っていますよね。

なんだか早く移動できるし、

普通に一段ずつのぼるより効果が高いように感じます

一段ずつのぼるより一段飛ばしでのぼった方が

確かに筋肉への負荷が高まります。

だからといって

普通にのぼるよりいいということはありません。

どちらも良いと思います。

普通にのぼれば持久力が高まりますし

一段飛ばしでのぼれば瞬発力が高まると思います。

織り交ぜてのぼれるのが一番いいですね。

つり革を使った運動

Sponsored Link

電車内でつかまるためのつり革。

せっかくなのでこれでも運動できればいいですよね。

運動と言っても周りの人が見てあきらかにわかるような

運動は恥ずかしいですし、非常識にもほどがあります。

それに仕事をする前に疲れてしまいます。

そうではなく、筋肉が使えていると意識できるだけで

いいと思います。

つり革を掴んでいる状態下へと引くように意識しましょう。

二の腕や、握力も鍛えれます。

下に引き続けてみたり

2秒ずつくらいひいては力を抜くでもいいですね。

もしつり革を両手で一本ずつつかめるなら

つかんだ状態で

胸の筋肉に力が入るよう両脇をしめるのも効果があります。

女性だと胸の筋肉が少しあればバストアップの効果

期待できますよ!

つり革をつかめなくても

大抵の人は壁やドア、捕まり棒などに

寄りかかる人が多いと思います。

もったいないです。

寄りかかるのをやめ、仁王立ちでバランスをとりましょう。

ただし進行方向側に体を向けるのではなく、

進行方向に垂直で仁王立ちして下さい。

進行方向側に向いている

急な加減速時に転んでしまうかもしれませんので。

垂直にたっていれば転ぶ可能性は低いと思います。

できるだけ仁王立ちの状態で

足を前に出したり後ろへ下げたりせず、

バランスだけで電車の揺れに抗うんです。

バランス感覚を養うと同時に体の様々な筋肉を感覚的に使うので

いろいろな部位を使うことになります。

これだけでもかなりの効果が期待できることでしょう。

まとめ

仕事中にダイエットしたい!でも運動は嫌!プチファスティングとは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 誰しも...
通勤満員電車で痴漢冤罪疑われてしまったら?誰でも簡単にできる4つの対処法とは?

いかがでしたでしょうか。

電車の中でスマホをで頭を使うのもいいですが

意識して体を使うのも悪くないですよね。

特に普段、運動する機会が少ない人にとっては

移動と運動を同時に行える一挙両得の構えにもなります。

試してみてはいかがでしょうか?

・駅での階段の上り下り

・電車内のつり革を使う

・電車内の揺れすら運動器具

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする