見たくない!触りたくない!片付けたくない!ゴキブリ退治といなくならない理由とは?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

ご自宅飲食店などで見かけるG(ゴキブリ)

初めて見た時はもうびっくりしますよね。

1匹見たら30匹はいる!

なんて謎の言葉まで存在します。

漫画「こち亀」の両さんもよくGと戦っていましたが

やみくもに戦ってもよくないです。

戦い方によってはさらに増殖してしまいます。

気持ち悪いから見たくない!

そんな人も多いと思いますが、実際に目の当たりにした時

そうやって逃げても始まりません。おそらくご自宅での出会いが濃厚です。

仕留めそこなった場合は彼らが徘徊しているであろうご自宅のお部屋に

一緒に一晩過ごすことになるのですから・・・

気持ち悪いと思う方もここでしっかりと知識を入れて頂き

敵を知るからこそ効率よく効果的に戦っていくことができるのです。

振り返ればGがいる

Gはどこにでもいます。

繁華街で酔っぱらって千鳥足のおじさんが歩いているかの如く

普通に街を歩いています。

なぜGは嫌われるのか

世の中には様々な虫がいますが、中でも群を抜いて嫌われているのがGです。

なぜそんなに目の敵にされるのでしょうか・・・

Gは暗くてジメジメした所が大好きです。

ちゃんとしたエサが無くても、残飯や人の髪の毛フン死骸など

なんでも食べる好き嫌い無い子なんです・・・

つまりGというのは一言で言えば「とても汚い」のです。

体中にありとあらゆる細菌病原菌を身にまとっていても不思議ではありません。

Gが歩くということは細菌や病原菌が歩くのと同ことを意味しています。

ですから飲食店などでGを見かけるということはとても不衛生であり

印象もとても悪く目の敵にしているわけですね。

なぜ飲食店にはGが多いのか

飲食店って綺麗なお店と汚いお店の両極端ですよね。

汚いお店にはもちろんいっぱいGがいますが、綺麗なお店にでもいます

どんなに予防したとしても100%駆除や予防することはできないんです。

日々、清掃を繰り返しGが住みにくい環境作り一番効果的なんです。

それでもGはやってきます。なぜか・・・

それは毎日飲食店に運ばれてくる食材に答えがあります。

実は段ボールたくさんのGやGの卵がいるんです。

ダンボールは衝撃を吸収するために内側があみあみ状になっています。

そこが彼ら達の部屋となっているんです。ハチの巣のようなイメージですね。

ビール瓶の底などもたくさんの隙間が存在します。

そこにもGはいるんですね。

毎日毎日Gが段ボールやビールなどと一緒に飲食店に運ばれてきてしまうのです。

どんなに気をつけていても毎日配送されてくるから減るわけも無いんです。

一番の原因は配送業者のトラックの荷台です。そこに実はいっぱいGがくらしているんです。

そこから配送する食材の段ボールなどに移り済むことにより各飲食店に

お引越ししてくるわけです・・・

そりゃ減りませんよ。

Gの寿命は?

恐竜がいた時代からGたちは生きていたとか聞きませんか?

食事もなんでも食べるしなんだか長生きなイメージがあります。

実は寿命は1年~2年弱ほどです。

え?みじかっ!

それでも見かけるということはものすごいスピードで繁殖しているんです。

すぐ繁殖し死んで成長しの繰り返し・・・想像するだけで恐ろしい・・・

どうして人の済む所にGはいるのか

Gに対する撃退グッズは星のようにありますよね。

毒を食べさせ殺すタイプやスプレーを噴射し神経を破壊するタイプ

神経毒入りのエサタイプ、毒を食べたGのフンや体を食べたGまでも殺す芋づる式タイプ

おびき寄せて捕まえるハウスタイプ、毒霧を噴出させ空間ごと滅殺する大量虐殺タイプなど

これほどまでに奴らを殺す恐ろしい武器を作りあげているのに

全くもって減っているイメージがありません

まるで殺虫剤業者が薬を売るためにGを散布しているとしか思えない状況です(笑)

自宅であれほど殺虫剤を使って撃退してもまたすぐ引っ越ししてきます。

一体どこに奴らはいるのでしょうか?

Gというのは1カ月くらいなら食事をしなくても水分がとれれば生きれます

ご自宅にはシンクやお風呂場など水を出す所もありますが

いつも水がそこにあるわけではありません。

しかし我々が住んでいる街にいつも必ず大量の水がある場所があるんです。

それがGが全く減らない一番の原因でもあります。

それは下水道です。

いつも暗く、ジメジメして、さらに水分も取れる。

しかもいろいろな汚いものもたくさんあり、エサにも困りません。

街を作るにあたり水まわりをよくするために作られている下水道そのものが

Gたちの最大のコロニーと化しているんです。

皮肉なことに人が街を作れば作るほど、その広大な地下の下水道にも

たくさんのGたちが住み着いていることになります。もはや共存です。

その巨大なコロニーからたまに地上に引っ越してくる一部のGを撃退しても

全体から見れば微々たるもので全くもって減ることは無いのです・・・

それでもGと戦うあなたへ

Sponsored Link

どんなに増えようとも我々はGと戦っていかねばなりません。

毎日が戦争です。

効率よく効果的に薬剤などを使って行くしかありません。

Gをつぶしてはいけない

Gは焦って潰してはいけません。

緊急時の場合はしょうがありませんが。

靴で踏んだり新聞丸めて叩いたりなどの方法もありますが

実は潰すと、Gの中に卵がいた場合にそれらが周りへ飛び散ってしまうんです。

Gの卵は枝豆のような感じ30前後の卵が繋がっています

潰れた衝撃で周りへ飛び散ってしまい、ゾンビのように生まれてきます。

1匹いたら30匹はいる!というのはこの卵の数からきているようです。

もし叩く場合はちょっと手加減ぎみでたたいてから薬を使うもよし

そのまま袋などにいれてすてるもよし、そのまま公園の土においてアリさんに

食べてもらうもよしです。

Gの弱点とは?

Gの弱点をご存知ですか?

それはお腹です。虫が死ぬ時にひっくり返るのはお腹を守るためです。

普段はお腹を下にしているので毒を受け付けにくいですが、床などに毒がまかれていたら

足やお腹に毒が回ってしまい死んでしまいます。

それを回避するために毒をはじきやすい背中を床につけ、

これ以上お腹に毒を付けないようにしているんです。

結局は人間が作った即効性の高い毒なため死んでしまうのですが・・・

つまり、スプレータイプの殺虫剤も背中などの表面に噴射するよりも

お腹にあたるようにG直接ではなく、近辺に噴射することで撃退率がUPします。

通り道に爆弾を置く

Gの習性を利用するんです。

基本的には壁などのある端を歩きます。

堂々とフローリングのど真ん中を歩いたりしません。

必ず隅っこを歩いているはずです。

潜んでいそうな暗くジメジメした箇所から人の住むエリアに繋がる通り道

ホイホイなどのハウスタイプを設置しておけば、我々の目に触れることも激減します。

エサタイプを通り道に置くのも効果はありますが

即効性が無いタイプもあり、エサを美味しく食べて、いずれ死にますが

そのまま人の住むエリアに入ってきてしまいます。

ご自宅もそうですが、飲食店の場合は厨房と客席をつなぐ通り道になりそうな所へ

ハウスを設置することでお客さんの目に触れさせない効果があります。

エサタイプは潜んでいそうな所へどんどん配置していいと思います。

ですがGと人の住処を繋ぐ通り道へはハウス設置がとても有効です。

自宅でGを見かけたら

基本的には上記のような行動をとるのですが

中にはもう部屋で安心して眠れない!そんな方もいらっしゃいます。

そういう場合は毒霧噴射タイプのバルサン的なものを部屋に使いましょう。

その後でさらに毒エサタイプを至る所へ設置するんです。

というのも、その場のGが死んでも卵が残っている場合があるんです。

Gの卵というのは進化してまして、

卵の表面に毒がついても大丈夫なんです。バルサン的なものが卵の表面に付着しても

そのまま孵化してしまいます。

その為に毒エサタイプの第二次爆弾で一網打尽にする作戦ですね。

これでしばらくは平和になると思います。

飲食店に有効な撃退方法

飲食店にはいっぱいGが潜んでいます。

いつも引越ししてきますし、ご自宅に比べればエサも水もたくさんありますから。

そんなGたちにいつも薬で対抗するのはお金がかかってしまいます

飲食店でGが潜みやすい場所というのは厨房内の厨房機器の裏や奥です。

いちいち重い冷蔵庫などを動かして掃除することも難しいです。

そこで毎日手軽に清掃&駆除できる方法があります。

それは熱湯です!

熱湯を流すと自然とGのお腹を直撃できます。

50℃以上で即死します。ですが60℃以上の方が確実ですね。

60~70℃前後の熱湯をバケツなどにためます。できれば2,3つのバケツを用意します。

それらを厨房機器の下の空間へ一気に流し込むんです。

1つのバケツで2,3回お湯をまくのではなく、まく時は一回で流し込んで下さい。

津波のような勢いで下に落ちているゴミと一緒にGたちがひっくり返った状態で

流れ落ちてきます。

薬剤を使う必要もなく、お腹の卵を飛び散らかすこともありません。

とても有効ですよ!

ご自宅ではなかなか難しいかもしれませんが、お風呂場やシンクの中などに現れた場合は

熱湯も試してみて下さい。

それでも強力に効く薬が欲しい方

市販の薬をいろいろ試したが満足できない

またはGの死骸を片付けたくない見たくない触りたくない

でも家から周りからは消えて欲しい

そんな方にうってつけの薬剤があります。

プロの駆除業者も使うG駆除薬剤です。

金額もお手頃でお求めやすいと思います。

私も使用したことがありますが効果は抜群です。

長期間に渡り彼らに出会うことは無くなってしまうことでしょう・・・

よかったら見てみるだけ見て下さい👇



まとめ

飲食店の売上アップの具体的な方法は?起きやすいクレームは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...

いかがでしたでしょうか。

もはや我々人類はGとは死ぬまで戦い続ける運命にあるようです。

高層マンションに住んでるから安心と思ってる方も危険ですよ。

排水管などを普通に伝ってきますから。

雨水を下に流す管などは

雨が降っていなければGとご自宅を繋ぐ一本道のただのトンネルです。

常に交戦できる準備をしましょう。忘れたころに鉢合わせします。

季節の変わり目など毒エサタイプの設置を取り換えましょう。

3カ月から半年に一回は取り換えるとほぼみかけなくなります。

・Gはあらゆる方法で引っ越ししてくる

・人間の住む地下の下水道にGの巨大コロニーが存在する

・慌てて潰すと卵が飛び散ってしまう

・Gの弱点はお腹

・意外に熱湯にも弱い

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする