仕事辞める!辞めたい!退職を決める理由と続ける努力の考え方とは?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

出会いあれば別れあり。

同じく、会社へ入社あれば退社あり

人不足と叫ばれている中でせっかく貴重な人材が入社したのに

すぐに辞めてしまった・・・正直よくありますよね。

もはや社会全体が「あきらめ」の域に達していると感じすらします。

退職するのは個人の意思であり自由です。

そこまではさすがに強制できません・・・

ですがせめて退職していく人達がどのように考えているのか

知っておくべきではないでしょうか?

そして退職を考えている人はこの記事が何かの役に立ちましたら幸いです。

退職を決める理由は?

退職を決める理由は人それぞれだとは思います。

やはり働いていく上でいろいろと不満というのは出てきてしまいますよね。

しかもその大半は

自分ではどうにもならないと感じることが多いのではないでしょうか?

給料が少ない

なんと言っても第一位は給料が少ない!ですよね・・・

給料が少ないと感じる要因はいろいろあると思います。

ですが一番の原因募集要項に記載されていた金額と違う!

ではないでしょうか?

特に新社会人の人に多いのですが

募集要項には給与〇〇万円と書いてあったのに

実際銀行口座に振り込まれた金額は全然少ないんですが・・・

と思う人が多いようです。

「話が違うじゃないか!」

いえいえ、会社としては募集要項通りに〇〇万円お支払いしているんです。

ですが、振り込まれた金額は記載された額よりも少ない

それは日本の国のシステムで税金や保険料が天引きされているからなんです。

・社会保険

・厚生年金

・雇用保険

・所得税

・住民税

などが同時に引かれているんです。

住民税はちょっと前までは自宅の方に市や区から支払い用紙が届いていたと思いますが

最近は会社から徴収するよう強く出てきており会社の給料から引かれています

これは前々から決まっていたことであり、急に変わったわけではありません。

やはり自宅へ送っても払ってくれない人も多く、それを徴収するよう動くにも

いちいちお金や人がかかる為、職場の給料から天引きしてしまうのが一番楽なのでしょう。

しかも天引きされている項目の恐ろしいことに

給料が上がれば上がるほど全て天引きされる額が増えていきます

20~30万の給料よりも

50万以上もらっている人は2倍3倍税金や保険料を払わされています

給料が増えたら増えたで悩みも増えるかも・・・

会社からの自分の評価や人事に不満

次に退職を考える理由に「自分への評価や人事」があります。

・自分はこんなにがんばっているのに

・これほど会社のことを考えているのに

・あの上司とはソリが合わないだけ

特に新社会人の人たちは学生気分も抜けてないのもあり

無理矢理に上司の言うことを従おうとして疲れ切ってしまう節があるようです。

「もっと自由にやらせてくれればいいのに」

「ちょっとくらいいいじゃないか」

「そんなに怒ることか?」

そんな風に考えるのも自由です。

ですが勘違いをしている面もあります。

お金をもらっているということ

確かに学生時代は単位を取るも落とすも学生自身が判断し選ぶことができました。

授業中に先生や教授の話を聞かずに別の事をしていたり

サークル活動に力を入れる者バイトに専念する者といろいろかと思います。

なぜこんなにも自由に選択することができるのでしょうか?

それはあなたが(家族が)学校へお金を払っているからです!

極端な話、学校は授業料さえもらえればという側面ももっています。

やる気の無い人間を強引に教室へ連れて行き授業や講義を受けさせても

無駄な労力になります。

進学率や就職率が下がってしまえば入学希望が減ってしまうのもありますが

誰でも入れるような専門学校への進学や家業を継ぐなどで数字はごまかせるもの。

学校はお金をもらっているからこそ、あなたを過剰に拘束しません

本気で文句を言うこともありません。だから自由なんです。

ですが、会社はどうでしょうか?

会社はあなたへお金を払っています

お金を払う以上は会社はあなたを評価したり選べたりする権利があるわけです。

学生時代に自由にしていた学生と同じように。

あなたがもしラーメン屋に行って、髪の毛が入っていたら文句を言いますよね?

ラーメンがまずかったら2度そのお店には行きません・・・

それはあなたがお金を払っているからなんです。

評価も来店するかどうかお金を支払っているから決めれるんですね。

残業や休日出勤が嫌

通常勤務とは別で残業や休日出勤をしなければならない時ってよくあります。

・本来は帰れる時間なのに

・飲み会の約束がパーになった

・休日の予定がめちゃくちゃ

確かに予定が崩れるのは嫌ですよね。

就業時間も決まっているはずなので、その時間内で仕事をすればいいじゃないか!

そう思うのは当然だと思います。

ただ、なんでもそうですが仕事というのは

結果が無ければ全てがゼロに等しいんです。

学校などでもテスト前で勉強しないと卒業できない!となれば

寝る間も食事も惜しんで勉強すると思いませんか?

いい点数をとらなければ、卒業できなければ、

結果が出なければ今までの苦労がゼロになってしまいますから。

仕事も同じですね。

納期に間に合わせなければ!

売上を先月よりも上げなければ!

販売台数を昨年より下回らせるな!

そうすることで売上たお金から皆さんの給料へ還元されている面もあります。

もし、そんなの自分には関係ないね!と思っている方がいらっしゃるならば、

むしろ退職してもらって会社が喜んでいるかもしれません。

他の理由

・人間関係がうまくいかない

・仕事のせいで体調不良

・会社の業界が不安で転職

などいろいろあるようです。

退職したあと成功を掴めるのか

Sponsored Link

昔は一念発起で転職してうまく行った時代もあったが今は難しい世の中だ。

そんな意見も耳にしますが、私はそうは思いません。

本気でやれるのであれば、そう考えた末に退職するのであれば

どんな仕事に転職しようとも必ずやって行けるはずです。

問題なのは、特に次にやりたいものがあるわけでもなく

なんとなく嫌だから辞めるパターンです。

隣の畑は良く見えるもの

職場や会社に不満があるのはよくわかりますが

転職すれば解消されると思ったら大間違いです。

給料が劇的上がることは無いでしょう。

もし畑違いで給料が大幅UPする場合はとても過酷な仕事の可能性が高いです。

もしあなたが素晴らしいスキルを持っているのならば

転職する前に一度、今の会社に交渉するのも手だと思います。

会社があなたのスキルを認めているならば手放したくはありません。

転職後の会社では〇〇万円出すと言ってますが

これ以上出してもらえるならば愛着もあるのでぜひこのまま仕事を続けたい!

会社を褒めながら交渉すれば成功率も上がると思います。

人間関係で悩んでいる場合

人間関係で悩んでいる場合も同様です。

確かに嫌な上司もいるでしょう。

しかしそれはどこも同じです。

結構原因は自分自身にあるものです。

・場を乱す発言

・空気を読めず行動

・仕事ができない

「人間関係に仕事ができるできないは関係ないんじゃ?!」

実は大いにあります。

友達ごっごで人間関係を形成しているわけではありません。

職場での人間関係とは「仕事を円滑に進めるため」のものです。

仕事ができない人とチームを組めば、作業効率が下がり結果が出ずらくなります。

チームとして低い評価をされたり、足を引っ張られれば残業や給仕出勤の原因にも。

もし同じ給料や時給だった場合はより険悪になりやすいです。

「なんでこんな仕事ができない人間と自分が同じ給料なんだ?」

そう思われても仕方ありません。

そうなれば人間関係もいつの間にかギスギスしたり

会話が無くなったりするものですよ・・・

自分で気づくのは難しいです。

気付いているならば人間関係は良好なはずですから。

もし自分に原因があるのかも?と少しでも感じたならば

近しい同僚などに恥を忍んで原因を聞きましょう。それが手っ取り早いです。

変なプライドが邪魔するという方はそんなものは捨ててしまいましょう

プライドなんてまた新しく作ればいいんです。

もし捨てることができたなら、新しい環境に適応していく中で

その時の自分に合ったものが自然と生成されていくものです。

もうちょっとやってみる選択

仕事を辞めると決めるのは本人の自由ですから止めることはできませんが

長年、いろいろな人を見てきて思うのは

他へ転職してもそれほど環境は変わらないということです。

下手に異業種へ行けば返り討ちにあう人も・・・

結局は元の業界へ帰ってきてしまうものです。

仕事ですからそりゃ嫌なこともあるでしょう。

でもきっといい所もあるはずなんです。

楽しい好きな仕事に就くとそれらが嫌いになることが多いんです。

本来、仕事というのは楽しいとは違う所に位置しています。

大事なのは仕事の中で楽しみを見つけられるかどうかなんです。

それはすぐ見つかるものではありません。

作業が速く終わって上司などに「君はこの作業早いね!」と褒められてから

その作業が好きになったりするものなんです。

かんしゃくを起こしてすぐ辞める前に

あと1カ月はがんばってみよう

と自分で制限をつけて働いてみるのもいいと思います。

人は制限がつくといつも以上の力を発揮するものです。

本気で仕事に取り組めばおのずと自分が変わります。

自分が変化すると自然と周りの人達も変わり環境が変化していくものなんです。

別に無理して何かを成そうとしなくてもいいです。

逆に疲れてしまいます。

ただ制限を付けその間がんばってみてはいかがでしょうか?

それでもダメならば転職という方向で考えてもよろしいかと思います。

人間が人間を管理する社会

世の中は人間が人間を管理しています。

しかし所詮は人間・・・公正な判断や決断をし続けるのは難しいです。

会社での人間関係にしても同じことが言えます。

・精度が低い奴に仕事はまわさない

・あいつは嫌いだから異動させよう

・あの子はかわいい、かっこいいから傍においておこう

どうしても人間ですから、職場において人事権のある人は

好き嫌いなど感情で判断してしまう所も絶対にあります。

人事に嫌われたから異動させられた!

と嘆く前にどうすれば好かれたのかも考えてみてはいかがでしょうか?

人事部だって仕事で人事での異動を決めているわけです。

ならば、こちらも仕事で仲良くなればいいのではないでしょうか?

なんでもいいと思いますが、質問をしてみたり、会話をしたりと

いろいろ方法はあると思います。

自分はそんなことできない!

そう思う人もいるかと思います。

でもそれは「できない」ではありません「やらない」だけです。

普段からそういうことをしない人がいきなり仲良くしようとしても失敗するのは明白です。

でもそれはみんな同じなんです。

一見、会話の中心にいるような人も何度も失敗してそこから学び

経験を積んだからこそ明るく楽しいお話ができるんです。

もし自信や勇気が持てない場合は、

そういった明るい人や尊敬できる人の言動など真似をするといいですよ。

まとめ

上司や先輩と仕事でうまくいくコツはホウレンソウ?気難しい上司には?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...
仕事ができない人や遅い部下に多い原因は口癖?後回しを直す方法やコツは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 やるべ...
仕事アルバイトを辞める理由やタイミングは?上司もモンスター化?利害関係の相違?
接客アルバイト若い子世代への教育や仕事の教え方は?何から教え伝えるべきなのか
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 誰しも...

いかがでしたでしょうか。

誰しも職場や仕事、会社に対して不満はあると思います。

誰かのせいにして自分は悪くないんだと考えたいのはよくわかります。

しかしながら経営者からすればそれら不満は他力本願に感じる所があり

・じゃあどうするべきなの?

・周りじゃなく誰が変わるべきことなのか

・自分で起業すればいい

苦労して会社を設立した方や役員の方などはそう考えてしまいます。

給料が少ないと感じるならば

仕事でみんなに認められるような結果を出して出世すればいいと考えているはずです。

不満があるから辞めるでは

その不満はおそらくいつまでも解消されることはないでしょう。

・誰しも仕事や会社に不満はあるもの

・その不満を解消する努力はしてきたのか考える

・すぐ辞めるではなく、期限を作りもうちょっと続けるという選択もある

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする