接客アルバイトのレジのお釣りやお金の受け渡し方や教え方は?リピート客にも影響?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

仕事やアルバイトにて最初に接客業を選ぶ人も多いと思います。

その際によくある作業としてレジ会計があります。

どんな仕事でもレジを使ったお金の受け渡しというのはよくあります。

商品を販売する上で金銭の受け渡しというのは必ず発生します。

レジは言わば、接客の仕事をする上でかかせないものであり

誰でも最初に携わるとても重要な仕事なのです。

ですがお金を扱う以上、受け渡し間違いなどトラブルにもなりやすい

デリケートな一面も持ち合わせております。

何気ない普段のお金の受け渡し。

あなたは問題ありませんか?

印象の良い金銭の受け渡し方

レジは人が直接レジに商品の金額を打ち込んだりして

それをレジが合計し、合計金額を表示するだけのような単純な機械でした。

最近のレジはPOSレジとも呼ばれ、PCと繋がっており

オンラインでデータのやりとりも可能になり

商品の情報や顧客管理なども同時に行う優れた機械へと進化しました。

金額も直接打ち込むような人為的ミスも招きかねないものから

バーコード管理で読み込むだけとなり、お釣りでさえも最近は人ではなく

レジで管理し渡すべきお釣りが出てくるという最新のものもあります。

それはお客さんとのやりとりで金銭の受け渡しが重要なのもありますが

お金の受け渡し時にモタつかせず回転をあげることとトラブルを防ぐ意味もあります。

ですが、結局はそれを扱うのは人であり

どんなに自動化しても人が手を加えなければいけない場面も多くあります。

やはり、お金の受け渡しは人が行うことがほとんどです。

基本的な受け渡し方を覚えて損はありません

金銭の受け渡し方

お客さんが欲しい商品、もしくは飲食した伝票などを持ってきます。

金銭の受け渡しももちろん重要ですが、それは一部であって

商品を袋に入れたりする一連の動作も含めレジ会計と言えるでしょう。

全てに言えることですが、そこに笑顔は必要です。

顔の表情声のトーン商品の取り扱い方

お客さんはスタッフを総合的に判断します。

特に笑顔です。笑顔ができれば自然と声も高くなるはずですよ。

商品や伝票などの受け取り方

お金の受け渡しにばかりに気をとられてはいけません。

お客さんが持ってきた商品や伝票の取り扱い方も重要です。

無気力に受け取るだけで印象がとても悪い。

お客さんは欲しい物にお金を払う

お店はお客の求める商品をそろえる

お金を使って交換する

お客さんもお店も本来はイーブンの関係です。

しかし、お客さんとしては「買ってあげている」

という意識が強いです。

試しに買いたいと持ってきた商品を強引に受け取ったり

下にドスンと音を立て無造作に置いたり

適当に袋へ詰めたりすればよくわかります。

ムッとするに違いありません。

もし顔に出さなくとも内心は「なんて態度の悪い店員だ!」怒っていることでしょう。

ささいなことではありますが、とても重要なんです。

受け取った商品は丁寧に扱いましょう。

 

袋詰めなども投げるようにいれるのではなく

音をたてずに詰めるだけでも随分印象が変わるんですよ。

もちろんそこに様々な配慮があるにこしたことはありません。

お客様は店員の声は半分しか聞いていない

最近のレジはわざわざ口で合計金額を伝えずとも、

お客さんに見える位置に金額が表示されています。

人は目で見て情報得ることがほとんどです。

視覚で情報を得ていると、スタッフがわざわざ声を出して金額を伝えずとも

すでにサイフに手を入れ小銭を用意している人もいるくらいです。

だからと言って声を出さずに「金額表示板を見れば?」みたいな態度は

もちろんいけません

半分しか聞いてないと言っても半分聞いています

それは金額の確認というよりもスタッフの自分に対する態度を感じるためです。

元気よく合計金額を伝えましょう!

もっと良いのは表示されている金額を手で刺しながら金額を伝えると

もっと印象が良くなりますよ!

お金の受け取り方、数え方

お客さんからのお金は片手ではなく両手で受け取るのが基本です。

その方が感じが良いからです。

片手間なんて言葉もあるくらいです。

手で受け取ったお金をそのまま数えてはいけません

お金の受け皿が必ずあるはずです。

まずは受け皿に全てのお金を置いてから金額を確認するようにしましょう。

そうすることでお客さんにもお金が見えやすくなります。

もし、金額が足りなかったりする場合指摘しやすいですし

お客さんも間違いに気づきやすいです。

そして、そのお金をすぐに閉まってはいけません

すぐにレジ内に閉まってしまう人もいますが

お客さんにお釣りを渡し帰る時に閉まって下さい。

お釣り渡す時の注意

たまにお札と硬貨を一回で渡す店員がいます。

これはダメです。

印象が悪すぎます。

そして、お客さんがお釣りが正しいかどうか確認しづらく

見間違ってトラブルを起こす可能性もあります。

必ずお札と硬貨は別々に渡しましょう。

まず、お札からです。

お札を扇状にして見せたり、お客さんの目の前で数えて見せたりしますよね。

一番良いとされるのは

お客さんと一緒に目の前でお札を数えてあげることです。

ですが、最近は時代が変わってきたのもあるのか

それが一番良いとは私は思いません。

はっきり言って最近のお客さんは数えているのを見てもくれません

むしろ早くしろ的な人がとても多いです。

なので私は扇状に見せることがBESTだと考えます。

扇状に見せるだけの場合

お客さんは間違っていたら困ると思いお札を凝視します。

数えてあげる場合は「数えてくれている」という安心感からか

それが当たり前な態度を示しますが

扇を見せるだけだと、間違っていたら損をすると危機感を持つようです。

もちろんスタッフが扇にする前に事前に数えるんですよ?

そうした上で扇にして

「〇〇円お先にお返しします。」

硬貨を渡す時

できるなら両手を使って小銭をまずお客さんの目の前で出して

確認してもらいます。(もちろんお客さんは適当に確認します)

100円、10円、1円など混ざった状態で片手で確認させるよりは

100円だけ左手、10円と1円は右手を使い目の前で手を開いてあげるんです。

とても印象がいいですよ。

最後に硬貨を利き手に集めお客さんに一回でお釣りを渡します

その時に利き手ではない方でお客さん受けろうとした手の下へ

硬貨が落ちても大丈夫なようにカバーしてあげるんです。

はっきり言えば大した役割はありません

実際お金をこぼしてもキャッチできるか怪しいものです。

ですが、その気配りや配慮お客さんへ好感を持たせるんですよ!

笑顔でありがとうございましたを言えばトドメです。

ワンモアトーク

Sponsored Link

よくレジ会計の時に

「ポイントカードはお作りしますか?」

なんて聞かれませんか?

こういうのをワンモアトークと言います。

基本的にレジ会計はお店を出る前の最後になるので

ワンモアトークというのはとても印象に残りやすいんです。

ですが、使い方を間違えると

お客さんへ不快感を与えてしまうので注意が必要です。

疑問形はよくない

お客さんとしてはレジ会計にくる時点で最後の締めくくりと考えています。

なのに「ポイントカードをお作りしますか?」と聞かれるのは

面倒に思われることも多々あります。

興味を持っている人ならばまだいいですが、興味が無い人にとっては

「いいです」言葉を発することもイヤがるでしょう。

なので疑問を投げかけるべきではありません。

もしどうしてもポイントカードを伝えたいのであれば

聞くのではなく情報だけを与えるんです。

こちらから「これとてもいいですよ!」とぐいぐい行くと

逆にいらないですとなってしまいます。

押すのではなく引くのです。

「お得なポイントカードも作れますのでよかったらこちらご覧下さい」

とポイントカードを紹介しているPOPやポイントカード作成記入コーナーなど

を指すくらいでいいんです。

すると興味が無い人はそのまま帰りますが

興味があったり気になる人はそこでさらに詳しい情報を知ろうとします

特にレジが混んでいる場合などはこういう方法があっていますね。

「明日から格安SALEが始まります。ご来店お待ちしております」

など必ずお得な情報を伝えましょう。

印象が強く残りリピートに繋がりますよ。

お店の形態によっては使うべきではない

ワンモアトークは印象付けるという意味ではかなりの武器です。

ですが、お店の形態によってはよくない時もあります。

レジが1台しか無い店舗やスタッフが少ない店舗などでは

あまりやるべきではありません。

ヒマな時はまだしも忙しい時はそれだけで時間をロスし

回転を下げるどころか、お客さんをイライラさせ次回の来店動機が下がります

場所によってはほどほどにしましょう。

まとめ

接客アルバイトのレジ会計操作でのクレームやトラブルの対応策は?暗算は世界を救う?
飲食店での新人さんへの教え方や教育方法は教えすぎない?退職させず離職率を下げるには?
接客アルバイト若い子世代への教育や仕事の教え方は?何から教え伝えるべきなのか
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 誰しも...

いかがでしたでしょうか。

レジ会計は後払いの店舗においてはとても重要です。

金銭の受け渡しもそうですが、

この時の印象で次回来店動機が変わってくるのですから。

終わり良ければすべてよし

なんて言葉もあるくらいです。

初期の基本ではありますが、できている所とできていない所は

かなり差があります。

適当に作業として教えずに、

気配りや配慮という所から教えて行く将来的にも良いスタッフとして

働いてくれることになるでしょう。

・お釣りの受け渡し方でリピート率が変化する

・レジ会計は印象に残りやすい

悪い印象は特に残りやすい

・レジ会計スキルはどこにでも通用する

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする