会社設立の資本金とは?1円からできる?私の失敗体験談つき

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

一般的に資本金という言葉を耳にすることはありますが

具体的によくわかっていない人が多いと思います。

それはそうですよね。自分にとって関係がないことを

知ろうとすることはありません。

また、昔の私のように会社の会計などを丸投げしてしまっている自営の方

名前は知ってはいるがよくわかっていない方もいらっしゃると思います。

今回は私の経験談も織り交ぜてお話します。

一歩間違うと大きな損害を被りますので経営初心者の方は必見かも知れません。

資本金とは

昔は株式会社を設立するにあたり

資本金は1000万円以上と決められていました。

有限会社でも300万円以上です。

今では法律が変わり

会社設立には1円からでもできるようになりました。

資本金の理解に苦しむ理由ココにあります。

昔は1000万円以上いるとなっていたのが、なぜ今は1円以上なのか?

資本金というのは大して意味の無いものでは?

私はそう感じていました。

資本金とは人間で言う体力のようなもの

資本金が多い少ないで会社の売上や利益に関係することもありますが

ビジネスによってはあまり関係ないこともあります。

資本金はよく「体力」と表現されることがあります。

これも理解に苦しむ要因の一つではないでしょうか?

どういうことかと言いますと

仕事をしていない人が1年間無収入で暮らさなければならないとします。

手元に残るお金だけで1年生きなければならないのです。

10万円で1年乗り切るのと

100万円で1年乗り切るのとでは

どちらが生き残る確率が高いでしょうか?

当然100万円あった方が生き残れますよね。

会社も同じいつも売上が良いとは限りません。

特に起業したばかりの会社は顧客もついておりません。

どんなに良い商品を取り扱っても売れなければお金にならないのです。

人と同じで会社もお金が入ってこなければ存続が難しくなります

であれば貯金を切り崩していくことも可能です。

会社で言えば、資本金があると困った時も生き抜けるんです。

これを「体力」という表現の仕方をしている正体です。

資本金は起業する際の準備金

お金が無ければ物を購入することはできません

高級なフランス料理を食べるにはそれなりにお金もかかります。

会社も同じことが言えます。

良い商品を作ったり仕入れたりするにはお金が必要です。

あなたが働いている会社やお店が取り扱っている商品も費用がかかっているはず。

それは先月に売り上げたお金で賄っています

先月売り上げたお金から今月の売上のため費用を出しているのです。

では起業したばかりの会社商品を仕入れるためのお金はどこにありますか?

起業したばかりなので先月なんてありません

商品を取り扱う為の費用を捻出することができないのです。

ここでも資本金が活躍します。

もし起業した際に資本金がたくさんあるならば

それを投資して良い商品を作ったり仕入れたりすることができるのです。

しかし、ビジネスの形態によっては資本金があまり必要ない場合もあります。

昔にはなかったネットビジネスなどです。

パソコン一つで情報やプログラムなどを作成し、何もないところから商品化するビジネス。

それでも資本金があるに越したことはないとは思いますが

資本金が1円以上あればよいという理由はそういうことだからです。

融資の際の評価も関係する

起業して経営していくと、どうしてもお金が必要になる場面があります。

大きな設備を導入する時や、新しいお店を開店させる時など。

導入すれば絶対にお金を儲けることができると確信していれば

銀行からお金を借りよう(融資)と考える訳です。

ですが、銀行も誰にでもお金を貸してくれるわけではありません

例えば、学生が塾に通うと考えます。

この時に塾を選ぶ基準はなんでしょうか?

・何人もの生徒を有名学校に合格させている

・教師が有名大学を卒業している

などではありませんか?

名声や結果で判断しているはずなんです。

銀行も同じです。

長い付き合いがある会社さんならば、内情などをよく知っており

融通を利かせてくえっることもありますが

付き合いが無い、初めてのお客さんの場合、どうしても融資には慎重になります。

なぜなら貸した以上はお金を返してもらう必要があるので。

貸した途端に潰れてしまったらお金は返ってきません。

銀行にしたら融資することがビジネスでもありますから。

そこで銀行が見るのは結果などもそうですが、

その一つに「資本金」もあるわけです。

資本金が無いからお金を貸さないというわけではありませんが

判断基準の一つにもされやすいということです。

実際問題、有名な会社などで資本金が1円という所をあまり見かけません。

見栄えとしても資本金は重要ということですね。

資本金とは設立者のポケットマネー

Sponsored Link

私は最初、個人事業主として事業を始めました。

その時は大きな会社から信用を獲得し、その会社の顔で運営資金を借りることができました。

その時は問題無かったのですが、2年の月日が経った頃、同業の先輩方から

「そろそろ法人化するべきじゃないのか?」

とアドバイスをもらいました。

というのも個人事業主売上が1000万円以上超えなければ消費税を免除されます。

売上が1000万超えなければずっと消費税を払わなくて良いのですが

私は嬉しい悲鳴でもありますが年間売上が1000万超えておりました。

1000万を超えると2年後から消費税の徴収が始まります。

1000万の消費税を単純計算すると80万円です。

そこで法人化することにより、

さらに2年間の消費税免税の優遇を受けることができるのです。

もちろんその2年後は消費税を払わなければなりませんが

2年の間は消費税を払わず済むわけですから。

私は迷わず法人化することを決めました。

ここで私がちゃんと自分で物事を考えることができればよかったのですが

日々の業務に追われていたのもあり、法人化への手続きなどを

当時の顧問税理士に任せてしまったのが失敗でした。

税理士より連絡が入り

「資本金はどうしましょうか?」

と尋ねられ、当時の私はよくわかっておりませんでした。

ですが、適当だったわけでもありません。

まずは一般的な金額はどうなのか聞きました。すると税理士は

「だいたい300万円くらいが一般的でしょうか」

その回答を聞き、一般的に300万円が資本金設定の普通なのかと考え

よく調べもせずに法人設立にあたっての資本金を300万で設定したのです。

法人設立してから2カ月後くらいして税理士より一本の電話が入ります。

内容は法人設立後の打ち合わせなどでした。

しかし最後にオドロキの一言を聞いたのです。

「社長は400万くらいの借金をしてます。」

は??

最初は何を言っているのか意味がわかりませんでした。

400万なんて借りた覚えもありません。

話を聞いて行くとまずは資本金です。

私は資本金をどうするか聞かれ300万に設定しました。

当然、会社を設立し資本金は300万と謄本には明記されています。

税理士に言われるがまま、個人通帳から300万引き出し

そのお金を新しく会社用で作った通帳へ入れました。

そしてその300万をすぐに個人通帳へ戻したのです。

そのお金は普段の運営に必要ですから。

その行動は会社の資本金が300万あるよと証明するためです。

その時に知りました。

資本金というのは

設立者のポケットマネーということだったのです。

自分が300万を小遣いから出して会社を作ったということになっていました。

税理士からすれば、資本金とはそういうものだという考えがあり

私からすれば資本金とはただ金額設定するためだけのものという認識の違い

今回のすれ違いを生んでしまったのです。

当然、300万なんてあるわけがありません

個人でやっていた事業のお金から300万円を会社に出したという形にしました。

しかし資本金は私が出したことになるので、会社から300万を借りていることになり

私の給料から会社へ300万返さなくてはならなくなったのです。

ちゃんと説明をしない税理士も悪いですが、

自分で理解しようともしなかった私にも責任があります。

しかしそれでも300万です。税理士の電話では400万の借金とありました。

もう100万は?

個人事業主は2年間消費税を免除という話を先ほどしました。

しかし、私が個人から法人になる時期に問題がありました。

法人登記した時にはすでに私が個人事業主として2年間すぎた後だったのです。

つまり、2年後に私が持っていた事業を設立した会社に売った形となり

免除期間は終了していたため、その時に発生した消費税が100万というわけです。

法人登記をしたのは税理士経由の行政書士です。

税理士としてこうなることは理解していたはずです。

どうして結果がこうなると私に助言できなかったのか今でも腑に落ちません。

助言されれば法人登記を見送る選択肢もできました・・・

そして100万円なんてそんなお金すぐ出せるわけありません。

当然、会社のお金を使って100万の税金は払いました

結果として400万円分を私が会社から借りているということになってしまったのです。

しかし、よく考えれば、

税理士というのは会社が払う税金を少しでも抑えることが仕事です。

そのために私が毎月顧問料を払っているわけですから。

それなのに400万も損害を出すなんてありえません。

そこで私は税理士もいろいろいて、

できる人もいればダメな人もいるんだと実体験で学びました。

もちろん、すぐに顧問契約を解約し、その悪名を方々の社長に伝えておきました。

後から別の税理士に話を聞くと、裁判になってもおかしくない状況とも言われました。

結局、面倒だったので裁判を起こしたりはしませんでしたが。

その後、その税理士がどうなったかはわかりません・・・

このようなことが2度と起きぬよう体験談を書かせて頂きました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

まとめ

個人事業主や自営業オーナーの税金や節税対策は?税理士のメリットは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...
経費削減の提案やアイデアと税金対策のコツは?経営や運営に必要なお金の考え方とは?

いかかでしたでしょうか。

最後は湿っぽくなってしまいましたが

もちろん返済は完了し。今もこうして元気にやっています!

資本金の意味は理解して頂けたと思います。

私の体験からもあるように、なんでも税理士に任せっぱなしは危険です。

当然、任せる所は任せるのですが、内容をちゃんと理解せずに

GOサインを出さぬようお気を付けください。

・資本金は会社の体力

・資本金は生き抜く抜く力

・資本金は銀行に見られる

・資本金は設立者のポケットマネー

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする