自転車通勤のメリットってなに?移動時間を有効活用して運動しよう!

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

ちょっと前まで自転車と言えば、

ママ達がスーパーへのお買い物に使ったり

子供たちの初めての徒歩以外での移動方法、

高学生くらいまでが主に使う乗り物でした。

しかし、2011年の大震災により、車やバイクでの移動は

ガソリンが無ければ走れない電気が無ければ走れない

道路が渋滞していれば進まないなどで

今は自転車ブームが到来しております。

最近では通常の自転車とロードバイクの中間にある

「クロスバイク」も登場し、手軽さ低価格が好評で

高価なロードバイクを買わなくても街乗りならば

クロスバイクで十分という人も増え

通勤に自転車を使う人も劇的に増えました。

今回は自転車通勤のメリットをご紹介します。

自転車通勤の良い所

大人になるにつれ、徒歩から自転車。

自転車からバイク。バイクから車とランクが

上がってきているのではないでしょうか?

車に乗りなれている人からすれば、

なんで今更自転車なんかという気持ちもよくわかります。

何よりも自転車を嫌う理由

・遅い

・疲れる

この2点ではないでしょうか?

意外と速い移動速度

自転車って意外とスピードが出るんです。

確かに車やバイクから比べれば遅いのかもしれません。

では自転車が何キロで走るか知っていますか?

知らない人は自転車は遅いと決めつけていると思います。

ママチャリでも本気で走れば30キロはでます。

通常の自転車でも40キロは出るのではないでしょうか。

クロスやロードならば30キロは当たり前。

ロードが本気を出せば50キロ以上出るんです。

もはや原付バイク並みですよね。

渋滞が起きやすい東京都内や市内などだと

移動距離が5キロあったとしても、渋滞がひどければ

自転車の方が目的地に早く着くこともあり得ます。

運動効果

自転車通勤の一番良い所は、なんと言っても運動効果です。

確かに疲れます。ですが、普段運動している人ならば

別ですが、今の世の中、

なかなか働きながら運動って難しいですよね。

普段の通勤時間運動時間に変えてしまえるなんて

すごいと思いませんか?移動しながら運動できるんですから。

人の体の中で一番カロリーを消費してくれる部位はどこだか

ご存知ですか?

「足」なんです。

足は常に体重を支えています

立っているだけで筋肉を使っているんです。

逆に逆立ちして腕で体重を支えてみて下さい。

ものすごい大変です。

その大変なことをいつも足はやってくれているんです。

自転車に乗ればその足をさらに鍛えることにもなり

カロリーを消費しやすいからだ作りにも最適!

ダイエット効果にも抜群なんです。

サドルに座った状態で足が地上につくようなら

サドルを上に上げましょう。

足がつかないと危険という人もいますが、

そもそも自転車に乗る時点でバランスが必要となり

そういう意味でも足がつこうがつくまいがみんな危険です。

バランスをとれるくらいなのでサドルから腰をはずせば

誰でも足をついて止まることができます

サドルの高さ

理想はペダルを下に押し込む時にひざが伸びきる手前くらい

までになれば足のいろいろな筋肉を使えている状態になります。

実はサドルに座って足が地上につく状態というのは

ももの表面の筋肉しか使えておりません・・・

渋滞回避

Sponsored Link

車やバイクで移動のかたは渋滞にはうんざりですよね。

渋滞の原因は個々の車の加減速が違うからです。

もちろん信号機で車が止まるのもありますが、それは

みんな同じです。ただ、安全重視のドライバーは

青から黄色に変わっただけで余裕があっても停止したり

急いでいる人は

黄色から赤に変わった瞬間でも平気で交差点に進入します。

それらの加減速のバラつきがリズムを乱し、

全体を遅らせ渋滞になってしまっているんです。

一番の渋滞解決方法は運転手を排除し、

オートで移動する車だけにすることです。

少し話がズレました・・・

自転車は本来、車両扱いとなっています。

つまりは車はなんです。

歩道ではなく車道を走らねばなりません。

歩道を自転車で走っている人もみかけますが

車道を走った方がはるかに早く移動できます。

そして車道の方がはるかに安全です。

そこにルールがありますから。

歩道は無法地帯といってもいいくらいです。

もちろん、自転車といえど、信号機は守らなければなりません。

ただ、道によっては止まらなくてもいいのでは?という位置にも

信号があったりして止まらざるを得ない時もチラホラ。

自転車は車道を走るものなのですが、現実問題として

自転車パトロールをしている警察官ですら歩道を走る始末。

一応、法律も、

自転車はやむを得ない場合は歩道を走ってもよい

とありますので、安全を確認の上、

車道から歩道に入り信号を回避する手段もあります。

腰への負担が少ない

ジョギングウォーキングなどありますが、

やはり腰への負担はかなりあります。

その負担こそが鍛錬に必要だとも思います。

ですが腰痛持ちの人はなかなか手がでません。

でも自転車は車輪が足の代わりに地に面しており

振動や揺れなど自転車が吸収してくれるので

腰への負担はかなり軽減されるんです。

それでも運動効果もあるので腰が痛いからという人に

とっても理想の乗り物と言えるでしょう。

ロードバイクは特殊

先ほど上記で自転車が振動を吸収してくれると書きましたが

ロードバイクは別物です。

車で言うとF1のような位置に存在しており

自転車からスピードを遅くする必要の無いものを全て

取り払ったのがロードバイクです。

つまり通常の自転車についているようなスプリングなども

無いため振動はダイレクト乗り手に伝わってしまいます。

なので道の悪いところや歩道など段差があるところでは

あまりロードバイクは見かけないはずです。

それでも、振動のおきにくい道路で走ることができれば

ロードバイクの場合、姿勢も特殊なため

ただ乗っているだけで、通常の自転車よりも

体中の様々な筋肉を使っており、運動効果も高いです。

まとめ

仕事中にダイエットしたい!でも運動は嫌!プチファスティングとは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 誰しも...

いかがでしたでしょうか。

確かに自転車慣れない人からすれば疲れる乗り物です。

でもそれは何にでも当てはまります。

免許は持っていてもほとんど車に乗らない人からすれば

車を運転して移動するだけで疲れてしまうでしょう。

バイクも同じです。体を外にさらした状態で車と同等の

スピードを出すわけですからかなり怖いと思います。

なんでもそうですが要するに

「慣れ」

です。自転車も慣れてしまえばとても良い乗り物です。

毎日通勤に使い始めれば、

逆に雨などで乗れない日の方がモヤモヤすることでしょう。

・自転車は意外に速度が速い

運動効果もありダイエットにもいい

渋滞も回避しやすい

腰への負担が少ない

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする