アルバイトやパートの採用面接質問で見抜き見極める5つのポイント!

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

 

人材募集、面接を終えて、いざ一緒に仕事を始めて行くと

・思っていた人とちょっと違った

・トラブルメーカーだった

・理由をつけてすぐ休む

・いつの間にか来なくなった

などあなたの頭を悩ませるようなことが起きてはいませんか?

どのようにして面接を行いましたか?どんな質問をしましたか?

特に何も考えずに面接してしまったなんてこともあります。

もちろん人の頭を分解して覗き込み

心の奥底を確かめるなんてできません。

ですが質問の仕方によってはある程度

どのような人物かがわかったりするものです。

そんな5つの質問をお伝えいたします。

相手を見抜く5つの質問

①緊張をほぐすためにくだらない話や質問をする

けっこう最初は肝心です。

なぜなら、面接される側

チガチに緊張している場合が多いんです。

緊張していては

本当に聞きたいことを話すことができない場合があります。

まずはくだらない話や質問を振って

場を和ますのはとても重要です。

例えば

・この街は初めてですか?

・今日は何時に起きましたか?

・好きなTV番組はありますか?

・一番好きな食べ物はなに?

このような質問からどんどんくだらない話を進めて、

相手にリラックスしてもらいましょう。

最後に

「くだらない話をしすぎたね、なんだか気が合いますね」

なんて言えば、知らない人との面接から、

ちょっと近づいた関係の面接になり、次からの質問も

本音に近い回答がもらえるようになることが多いです。

逆に全く緊張していない場合はちょっと普通ではありません

面接という場に慣れきっているような印象の場合は、

職を転々としているあらわれかもしれません。

なぜ転々とするのか。

問題を起こしやすい人物の可能性があります。

質問に対し

回答が常識から外れすぎている場合も注意が必要です。

いろいろな人がいますが、あまりにもおかしな回答が続く場合

コミュニケーション能力に問題があるかもしれません。

②コミュニケーション能力を確かめる質問

コミュニケーション能力は仲間と一緒に仕事をしていく上で

とても重要なスキルです。

職場で一人になってしまったりすれば

すぐ辞めてしまうかもしれません。

周りの従業員があの人とは一緒に働きたくないと

他の従業員が辞めていく場合もあります。

質問の仕方としては

一人でいるのと仲間やチームでいるのとどちらが好きですか?

・苦手な人って誰しもいるよね。どんなタイプが苦手?

・その苦手なタイプと付き合う為にはどうするの?

一人でいるのと仲間と一緒どちらがいいかなんてわかりやすいですが

その人の人付き合いのレベルを推し量れると思います。

苦手な人のタイプを聞けばその人はその逆のタイプの場合が多い。

また、苦手タイプの克服方法を聞けば

私情にかられず仕事として仲間とやっていけるのか

仕事のため克服できるのかが推し量れる。

「苦手な人とは付き合いません」なんてアウトですよね。

③職務適正を判断する質問

Sponsored Link

仕事をする上で

みんなが同じ仕事を同じ量やっているわけではありません

それぞれの部署や分担があり、能力に応じて作業量も変わってきます。

吹奏楽部の人を水泳部に入れたりしないよう職務適正を判断しましょう。

質問の仕方としては

・あなたの長所と短所を教えてください。

・友達からはあなたの性格はなんて言われていますか?

・良い結果が出せるような自分なりの習慣などあったら教えてください。

長所と短所ってありがちな感じがしますがけっこう重要です。

それを元に適材適所への判断理由になります。

性格に関しては友人から~というのがポイント。

素が出やすくなります。

習慣などは人柄などを見ることができ、その部署や上司や先輩などと

うまくいくかどうかなど推し量れる

④ストレス耐性を見る質問

まず仕事において楽な仕事というものは無いと思います。

楽というよりはその作業に慣れているからだと思われます。

ストレス耐性がわかれば、仕事や作業の中でも比較的負荷の少ない

仕事を選んで与えてあげることができます。

ストレス耐性の低い人には最初は負荷を小さくし、

慣れさせてから徐々に負荷の大きい仕事を与えていけばいいんです。

質問の仕方としては

・前の仕事や、学校などで嫌に感じていたことはありましたか?

・ 「↑ある場合」 それは一体なんですか?

・誰でも失敗や挫折はあると思います。

何でもかまいません。あれば教えてください。

・その失敗や挫折はどう克服したのですか?

前の仕事で嫌に思ったことを聞くことでその人は

同僚や上司や部下との人付き合いや仕事の考え方や仕事量など

何にストレスを感じやすいのかを推し量れます。

失敗や挫折も上記と同じようなことを推し量れます。

どう克服したか

ストレスを乗り越える努力ができるかが判断できます。

しかしながら最近の人はストレス耐性が低い人が多いのが現状です。

⑤向上心を確かめる質問

様々な企業で大きな問題となっているのが

中堅社員のやる気の低下です。

最初の若手時代のガムシャラっぷりとは違い、

その先がある程度見えてきてしまうとなんとなく働けばいい、

なんとなく収入があればいいとりあえず今を維持できればいい

そんな気持ちな社員が多いのが実情なんです。

それが行けないことだとは言いませんが、経営者からすれば

この先も企業の発展を考えればもっと会社に貢献してもらいたい

そう思うのが普通だと思います。

向上心がある人というのは自分で解決できるよう努力

その上に勝手に上がって行ってしまいます

そんな人材を見抜けたら最高ですよね。

質問の仕方としては

・前の仕事で成長できた!と感じたことはありますか?

・いろいろな友達や仕事仲間などお知り合いは多いですか?

・働く時にモチベーションをあげるための方法などありますか?

成長できているかどうかは自分で自分のことを判断できるかどうか。

今自分がどこにいるのか判断できればどうすれば上に上がれるか

理解できています

向上心が高い人はいろいろな人と出会い、付き合うことで

そこから学べるものは学ぼうとします

さらに向上心が高ければ自己管理が上手く、

自分のやる気を引き出す手段も持ち合わせていることが多いです。

まとめ

会社職場での労務問題やコミュニケーションでの回避方法は?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 会社や...

いかがでしたでしょうか。

お店や会社を運営していく上で従業員は絶対に必要です。

その従業員の質によって上に上がりもすれば

下に下がりもします。

確実に人の心を見抜くなんてできませんが、少しでも

ポイントを抑えられれば「フルイ」にかけやすくなります

一番怖いのはマイナス面は人に伝染するということです。

病気でいう「ガン」はすぐ切除できればいいですが

放置すれば一気に広がり体を汚染していきます。

そうはならぬよう面接でしっかりと見抜いていきたいものです。

・面接での質問である程度その人を見抜くことは可能である

・見抜けなければ最悪の場合、職場の崩壊もあり得る

・面接や募集広告など労力もかかっているのを無駄にするべきではない

 Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする