外国人アルバイト採用面接の注意点や確認事項は?在留資格のランクの違いと判断方法

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

最近では外国人の労働者が一気に増えました。

地方ではまだそれほどではありませんが、主要都市では外国人を

見ない日はないほどです。

もちろん、日本人だけでなく外国人を雇用して働いてもらうのは

何も問題ありませんし、異文化交流という意味でも

とても良いことだと思います。

しかし一歩間違うと雇用主が犯罪者として捕まり罰せられてしまう事態

にもなりかねません。

よくわからないまま外国人スタッフを雇用している小売店も

あるかと思います。

今回は外国人を雇う上での採用資格に関するお話です。

そもそも何故に外国人を雇うのか

何故、仕事をする上で外国人を雇う企業やお店が増えたのでしょうか。

人材としてとても優秀であり、違う角度からの観点を使って企業を

より良くしていきたいというような目的ももちろんあると思います。

しかし、多くはそうではありません。

単純に人材不足なんです。

日本の少子化問題で若い働き手どんどん減っているんです。

人気のある職種はそれほど人材難ではないです。

イメージが良い、楽しい、給料や待遇面も良い。

そんな仕事があれば誰しもやってみたいと思います。

逆に言えばやりたくない仕事は誰しもしたくありません

・イメージが悪い

・重労働

・勤務時間が不規則

・拘束時間が長い

・給料が安い

このような職種は若い働き手自ら望んで選ぼうとはしないのです。

しかし、そんな職種であっても人材は必要です。

全ての待遇を改善するのは難しくても一部改善することにより

それによってメリットがある外国人を雇用するしか無いのです。

それらの仕事を否定しているわけではありませんよ。

よく外国人を見かけることが多いのは「飲食店」でしょうか。

特にスキルや資格も必要としませんし、特典でまかないがつきます。

お金の無い外国人にとっては一食分の食事代が浮くのは

大変メリットがあります。

採用する時の注意点

ここからが本題です。

日本で外国人が働く時は法律によって様々な障害があります。

日本を守るためということなのでしょう。

少子化によって労働者が減っている今ではそれは大きな足かせにも

なっているのかもしれません。

ですが、法律として決まっているので、

ちょっと間違えた、知らなったでは済みません。

最悪の場合、逮捕され前科がついてしまいます。

そうならない為にも面接して採用する際に確認すべき点を

ご紹介いたします。

在留資格を確認する

外国人はみな在留カードを必ず持っています。

これを持っていない状態がバレてしまうと

有無を言わさず連行されてしまうのです。

そのカードに在留資格が書いてあるのでそれを確認しましょう。

永住者・特別永住者・定住者

これは日本人と同じ扱いです。何も国からの制限はありません

日本人の労働者と同じように面接を行い採用するか決めて下さい。

留学・家族滞在

Sponsored Link

主に学生さんが多いです。日本に来たばかりでお金も無い人が多い。

雇用することはできますが、1週間の労働時間の合計が28時間

超えてはいけません。40時間以内の場合もあるようですが

ほぼ28時間以内とみて間違いないと思います。

さらに資格外活動許可書を入管よりもらってきてもらいましょう。

難民指定

いろいろな人がいますが30~40代くらいの方が多いのでしょうか。

この場合はちょっと注意が必要です。OKの場合もあれば

国から認められていない場合もありちゃんと確認する必要があります。

まずは在留カードの右上にある記号とナンバーがあるので

問題ないかどうか入管に確認するべきです。

ワーキングホリデー

特に制限はありません。日本人と同じように対応して下さい。

しかし、この場合は日本に滞在できる期間が決められています。

ちゃんといつまで働けるのかを確認した方が良いです。

ワーキングビザ

絶対に採用してはいけません。

ある特定の企業のみで働くことを条件に来日しています。

それ以外の場所で働くこと自体が違法となります。

日本人の配偶者等

これは日本人と結婚したという意味です。

特に制限はありません。ありませんが、そう言えばなんでも通用すると

悪用している人もいます。

在留カードをちゃんと確認しましょう

永住者の配偶者等

これは日本にずっと住むことを認められた永住者の外国人と結婚した

という意味です。特に制限はありませんが、

永住者の方と同等の人ではありません

外国の人は永住権をもらうと海外にいる家族を日本へ呼ぶんです。

なので日本に来たばかりの場合も多いです。日本の文化を理解しておらず

従業員同士でトラブルを起こす可能性も高いと思います。

最後に

永住者であったとしても、在留カード、パスポートは必ず確認しましょう。

必要に応じて資格外活動許可書をもらう場合もあります。

何かあってからでは遅いので万全を期して下さい

まとめ

会社職場での労務問題やコミュニケーションでの回避方法は?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 会社や...

いかがでしたでしょうか。

全てに言えることですが、どんなにちゃんとした外国人であっても

在留カード番号を入国管理局のHPで失効していないかすぐに

確認するべきだと思います。

更新手続きをしていなかった間に合わなかった

もうすぐ手続きがおわるからなどと外国人の都合で

働こうとする人も中にはいます。

不法滞在者を雇えば経営者は一発で逮捕になりますので

注意しましょう。

日本の少子化が働き手がいないから外国人雇用が増えている

・外国人を雇う場合、法律により様々な規制がある

在留カードをちゃんと確認する必要がある

不法滞在者を雇えば経営者は逮捕される

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする