飲み会で急性アルコール中毒を出さない飲み方や注意点は?救急車を呼びたくない?

Sponsored Link

今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。

毎年、職場をあげての大きな飲み会がだいたい年に4回あります。

・歓迎会 4月頃

・忘年会 12月~

・新年会 1月~

・送別会 3月頃

皆さんもご経験がおありではないでしょうか?

今回はこういう場で起きやすい急性アルコール中毒について

お話しようと思います。

意外と知らない人が多い?急性アルコール中毒

職場ではなかなかとりにくいコミュニケーションも

飲み会という場では意外とすんなりできるものです。

本音もでやすくなり、同僚との絆も生まれやすい。

普段お話できない気になる人との会話

素敵な上司や先輩にも声をかけやすい

そんな楽しいイメージではないでしょうか?

しかし、一歩間違うとセクハラやパワハラ、そして最近では

「アルコールハラスメント」なる言葉も飛び出しております。

特にニュースにて問題になりやすい時期があります。

それは4月頃の歓迎会などでの飲み会の席。

「昨夜未明、大学生10人くらいのグループにて飲酒による

急性アルコール中毒が発生。1人が救急搬送されており

意識不明の重体となっております。

当時はサークルの歓迎会が行われており~

こんなニュースを目にしたことはありませんか?

よくニュースは見るけど、自分の周りでは見たことがない

自分がこんなのになるわけがない

ようはお酒を気を付ければいいことなんでしょ?

ニュースは知っているけど他人事急性アルコール中毒

よく理解できていない人が意外と多いです。

最悪の場合、死亡事故につながります。

楽しい仲間内での、職場での最初の祭りごとの飲み会が

こんなことにならないよう知識を持ちましょう。

毎年事故が起きているのにどうして減らないの?

毎年毎年春先によく見かけるニュース。毎回同じ事故が起きているのに

どうしてまた事故が起きるのでしょうか。

事故を起こす人は20代前半に多い

もちろん、ご年配の方も中毒を起こす方はいらっしゃいますが、

20代前半の若者が圧倒的にこの事故を起こしやすいんです。

楽しい仲間たちの間で気持ちも高揚するのでしょう。

気持ちはとてもわかります。

実はお酒をちゃんと飲んだことがない人も多い

大人が急性アルコール中毒になっている場を見るのは

ほとんどありません。

何故かと言えば、自分のことを知っているんです。

どれだけ飲んだら自分がどうなるのか。そしてその後の辛さも。

・アルコール耐性

・知識

・経験値

20代の若者は大人と比べこれらが決定的に不足している場合が

多いんです。

その為、事故が起きるのは若者に多いということです。

急性アルコール中毒の原因と対処法

Sponsored Link

なぜ人は酔っぱらうのか

お酒を飲むと胃や腸などで分解・吸収され

アルコールが血液の中に混じります。

血液を介してアルコールが全身を駆け巡り、脳にまで達します

その影響で頭がくらくらしだし、酔っぱらうという状態になるんです。

目をつぶって想像してみて下さい。体の中をつたっている無数の血管に

アルコールが混じり、

全身すみずみまで血液と一緒にめぐっている様を。

なんだか怖くありませんか?

余談ですが、病院にて点滴を受けている時も私は点滴を通じて

血管内に侵入した薬が血液と一緒に体中をめぐっていることを

想像して怖くなる時があります(笑)

人によってアルコール耐性が違う

皆さん、お酒が大好きな方や少しだけたしなまれる方など様々です。

中にはお酒を飲むとすぐ顔が赤くなる方っていませんか?

顔が赤くなる人というのはアルコールを分解する力が普通の人より

早い人なんです。よくそういう人は「私はお酒が弱い」と

おっしゃいます。まさにその通りなんです。

逆に言えばいいことでもあると思います。

お酒を飲んでも飲んでも酔えない人もいるわけですから。

すぐ酔うことができるというのはお金もかかりませんし

時間も短縮できます。

急性アルコール中毒の原因

だいたいの方は「お酒を飲みすぎだからでしょ?」と

答えるかと思います。はずれではありませんが、正確には違います。

短い時間で大量にお酒を飲む」からです。

ゆっくりと飲んでいれば急性アルコール中毒にはなりません

人によって耐性が違うと話しましたが、

「人がアルコールを分解吸収するのに30分から1時間かかります」

その30分~1時間の間に大量にお酒を飲んでしまうと

最初は全然酔ってないと勘違いして大量に飲めますが、

分解吸収が始まると

その大量のアルコールが一気に血液に流れて回りだし、

中毒症状を引き起こすんです。

一気飲みは怖い

まさに一気飲み急性アルコール中毒への架け橋と言いましょうか。

特に若者や会社での歓迎会などで「一気飲みは恒例行事だから」

みたいな雰囲気で新人さんなどに飲ませたりありますが、

その新人さんにアルコール耐性が無い場合、

そのまま酔いつぶれて眠ってしまうかのような状態になり、

みんなが帰る時に起こそうとすると冷たくなって死んでいた

なんてこともあったようです。

こんなことが起これば、幹事さんや学校であれば先生、

会社であれば部署の部長や社長など対応に追われてしまいます。

何よりも信じてそこに子供を預けたご両親の無念さときたら

想像を絶すると思います。

対処法はないの??

まずはやはり「意識付け」だと思います。

倒れたからどうこうする以前に飲む前に注意事項として話すこと

大事なのではないかと。幹事さんがそんなかたっくるしい話でもなく

・急性アルコール中毒の怖さを話す

一気飲みはしない

無理にお酒をすすめない

ゆっくりと楽しく飲みましょう

これをするだけで絶対事故は減ると思います。

もしも、万が一疑わしい症状になった場合

・吐いている

・まともに歩けない

寒気や悪寒

・寝たまま起きない

このような場合は急性アルコール中毒を疑ってもいいと思います。

特に寒気や悪寒を感じたり、寝たまま起きないなどは要注意です。

治す方法は特にありません。本人が時間をかけてアルコールが

抜けるのを待つしかありません。大抵の場合、吐いているので

脱水症状を引き起こす前にお水を飲ませてあげて下さい

仰向けに寝ているノドを詰まらせて死んでいるなんてことも

あります。寝かせるならば横に寝かせましょう。これ大事です。

若いのに突然大きないびきをかき始めたり、口から泡を吐き出したら

すぐに救急車を呼んで下さい。危険な状態です。

まとめ

飲み会お誘いの断り方やコツは?職場で悪印象を与えずに参加を見合わせるには?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 職場や...
付き合いでお酒飲みすぎて二日酔い!頭痛い!すぐに効く頭痛の治し方は?身近なものが有効?
お花見の最低限のマナーや注意点とは?飲み会での体調悪化対処法とは?
今日もお疲れ様です!自営viloggerのKAZUTONです。 ...

いかがでしたでしょうか。

特に4月に起きやすい急性アルコール中毒

楽しかったはずの歓迎会が大惨事にもなりかねません

学校や会社では一年の始まりでもあり、いきなりつまずくことに。

何よりも悲しみにつつまれるようなことがあってはならないし

それが起きないよう努めなければならないと思います。

取引先との信用問題にもなりかねませんので。ご注意を。

歓送迎会で急性アルコール中毒が起きやすい

・歓送迎会はハメをはずしやすい

・症状を起こしやすいのは20代前半

起こさない努力をする

・起きてしまった場合はあわてず対処し最悪の場合は迷わず救急車を呼ぶこと。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする